フリーランスがビジネスチャンスを広げるために名刺に載せたい内容

フリーランスがビジネスチャンスを広げるために名刺に載せたい内容
LinkedIn にシェア
Pocket

フリーランスとして活躍されている方や、これから活躍していこうと思っている方にとって、名刺は大事な営業ツールです。名刺を積極的に活用して、どんどんビジネスチャンスを広げていきたいですね。

 

今回は、ビジネスチャンスを広げるためには、どのような内容の名刺を作成すればよいかについて説明していきます。

 

 

名刺を作成するときに守りたい基本的なポイント

 

名刺を作成するときには、名刺を渡した相手があとから名刺を見たときに、自分のことを思いだしてもらえるような名刺作成を心がけたいものです。しかし、どんなに印象的な名刺であっても、名刺に記載されているはずの基本的な内容が記載されていなければ、名刺を見た相手に悪印象や誤解を与えてしまうこともあります。

 

まずは、名刺を作成するときに守りたい基本的なポイントをチェックしてみましょう。

 

名刺に記載しておきたい最低限の項目は、名前連絡先、屋号や肩書きがあれば屋号肩書きホームページアドレス、FacebookやTwitterなどのSNSのアドレスです。

 

フリーランスとして活躍するための営業に使うものなので、連絡先は必ず連絡がとれる連絡先を記載しておくようにしましょう。メールアドレスに普段使っていないアドレスを記載すると、メールが来ていることに気がつかずにビジネスチャンスを逃してしまった、ということにもなりかねません。

 

基本的な内容の記載についてのそのほかの注意事項は、
フリーランスは名刺にこだわろう!
に詳しい掲載がありますので参考にしてください。

 

 

 

 

ビジネスに活用できる名刺として望ましい名刺とは?

 

名刺をビジネスチャンスを広げるツールとするためには、基本的なポイントを守って連絡先を記載するだけでは、ちょっと名刺として物足りません。積極的に名刺を活用していくためには、自分がどのような仕事をしているのかを名刺を見ればわかるようにしておく必要があります。

 

名刺という小さな紙面に記載できる内容には限りがありますが、その中で的確に自分の仕事について相手に伝え、仕事に対する意気込みも感じとってもらえる好印象な名刺であることが望ましいといえます。

 

 

 

 

ビジネスチャンスを広げるフリーランスの肩書き

 

資格を肩書きに使う場合

 

弁護士、税理士、社会保険労務士、行政書士、などの士業といわれる資格であれば、資格を肩書きにすることができます。仕事の内容と肩書きが一致していてわかりやすく、資格に基づいて仕事をしていることもわかります。信頼性にもつながりますので、名刺にはぜひ入れたい肩書きです。そのほかの資格としては、インテリアコーディネーター、ネイリスト、トリマーなども、仕事をあらわす資格として、肩書にいれるとわかりやすいといえます。

 

ビジネスチャンスを大きく広げるためには、肩書の中に、仕事の中でも自分が得意として積極的に引き受けたい仕事の内容を盛りこむのも1つの方法です。たとえば、
「税理士・起業コンサルタント」
「リピータが続出するお店のインテリア・インテリアコーディネーター」
など、肩書きにセールスポイントを付記する方法で、自分が今後活躍していきたい分野をアピールすることができます。

 

ここで気をつけたいのが、その資格に関する法律、職業団体、認定機関の規約です。肩書きを名乗るときの決まり事がある資格もあるので、自分の資格を名乗るときに気をつけるべき点があるかどうかチェックしておきましょう。国家資格については、資格を持っていない人が資格を持っているかのように誤解を与える記載をすると、法律で罰せられる可能性もあるので注意してください。

 

 

 

 

フリーランスの職業を肩書きにする

 

資格を持っていない場合や、資格を持っていても何の職業かわかりづらい名称の資格の場合には、職業自体を肩書きとして記載することもできます。

 

