副業で月30万円は可能!?Webライター業以外で副業を選ぶ3つのコツ

副業で月30万円は可能!?Webライター業以外で副業を選ぶ3つのコツ
LinkedIn にシェア
Pocket

あなたは副業でいくら稼ぎたいと考えていますか?

 

「多ければ多いほど」というのが、正直な気持ちだと思います。

 

 

 

私が副業をスタートした時は「月に30万円稼ぐ」という目標を設定しました。

 

理由はいくつかあるのですが、最大の理由は「会社がくなっても生活できる力を持つ」ためです。

 

実は、私が1つ前の会社を辞めた理由は「会社からの整理解雇」でした。

 

自慢ではありませんが、結構な高給取りだった私。

 

ですが、会社の業績悪化が原因で、私を含む社員は全員解雇されました。

 

この時私は、子供が生まれる1ヶ月前というタイミングでした。

 

 

 

そのような経験から、再就職した現在も自分で稼ぐ能力を身につけるために、最低でも月30万円は稼ぎたいと思い、副業に取り組み、約3年で月に30万円稼げるようになりました。

 

3年間、失敗と改善を繰り返した経験から、どのようにして月に30万円を副業で稼げるようになったのか、ご紹介します。

 

 

副業で月30万円を稼ぐには戦略を持つことが大切

 

副業で月30万円を稼ごうと思ったら、がむしゃらに仕事をするだけでは到達できません。

 

ある程度の戦略を持たなければ、「月10万円」の壁を越えることは、なかなか難しいというのが、私の実感です。

 

 

 

現在私は、副業として2つのビジネスを展開しています。

 

1つはWebライター。

 

Webライターは、知識や経験がなくても、月5万円だったらわりと簡単に稼げます。

 

5万円稼ぐことができれば、月に10万円稼げるようになるのも、時間の問題です。

 

 

 

しかし、それ以上稼ぐのはかなり難しい。

 

月に20万円稼ごうと思ったら、本業以外の全ての時間を犠牲にして副業に取り組み、休みなく働いてようやくたどり着く感じです。

 

月に30万円を稼ごうと思ったら、それこそ体を壊すレベルで働くか、相当なスキルを身につける必要があります。

 

才能も必要になるでしょう。

 

 

 

もちろん、Webライターで稼いでいる人はいるでしょうが、文字単価を10円〜15円までに高めるために、クライアントに成果が出るライティングをしなければなりません。

 

ただ、私の実感としてあったのが、「外注ライター用の予算を多く確保している企業が少ない」ということ。

 

多く確保している場合は、単純に質より量を意識されている企業が多いので、どうしても働き方として労働集約型にならざるを得ませんでした。

 

 

 

子供がいて、妻と共働き、さらに本業のある私のような人間が、このような方法で月に30万円を稼ぐことは難しい部分がありました。

 

仮に達成できたとしても、稼ぎ続けることは無理だったでしょう。

 

そこで、2つ目の副業としてスタートしたのが、「コンサルタント」です。

 

 

 

 

コンサルタントを副業に選んだ3つの理由

 

コンサルタントを選んだ理由には、3つの理由があります。

 

1.本業で活用するスキルを使うことができる

2.高単価で契約ができるのでクライアント数を少なくできる

3.一定の契約期間を設けることができるので稼ぎ続けやすい

 

それぞれ説明します。

 

 

 

 

1.本業で活用するスキルを使うことができる

 

私は本業でマーケティングを担当しています。

 

マーケティングとは簡単に言えば「営業労力をどれだけ減らすことができるか」を考える仕事です。

 

私の場合、これらのスキルを使い、「店舗型ビジネスの集客コンサルタント」を名乗り、集客のお手伝いをしています。

 

新しい知識やスキルを必要とするのではなく、よりスキルを高め本業に還元するために、副業で実践機会を増やしているというイメージです。

 

 

 

 

2.高単価で契約ができるのでクライアント数を少なくできる

 

コンサルティング契約は、相場を見ると高額です。

 

