フリーランスとして働きたい!Webデザイナーの仕事内容と独立方法

フリーランスとして働きたい!Webデザイナーの仕事内容と独立方法
LinkedIn にシェア
Pocket

フリーランスとして働く人が多い職業のひとつとして挙げられる、Webデザイナー。地方や海外に住みながらでも、その技術を持っていれば活動することができる職業です。そんなフリーランスのWebデザイナーになる方法や仕事内容などについて考えてみましょう。

 

 

Webデザイナーの仕事内容

 

Webデザイナーの仕事は、クライアントから依頼を受け、Webサイトをデザインすることです。

 

仕事の流れとしては、クライアントにヒアリングをして構成を考えるところから始まり、デザインを考え、コーディングをして実際にWebサイトを作成し、完成させるというのが大きな流れです。場合によっては、その後のメンテナンスなども担当します。

 

会社に所属している場合、コーディングはコーダーと呼ばれるコーディングを専門とする人が担当する場合もあります。会社の規模が小さいと、Webデザイナーがカバーする範囲が広くなり、コーディングやメンテナンスなども受け持つことが多いようです。このように、一口にWebデザイナーと言っても、会社によって担当する仕事内容に幅があるようです。

フリーランスとして働きたい!Webデザイナーの仕事内容と独立方法-1_r

 

 

Webデザイナーに必要な技術・能力

 

コミュニケーション能力

 

さて、Webデザイナーに必要な技術や能力とは何でしょう。Webデザインの仕事の流れに沿って考えていきましょう。

 

まずは、ヒアリングの段階で、クライアントが作りたいと思っているWebサイトを的確に理解しておく必要があります。作った後で、思っていたものと違うと言われてしまっては大変です。相手の思いを汲み取るコミュニケーション能力が必要です。

 

 

 

 

論理的にデザインする力

 

次に、ヒアリングをもとにしてデザインや構成を考えます。デザインに必要な能力というと、感覚的なものというイメージがありますが、実際は論理的に考える能力を求められることが多いようです。

 

例えば、よりユーザーが操作しやすい位置にボタンを設置するなど、見た目だけでなく利便性も考えたデザインが必要となってきます。

 

 

 

 

HTML&CSSの知識

 

そして、デザインが決まったら実際にWebサイトを作成していく段階に入ります。ここでは、サイトを構築していくために必要な、HTMLやCSSなどの知識が必要です。この2つを使いこなせることは、Webデザイナーとして最低限必要なスキルです。

 

 

 

 

Illustrator&Photoshopを使いこなすスキル

 

多くのWebサイトには、イラストや写真が挿入されていますよね。イラストを作成する場合、Illustratorというツールを使うWebデザイナーが多いようです。このツールを使えば、思い描いたイラストを作成することができます。写真加工には、ご存知の人も多いと思いますが、Photoshopというツールがよく使用されます。

 

これらのツールも使いこなせると、Webデザインの仕事がしやすくなるかもしれません。

 

 

 

 

トレンドを取り入れていく姿勢

 

Webの世界は、短い期間にトレンドが入れ替わってしまうような、スピード感あふれる世界でもあります。そのため、トレンドに敏感になり、それを取り入れていく姿勢が必要です。また、どんどん新しい技術も出てきますので、学ぶ意欲が大切です。

フリーランスとして働きたい!Webデザイナーの仕事内容と独立方法-2_r

 

 

Webデザイナーになるには

 

Webデザイナーになるには、どうしたら良いのでしょうか。まずは技術を習得する必要があります。

 

技術の習得方法として、独学で習得するという方法、Webデザインを学べる学校に行くという方法、Webデザインの会社に入ってから学ぶという方法、といった大きく3つのパターンがあるようです。

 

独学で習得する方法は、パソコンを使うことに慣れ親しんでいる人に向いているでしょう。独学の場合、頼ることのできる先生などはいないため、元からある程度Webデザインに必要な知識を有していると勉強がしやすいと思います。

 

学校に通ったりオンラインの授業などを受講したりするという方法は、最も学びやすい方法ではないでしょうか。学校には、わからないことがあっても質問できる先生がいて、学ぶ内容も整理されているはずです。学校でできた人脈が仕事に繋がる可能性もあるでしょう。時間や金銭的な問題がなければ、スクールに通ってみるのも良い選択だと思います。

 

実際に仕事をこなしながら技術を身につけていくという人もいるようです。日本の場合、特に若手に関しては、Webデザイン未経験でもその人のポテンシャルを重視して採用してくれる会社もたくさんあるので、挑戦してみるのも良いでしょう。現場で実践的な技術を身につけていくことができます。

フリーランスとして働きたい!Webデザイナーの仕事内容と独立方法-3_r

 

 

フリーランスのWebデザイナーとして独立するには?

 

フリーランスのWebデザイナーとして独立し、仕事を得るにはどうすれば良いのでしょうか。

 

 

まずはWebデザインの会社に勤め、ある程度経験を積んだら独立したいと考える人も多いようです。この場合、会社で働いていた頃に作った人脈で仕事をもらうという手があります。

 

人脈がなくても、クラウドソーシングサービスを利用して仕事を探し、受注することもできます。Webサイト作成の案件は、比較的高値で受注することが可能ですし、仕事自体も決して少なくありません。

 

今後の需要も見込まれるので、技術を身につけ経験を積んだらフリーランスになるという選択は賢い選択と言えるでしょう。フリーランスのWebデザイナーとして活動する筆者の知人は全員、独立してから収入が増えたと言っています。

 

 

日本で働くWebデザイナーの平均年収は300~400万円ほどと言われています。これは海外のWebデザイナーに比べてかなり低いとされています。

 

海外で生活するためにはさまざまな準備が必要ですし、言語の壁もありますが、Webデザイナーとしての自分の力を試したいという人は、より高い報酬も望める海外に出るという選択もあるかもしれません。

 

 

 

 

まとめ

 

Webデザイナーという仕事は、フリーランスという働き方と相性が良い仕事のようです。さらに、特定の資格が必要というわけではないので、とっつきやすく感じる人もいるかもしれません。

 

また、Webサイトを作ってほしいという需要はこれからも伸び続けることが予想されます。Webデザインに興味があれば、技術だけでも習得しておいて損はないかもしれませんね。

 

 

LinkedIn にシェア
Pocket