フリーランスのギャラ交渉方法って?

2016/07/15

フリーランスのギャラ交渉方法って?

フリーランスになってきて、徐々に仕事にも慣れてきた、落ち着いて仕事ができるようになってきたら、気になるのは収入を増やす方法でしょう。

 

これは新たにいろいろなものをするため、また収益アップのためにも大事なものです。

 

収入を増やす方法-1

ギャラ交渉のためには、ひとつは「作業量を増やすことで単価を上げ、存在感を増す」方法があります。

 

例えばいつも一定のものを納品するという形式の場合、作業量を増やすことで単価を上げるというのが交渉材料の一つになることがあります。

 

イラストレーションをもう10枚プラスして納品できるので、その分単価をアップして欲しいということです。

 

これは相手がいい取引先を見つけられない時などに有効です。作業量を増やしてもだいたい作業時間が同じなのなら、ぜひ取り入れたい方法でしょう。なるべく多くのところで行いたいところです。

 

収入を増やす方法-2

次に「よその会社からは、このくらいで請けている」というやり方です。

 

この場合は他社と実際に契約してそこで作業をし、そのくらいの費用をこれまでの会社にもギャラ交渉で出してみるというものです。

 

フリーランスになったからには他の企業とやり取りすることも多く、その時に他社の給料を出してギャラ交渉するのは悪くありません。

 

もちろんこの場合も、向こうが十分な働き方をしていないと思うのなら遠慮なく切られてしまいます。その一方でよそで仕事をされては困るような場合、交渉によって報酬額が上がることもあります。

 

気をつけたいのはその他社名は出さないことです。

また、取引先や他社の業務内容は伝えないようにします。プライバシーの侵害だけは絶対にしないようにしましょう。

 

ちなみに、中には一定のランク制を取り入れているところもあります。この場合は作業量や作業時間が一定になればランクが上がり、その分時給が上がるというシステムです。

 

とても簡単なシステムですが、これは個人で行っているようなところではなく、だいたい企業から個人フリーランサーを多く抱えるような事業で行われています。

 

この場合、慣れればなれるほど仕事量は多くなり、また給料も上がるため、かなり明確に仕事を上げてもらうと方法になります。

 

収入を増やす方法-3

最後に「この金額にしてもらわなければ、今後は貴社から仕事を請けない」という方法です。

 

こちらはかなり強気に出られるときのみ行います。あるいは単価が明らかに安すぎる場合に行いましょう。

 

こうすることで、無くなってもいい仕事は無くなりますし、うまくいけばギャラをアップすることもできます。