フリーランスのモデルを目指そう!縛られず自由に自分らしく働こう!

フリーランスのモデルを目指そう!縛られず自由に自分らしく働こう!
Share on LinkedIn
Pocket

モデルになる方法というと、ファッション誌を出版している雑誌社やモデル事務所に属する専属モデルが思い浮かぶところですが、近頃では事務所に属さずフリーランスという自由度の高いスタイルでモデルをする方が増えてきています。

 

フリーランスでモデルを始めるには、どんなことから始め、どう活動していけばいいのでしょうか。

 

また、フリーランスのモデルが営業を行う際に、どうしても避けられないスケジュール管理。慣れないうちは失敗してしまうこともありますが、失敗の大きさ次第ではモデルとしての仕事を失ってしまうことにもなりかねません。

 

どうすれば失敗なくスケジュール管理ができるのか。営業で仕事を取るところからスケジューリングまで、フリーランスのモデルが押さえておくべきポイントもご紹介します。

 

 

フリーランスのモデルになるには

 

事務所に所属するモデルの場合であれば、事務所が主催するオーディションやスカウトといった方法があります。

 

一方で、フリーランスのモデルになるには、事務所に所属しない分、自分でその道を切り拓いて行く必要があります。

 

 

 

 

読者モデルになる

 

一般的に知られている方法のうち一番ポピュラーな方法として、ファッション誌やインターネットのWEBマガジンサイトで募集されているモデルへ応募するという方法があります。

 

この場合、活動は採用されてからになるため、まずはその関門を突破する必要があります。その代わり、読者モデルとしての経験は大きな実績となるでしょう。

 

雑誌やWEBサイトでの募集は、多くの人がチェックしていることもあり、採用枠が狭いため、一つに絞るのではなく、以下に紹介する方法と並行して応募をするといいでしょう。

 

 

 

 

スチールモデルになる

 

最近では、写真素材を投稿しているカメラマンが企業や個人単位でモデルを募集していることもあります。

 

雑誌モデルをするよりも採用率が高く、テーマごとに求められる要素を満たせられれば、ビジネスパートナーとして長期的な取引ができるようになります。

 

カメラマン同士はお互いにモデルを必要としていることもあるため、活動範囲が広がりやすいというメリットがあります。

 

ほかには、イベントで写真撮影に参加して、それをきっかけとしてスタッフと知り合いになれば、その後雑誌等の企画の際に優先的に声をかけてもらえることもあります。

 

 

 

 

サロンモデルになる

 

美容院でサロンモデルを募集することがあります。その多くは、たいてい常連客やテーマに合った顧客に優先的に声をかけ、モデルをしてもらいます。

 

予め担当美容師に「モデルをしてみたい」と伝えておくと、優先的に声をかけてくれるだけでなく、美容師仲間の間で「モデルをしたい人がいる」と仲介してもらえ、その流れでファッション関連のモデルへと活動の幅を広げられるメリットがあります。

 

美容師の伝手からメイクアップアーティストなどと繋がり、プロのモデル業界への足掛かりができる可能性も高いでしょう。

 

 

 

 

養成スクールや専門学校からモデルになる

 

タレント養成スクールや専門学校のなかには、モデルコースを併設しているところがあります。

 

スクールや学校では、モデルとしての基本的な動作やメイク方法、モデルとして必要な知識を得られるだけでなく、オーディション情報を得やすいというメリットもあります。しかし、スクールや学校を卒業すればエスカレーター式にモデルになれるわけではありません。

 

卒業前から人脈づくりをしたり、イベントや企画に参加するなど、積極的な行動を日々積み重ねておくことが大切です。

フリーランスのモデルを目指そう!縛られず自由に自分らしく働こう!-2_r

 

 

フリーランスのモデルのメリットとデメリット

 

フリーランスのモデルには、2つのタイプがあります。

 

・自分で直接モデルの仕事をとるための営業をしている人
・いくつかの事務所にモデル登録をしておき、仕事がきたときに自分で調整を行う人

 

どちらにしてもフリーランスのモデルのメリットは、自分のスケジュールに合わせて仕事ができることです。仕事がない場合には、自分で積極的に仕事を探すことができますし、いくつかの事務所に登録していれば、自分に合う仕事があったときに声がかかりやすいのもメリットの一つでしょう。

 

デメリットとしては、全てのスケジュール管理を自分自身でしなくてはならないことが挙げられるでしょう。自分で営業をする人であれば、モデル業と並行して仕事を得るための営業も欠かせません。この他、収入や経費管理も自分でしていかなくてはならないので、税金など法律の知識も必要です。

 

 

 

 

フリーランスのモデルが仕事を得るには

 

フリーランスのモデルが仕事を獲得する方法として一般的なのは、今ある人脈から仕事を紹介してもらうことです。行きつけの美容室、よく利用するアパレルショップ、知り合いの伝手といった人間関係が仕事に繋がっていきます。

 

この他には、WEBサイトや雑誌、イベント企画への応募があります。

 