月10万円とか、単発で50万円というのは、トップコンサルタントになると当たり前の世界。

 

私のコンサルティング価格も、安いもので15万円に設定しています。

 

理由は「その方が売るのが簡単だから」というただそれだけです。

 

 

 

「15万円売るのって大変でしょ!」と思うかもしれませんが、少ない人数で目標の売上を達成できた方が、フォローなどを考えると簡単です。

 

たとえば、1万円の商品で月に30万円稼ごうと思ったら、毎月30人に売らなければなりません。

 

セールスの成約率を仮に30%だとした場合、月に100人の人と会わなければならない計算になってしまいます。

 

副業で月に100人に会うのって、すごく大変ですよね。

 

 

 

一方、15万円の商品ならば、月に2人契約してもらえば売上30万円を確保できます。

 

成約率を仮に10%とした場合、20人に会えばいいのです。

 

20人ならば、平日なら1日1人、休日だけでも1日3人くらいに会えるようにすればいいので、なんとなく実現できそうな感じがしますよね。

 

本業ならばたくさんの人に会うことは可能ですが、副業の場合は、なるべく少ない人数で完結することを考えなければなりません。

 

 

 

 

3.一定の契約期間を設けることができるので稼ぎ続けやすい

 

コンサルティング契約というのは、3ヶ月とか半年単位で契約を結ぶことが一般的です。

 

私の場合、集客コンサルタントなので、最低3ヶ月間の契約を基本としています。

 

というのも、集客というのは簡単なものではありません。

 

3ヶ月間、みっちりと集客に取り組むことで、ようやく集客の基礎がなんとなくわかってくるのです。

 

その間、私も実感として客数が増える、売上がアップするという結果を出さなければならないのでプレッシャーはありますが、結果が出ると継続して契約してくれます。

 

 

 

また、私も経営者のレベルに合わせて新しいコンサルティングサービスを提供することができるようになります。

 

すると、1人のお客さんと、半永久的にお付き合いをし、パートナーとして進むことができるようになるのです。

 

このような理由から、私は2つ目の副業、収益の柱としてコンサルタントを選びました。

副業で月30万円は可能!?Webライター業以外で副業を選ぶ3つのコツ-1_r

 

 

副業で月30万円稼ぐための副業を選ぶ3つのコツ

 

私はコンサルタントを選びましたが、他にも月30万円稼ぐことができる副業はあるでしょう。

 

副業で月に30万円を稼ぎ続けるためには、次の3つの考え方がポイントなります。

 

1.お客さんを絞る

2.1対多数で営業できる方法を考える

3.継続課金型の商材を展開する

 

それぞれ解説しましょう。

 

 

 

 

①お客さんを絞る

 

「誰に・何を売るのか」まずはこれを徹底的に考えます。

 

私ならば「店舗経営者に集客方法を売る」という感じですね。

 

もともと、地元の小さなお店に対して集客ツールを販売していた経験があり、どのお店も集客に困っていることを知っていたので、このターゲットにしました。

 

これをしっかりと絞らないと、副業として「稼ぎたい」という気持ちばかりが大きくなってしまい、なかなかお客さんを獲得することができません。

 

 

 

考え方は2通りあると私は考えています。

 

1.稼ぎたい金額から逆算する

2.得意なことから考える

 

私は1の方法でした。

 

大前提として「月に30万円を副業で稼ぐ」という目標があり、そこから逆算してお客さんを絞りました。

 

私が得意なマーケティングを生かすことで恩恵を受けられる人、そして月に15万円を支払えることができる人をイメージしたところ、現在のターゲットが浮かび上がっています。

 

 

 

一方、2の方法は「あなたが得意なこと」をお金に変えるという考え方です。

 

多くの起業家さんは、こちらの方法をおすすめしています。

 

どちらの方法でも構いませんが、大前提として「月30万円を副業で稼ぐ」という目標があることを忘れないでください。

 