たとえば、情報技術者試験を合格した人がシステムエンジニアをしている場合には、「システムエンジニア」という肩書きを記載しておくほうがわかりやすいですよね。「ライター」、「イラストレーター」、「Webデザイナー」、「コンサルタント」などの職業は、肩書としていれると何の仕事をしているかわかりやすい職種です。「ブロガー」「YouTuber」「プロゲーマー」なども自分が何をしているのかをあらわす肩書きとして使えますよ。

 

職業を肩書きにする場合にも、自分の活躍していきたい分野を付記する方法が効果的です。特に資格を取る必要がない職業の場合は、ライバルもたくさんいます。名刺作成でライバルと差をつけるためのプラスαの肩書きを考えて記載しておくのも良い方法といえます。たとえば、
「恋愛専門ライター」
「士業専門Webデザイナー」
というように、職業に自分の得意分野をプラスします。

フリーランスがビジネスチャンスを広げるために名刺に載せたい内容-1_r

 

 

フリーランスとして使うことのできる役職

 

会社であれば役職を名刺に記載できますが、フリーランスの場合は役職をどのように記載したらよいのでしょうか。

 

1人で仕事をしている場合には、職業を記載するのみで特に役職を記載する必要はありませんが、自分の立場をアピールするために「代表者」という言葉を役職として使うのも良いでしょう。

 

何人かのスタッフを雇っている場合や屋号がある場合には、「代表者」という言葉をいれたほうが、責任者が誰かということがわかりやすいともいえます。飲食店などで店舗がある場合には「店長」という言葉を使うこともできます。

 

 

 

 

フリーランスが名刺に仕事内容を記載するときの工夫

 

簡潔な単語や文章で記載する方法

 

フリーランスが名刺で自分の仕事内容をPRしようと思ったとき、肩書きのほかに簡潔な単語や文章で記載する、という方法があります。

 

名刺のような小さな紙面に記載するので、たくさんの情報を記載しようと思うと字が小さくなってしまい、名刺を見た相手の目にとまらない可能性があります。肩書きと同じくらいの文字量で仕事内容を記載できるように工夫する必要があります。キャッチコピーの形で仕事内容を記載するのも効果的です。

 

 

 

 

名刺の裏面に記載する方法

 

名刺の表面には、名前や連絡先などの記載すべき情報が多いので、自分の仕事内容についてたくさんの情報を記載したい場合には、名刺の裏面を使うという方法もあります。名刺の裏面を使えば、仕事内容をいくつか箇条書きにして記載することもできます。

 

ただし、名刺の裏面は、当然ながら名刺を裏返してもらえなければ見てもらえませんので、裏面に記載するとしても、表面にも肩書きなどを利用して、どのような仕事をしているのかがわかるようにしてあるほうが良いでしょう。

 

名刺を活用して活躍されているフリーランスの方の中には、裏面に趣味を記載している方もいらっしゃいます。交流会などで同じ趣味の人がいれば話が発展しやすいのだそうです。フリーランスだからこそできる名刺の活用方法といえますね。

 

 

 

 

最後に

 

Web中心の活動をしているフリーランスの方も多く、名刺を使う機会などないと思われている方もいるかもしれません。しかし、名刺があれば知人に会うときや初対面の人と会う機会などのちょっとしたときにも、自分の連絡先情報を渡すことができます。

 

名刺を渡すときに自己紹介として使うこともできるばかりか、仕事を紹介してくれるというチャンスが訪れるかもしれません。

 

まだ名刺を作っていない方や、作ってはみたけど営業ツールになっていないと思っている方は、今回ご紹介した内容を参考に、ビジネスチャンスを広げられるような素敵な名刺の作成を検討してみてくださいね。

 

 

LinkedIn にシェア
Pocket




フリーコンサル案件(戦略/PMO/SAP等)の紹介なら「コンサルポータル」

お仕事場所をお探しならコワーキングスペース「Basis Point」へ!!新橋・五反田・神保町・池袋に多店舗展開中!