フリーランスのモデルは、自分で自分を売り込むことが基本的な活動方針となりますから、インターネットやSNSの活用は必須と言えるでしょう。InstagramなどのSNS、自分のブログサイトなどを持っていると既存の関係者だけでなく、広くアピールできるので、それがきっかけで仕事に繋がるパターンも多いのです。

 

まだ開設していないのであれば、仕事を始める際にアピール材料とできるよう早い段階から始めておくといいでしょう。

 

ただし、アカウントやサイトを開設し、そのままにしているだけでは偶発的なアクセスしか見込めません。名刺をつくったら是非ともURLを貼っておきましょう。偶然出会った関係者にその場で自分を売り込むことが難しいこともありますが、名刺にURLを貼っておけば後からでも自分を知ってもらうことができます。

 

名刺については

フリーランスは名刺にこだわろう!

を参考にしてください。

 

 

 

 

フリーランスのモデルが気をつけるべきこと

 

自分の身は自分で守る

 

フリーランスのモデルは、仕事を自分で得られる反面、面識がない人と仕事をする機会が多いのも事実です。専属モデルなどは、仕事相手について事務所側がチェックをしてくれますが、フリーランスの場合はそうした危機管理も全て自分でしていく必要があります

 

最近ではインターネットを介したモデル募集も多く、多様性のある仕事が多い一方で、安全性に疑問を感じる仕事もあります。

 

面識のない相手との仕事の場合は、次のことに留意しておきましょう。

 

・仕事を受ける際、相手の実績を確認する
・信頼できる第三者に、撮影日時と場所を伝えておく
・密室や人気のない場所での撮影は、極力避ける
・撮影時、1対1では行わずに信頼できる第三者を連れて行く
・撮影場所に現地集合とし、相手の車に乗らない
・撮影途中に場所移動がある場合、タクシーや公共交通機関を利用して自分で移動
・帰りも現地解散とし、自宅や近隣まで送ってもらわない

 

不安を感じていては、モデルとして輝くことができません。しかし、危機管理を万全にしておかないと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともありますから、隙を見せないようにしましょう。

フリーランスのモデルを目指そう!縛られず自由に自分らしく働こう!-3_r

 

 

営業で仕事をとる際のチェックポイント5つ

 

フリーランスのモデルは、仕事を持ってきてくれるマネージャーなどがいないため、営業で仕事を獲得した際には、自分自身で業務に関するあらゆる情報を確認しなくてはなりません。

 

仕事概要や報酬だけでなく、次のことについても具体的に確認しておく必要があります。

 

 

 

 

(1)撮影場所がどこか

 

具体的な所在地を確認しておくと、同日に仕事を何件も入れることになった際、移動時間の短縮を考えたスケジューリングがしやすくなります。

 

ただ、なかには撮影の企画はあるけれど、まだロケ地が決定していない場合もあります。このときは、ピックアップされている予定地を聞き、次の仕事への影響が出ないよう、多めに時間を押さえるようにします。

 

 

 

 

(2)撮影にかかる時間

 

撮影よっては非常に時間がかかるものや短時間で済んでしまうものなど、いろいろなパターンがあります。

 

一日にいくつも仕事を入れる場合、撮影にかかるおおよその時間がわかっていれば、余裕を持ったスケジュールを押さえておくことが可能になります。そうすることによって、仮に撮影時間が押してしまっても、次の仕事への影響を最小限に抑えられるというメリットがあります。

 

 

 

 

(3)どういった種類・テーマの撮影なのか

 

撮影には、ポートレート、サロン、カタログ、アパレルなどさまざまな種類があります。それぞれの企画にはテーマがあり、そのテーマに合わせたヘアスタイル、メイク、ファッション、ポーズがあります。

 

フリーランスのモデルのヘアメイクは、自分自身で行うことが基本になります。そのため、求められるイメージに合わせたヘアメイクを自分ですることになります。予め具体的なテーマを確認しておくと、どんな準備が必要か把握しやすくなります。

 

 

 

 

(4)どんな雰囲気が求められているのか

 

上述した内容にも通じることですが、それぞれの企画によってモデルに求められるものが異なります。同じアパレルの仕事であっても、そのアパレルのテイストに合わせた雰囲気をつくる必要があります。

 

たとえば、アパレルブランドによってそのファッションのイメージが異なるように、モデルはそのアパレルが持っているイメージの代弁者として、自分のイメージを商品イメージに合わせることが求められます。

 

そのためには、ヘアメイクだけでなくポージングなど、商品の魅力を伝えるための工夫が必要です。これまで経験がないものであれば、なおさら研究時間が必要でしょう。

 

予め確認しておくことによって、自分が何を準備しておくべきかがわかります。

 

 

 

 

(5)自分で用意するべき物品は何か

 

担当のメイクアップアーティストがいるわけではないので、メイク道具の持参は必須です。撮影の企画にもよりますが、フリーランスのモデルは衣装や小物の用意を自分自身ですることも少なくありません。

 