たとえば、得意なことがサッカーだから、月謝5,000円でサッカースクールを開くとすると、月30万円まで到達するのに、時間がかかってしまいますよね。

 

 

 

 

②1対多数で営業できる方法を考える

 

副業である以上、1人1人、丁寧に営業活動をしていたら、時間がかかってしまいます。

 

そこで考えて欲しいのが「1対多数」で営業できる方法です。

 

私がコンサルタントを選んだ理由がまさにこれでした。

 

というのも、コンサルタントだと「勉強会」とか「セミナー」を開催しやすいというイメージがあったからです。

 

 

 

実際に私が行っている営業方法の多くが、このセミナーや勉強会です。

 

セミナーや勉強会では、「先生と生徒」という関係を構築しやすいので、無理な売り込みの必要がなくなります。

 

お医者さんが処方した薬に対し、患者さんが疑問を抱かないことと似ていますね。

 

そのような意味でも、1対多数で人と会えるセミナーや勉強会はとても効率の良い方法となります。

 

 

 

ただし、多数=少人数はダメというわけではありません。

 

私がセミナーを開催するとき、多くても定員は5名までにしています。

 

理由は、私のセミナースキルでは、5人が精一杯だからです。

 

これ以上の人数になると、受講生全員に対してしっかりとアプローチすることができず、その後の個別面談でも成約率が極端に下がってしまいます。

 

 

 

もちろん、セミナーを繰り返し行うことによって、この人数はどんどん増やすことも可能です。

 

最初のうちは、定員を少なめにしておき、1人でも来てくれたらラッキー。

 

これくらいの感覚で場を設けるのがポイントです。

 

 

 

 

③継続課金型の商材を展開する

 

先述したように、コンサルティング契約というのは、労働集約型ですが継続課金型のサービスとなります。

 

私は、最低3ヶ月間のコンサルティング契約を提供しているので、クライアント1社につき、最低3ヶ月間は15万円が売上として見込めるわけです。

 

2ヶ月が終わった段階で、継続するかどうかを判断していただくようにしているので、仮に「継続しない」となれば、3ヶ月目のコンサルティングをしている間に、翌月からスタートするコンサルティング契約を結びます。

 

 

 

このようなサイクルが1度できてしまえば、毎月コンスタントに月30万円を稼ぎ続けることができるようになります。

 

3つの考え方を踏まえて、副業を選ぶことがとても大切なポイントです。

 

このポイントを外してしまうと、副業で月30万円を継続して稼ぐことは、なかなか難しいでしょう。

 

 

 

 

まとめ

 

副業で月に30万円を稼ぐために必要な考え方をご紹介しました。

 

1.お客さんを絞る

2.1対多数で営業できる方法を考える

3.継続課金型の商材を展開する

 

この3つの考え方を踏まえた上で、副業を選ぶことが大切です。

 

 

 

私も最初は、がむしゃらに働けば、月に30万円くらい稼げると思っていました。

 

しかし、どんなに早起きして仕事をし、夜遅くまで作業をしても、月30万円の壁を越えるには、3年かかってしまいました。

 

 

 

そこで、今回ご紹介した3つの考え方を踏まえて、別の副業をスタートしたところ、コンスタントに副業で月30万円を稼ぐことができるようになりました。

 

副業での売上が伸びないそこのあなた、3つの考え方を踏まえてビジネスを設計してみましょう。

 

 




フリーコンサル案件(戦略/PMO/SAP等)の紹介なら「コンサルポータル

営業・マーケティング・採用・エンジニアの副業紹介なら「副業ポータル

お仕事場所をお探しならコワーキングスペース「Basis Point」へ!!新橋・五反田・神保町・池袋・上野・横浜に多店舗展開中!

未経験から高級人材に!仕事をしながら学べるのは「Basis Point Academy
ライター
トヨナガアキヒロ
店舗集客コンサルタント。副業としてビジネスをスタートし、独立した経験を持つ。Webライター・セールスライターとしても活動中。
LinkedIn にシェア
Pocket