そのため、撮影イメージに合わせた衣装や小物のうち、何を自分で用意する必要があるのか、その数量まできっちりと確認しておく必要があります。ここで紹介した内容を疎かにすると、いざ撮影現場に行ったときにイメージが合わず、最悪撮影ができない事態になることもあります。

 

フリーランスのモデルが仕事を受ける際には、カメラマンや企画担当者といった関係者と撮影イメージが共有できる状態まで確認しておくことが、今後の営業活動を左右するといっても過言ではありません。

 

 

 

 

スケジュール管理で失敗しないための3つのポイント

 

クライアントが増えてくると、一日に複数の仕事が入ることはよくあることです。そうしたときに気をつけておきたいことは、仕事のスケジュールをどう押えていくか、ということです。

 

 

 

 

(1)移動時間を考慮した余裕あるスケジューリングを

 

一日に何件もの仕事が入っている場合、その仕事の合間には当然、移動時間というものがあります。移動にかかる時間は余裕を持って設定しておかないと、撮影で時間が押してしまったときに、次の撮影開始に間に合わないといった事態が起こり得ます。

 

移動時間を考えるときは、公共機関が何らかの理由で運行休止してしまうことも考慮し、2パターン以上の経路から移動時間を見積もっておくと、ハプニングに見舞わられても慌てずに済みます。

 

また、次の日に始発で移動が必要な仕事が入っているにもかかわらず、前日の仕事が深夜までかかることがあると、帰宅してからの短い時間で翌日の用意から睡眠まで済ませなくてはなりません。

 

効率的に報酬を得るには、余白のないスケジュールをつくることも大切ですが、それ以上に大切なのは余裕のあるスケジュールを立てることです。ここを混同していると、常に追われる仕事をする羽目になり、精神的な余裕すら失いかねません。

 

 

 

 

(2)スケジュールは相手主体で押さえず、自己主張もすること

 

駆け出しのころはフリーランスということもあり、つい相手のスケジュールに合わせた仕事をしがちです。これは相手にとって都合が良いため、使い勝手のいいことから仕事を振ってもらいやすいというメリットがあります。その反面、相手主体でのスケジューリングとなりやすく、モデル側からすると他の仕事とのバランスを取るのが難しくなるというデメリットがあります。

 

スケジュールに余裕があるとき以外は、ある程度モデル側から主張することも大切です。

 

 

 

 

(3)仮予定と確定スケジュールの管理ルールを決めておく

 

いつ・どこで・どんなタイミングで、仕事が入るかわかりません。また、仕事が増えてくるとスケジュール帳には、仮予定や確定した予定などが混在していくことは避けられないものです。

 

そんなとき、スケジュール管理に一定のルールを設けていないと、同じ日の同じ時間に別件の仕事を重ねて入れてしまう、いわゆるWブッキングを起こしたり、仕事があるのを見逃して仕事に穴を開けてしまうなどの事態になりかねません。

 

仮予定は、今後予定が変わる可能性があるものと認識し、予備日の確認もしておきましょう。万が一日程が変わっても、予めその日程でスケジュールを押えておくことによって、他の仕事が入ってキャンセルするということもなくなるはずです。

 

また、確定している仕事と仮予定の仕事が一目でわかるようにしておくと、尋ねられてもすぐに回答ができるので、仕事獲得のチャンスを掴みやすくなります。

 

この他、フリーランスのモデルは、仕事の依頼をメールやSNSで受けることが多いので、受信内容とスケジュールを連動させるなど、できるだけ情報を一元化するようにしましょう。

フリーランスのモデルを目指そう!縛られず自由に自分らしく働こう!-4_r

 

 

フリーランスのモデルで成功するためには

 

有名なプロモデルになるには、どれだけ名前の残る仕事をたくさんしてきたかということだけでなく、運を掴むための不断の努力が必要です。

 

運と言うと、多くの人は降りかかる幸運のように考えているかもしれませんが、運とは人によって運ばれてくるもの。出会った人との縁を大切に、誠実に仕事をしていくことがチャンスに繋がります。

 

一つ一つの仕事も、人との繋がりがもたらしてくれるもの。今ある人脈を大切にしつつ、SNSやインターネットを活用して活動の幅を広げていきましょう。

 

 

 

 

最後に

 

「モデルをしたい!」そう考えているなら、まずはフリーランスモデルとして一歩踏み出してみてはどうでしょうか。

 

自分というスタイルを貫き通し、自分に合うもの・合わないものを取捨選択できるのも、フリーランスのモデルの醍醐味の一つ。ですが、駆け出しのころはできるだけ、さまざまな種類やテイストの仕事を受けてみると、これまで気づかなかった自分の新たな境地を発見する機会にもなります。

 

そんなチャンスを得るためには、日ごろからのスケジュール管理は欠かせません。その情報の原点は、関係者とどこまで濃密な情報共有ができているかというところにあります。チャンスを逃さないためにも、ぜひここでご紹介した方法を参考にしてみてください。

 

 

Share on LinkedIn
Pocket