フリーランスが資金に困ったときに便利なキャッシングの方法と注意点

フリーランスが資金に困ったときに便利なキャッシングの方法と注意点
LinkedIn にシェア
Pocket

フリーランスで仕事をしていると資金に困ることがあります。資金に困ったときには、お金を借りることを検討することになりますが、そのようなときに便利なものがキャッシングです。事業資金を借りるのであれば日本政策金融公庫や金融機関などを頼ることも検討できますが、急にお金が必要な場合や生活資金に困った場合には難しくなります。そんなときにはキャッシングを検討することになるでしょう。

 

その前にキャッシングとはどのようなものなのか、他の借入方法とキャッシングとどちらを選べばよいのか、フリーランスがキャッシングをするときに気をつけなければならない注意点をまとめましたので、参考にしてください。

 

 

キャッシングとは?

 

キャッシングは、お金を借りて現金を引き出すことです。

 

キャッシングには、クレジットカードを使ったキャッシングと、カードローンを使ったキャッシングがあります。一般的にキャッシングといえば、クレジットカードを使ったキャッシングのことをいいますが、カードローンでのキャッシングもクレジットカードでのキャッシングと同じような感覚で現金を引き出すことができるので、最近ではどちらの場合もキャッシングと呼ぶことが多くなっています。

 

 

 

 

キャッシングの方法

 

クレジットカードでのキャッシング

 

クレジットカードを持っている方は、クレジットカードのキャッシング利用枠があれば、買い物の支払いだけでなく現金を引き出すためにクレジットカードを使うことができます。

 

クレジットカードでキャッシングする場合には、新たに申し込みをしなくてもよいので急に現金が必要なときには、クレジットカードを既に持っている方にとっては手軽で便利な方法です。しかし、クレジットカードでキャッシングができるとあてにしていても、キャッシング利用枠を設定していない、利用枠が買い物の支払いでいっぱいになっている、支払いを滞納している、クレジットカードの有効期限が切れているといった場合には、キャッシングすることができませんので注意してください。

 

クレジットカードでのキャッシングで一番注意しなければならないのは、返済方法と金利です。クレジットカードでのキャッシングは、基本的に一括払いとなります。カード会社によっては分割払いに出来る場合もありますので、分割払いを希望する場合には問い合わせてみるとよいでしょう。また、クレジットカード会社でキャッシングをする場合には、他の借入方法よりも金利が高めです。

 

 

 

 

カードローンでのキャッシング

 

カードローンは、担保なし、保証人なしでお金を借りることができるサービスです。いったんお金を返済しても契約期間内であれば、利用可能限度額の範囲内でまたお金を借りることができ、カードで現金を出しいれしている感覚でお金を借りることができます。

 

カードローンでのキャッシングは、クレジットカードでのキャッシングに比べて金利が低め基本的に分割払いとなっています。そのかわり、カードローンを申し込むときに審査があり、状況によってはお金を借りることができない場合もあります。審査が甘い場合には、その分金利が高く設定されています。

 

カードローンでお金を借りる場合には、金利が低いからといってお金の出し入れを繰り返し、その結果として長期間お金を借りることになってしまうと、金利が積み重なってしまうことになります。カードローンでお金を借りて分割払いにした場合でも、できる範囲で一括返済をするとよいでしょう。

フリーランスが資金に困ったときに便利なキャッシングの方法と注意点-1_r

 

 

フリーランスがキャッシングする場合の注意点

 

他の借入方法がないか検討する

 

フリーランスの仕事をしていると収入が不安定ですので、どうしてもお金が足りずに困る場合があります。キャッシングを利用したお金の借入は手軽で便利ですが、金利が高いのでその後の生活を圧迫してしまいます。

 

まずは親や家族などを頼り、無利子でお金を借りる方法がないかどうかを検討してみましょう。この場合には、親や家族だからといって甘えてしまい、返済が滞るケースが多いのですが、親や家族でも返済期限を決め、必ず返済することが大切です。事業資金であれば、日本政策金融公庫や各自治体の融資制度、民間の金融機関の融資制度も検討してみてください。

 

 

 

 

返済計画をたてる

 

事業資金を日本政策金融公庫などで借りようと思う場合には、どのように返済していくかの返済計画が重要となります。キャッシングでお金を借りると、返済計画をたてずに済むので手軽で便利です。しかし、お金を借りれば必ず返済しなければならないため、無計画にお金を借りると、返済のためにお金を借りるといった繰り返しになってしまい、フリーランスの仕事にも支障がでてきてしまいます。

 

キャッシングでお金を借りる場合にも、必ず自分で返済計画を立て、いつまでにどれだけのお金を返済しなければならないかを考え、そのためにはどれだけの収入が必要か、何を節約すれば返済資金を作ることができるのかをしっかりと考えましょう。できればパソコンや紙面できちんと返済計画表を作り、返済の管理をしていくことがのぞましいです。

 

 

 

 

なるべく早く一括払いで返済する

 

キャッシングで借りたお金を分割払いにする場合、自分の生活のことを考えて無理のない金額を設定する方も多いと思います。無理のない金額を設定することは、その後の自分の生活を守りながら仕事をしていくうえで大切なことです。

 

もし、徐々に貯金が増えて残った借入金を一括返済できる状態になったら、一括返済してしまいましょう。一括返済することで金利を安くすることができます。普段の生活でも、できるだけ早く一括返済することができるように、収入確保や節約の努力をしていくことが大切です。

 

 

 

 

お金を借りる目的をしっかりと考える

 

キャッシングでお金を借りるときには、なぜお金を借りる必要があるのかをまず考えるようにしましょう。事業資金が必要なのであれば、手軽なキャッシングではなく手続きが面倒でも、金利の低い借入先を選択するほうがよいでしょう。取引先への支払いが必要な場合には、取引先に支払いを待ってもらうことを検討してみるのもよいのではないでしょうか。

 

フリーランスの方で売上金額の多い方は、所得税や消費税などの税金の支払いに悩んでいる方も多いと思います。一度にたくさんの税金を支払うことができない場合には、税金の支払いのためにキャッシングをする前にまずは税務署に相談してみてください。税務署と話し合うことで、分割での納付にすることもできます。

 

日々の生活資金に困ってキャッシングをする方は、自分の収入と生活費を見直し、今後はキャッシングをしないで生活をしていくことができるように生活を立て直すようにしましょう。

 

 

 

 

借金が増えて困った場合には

 

たくさんの借金があると返済が大変で、期日までに返済できないと業者からの催促もきます。法律で、借り過ぎ貸し過ぎを防止するために借入金額は年収の3分の1までという規制があり、金利も高くなりすぎないように決まっています。

 

しかし、お金に困っているときというのは、どうしても金利が高くても借りやすい業者から借金をしてしまうことがあります。他の業者からは借りることができない状態でお金を貸してくれる業者は、金利が高い、取立てが厳しいといったケースが多いので注意するようにしましょう。

 

借金が増えすぎたりいろいろな業者からお金を借りて多重債務に陥ってしまい、自分ではどうしていいかわからない場合には、専門家に相談するとよいでしょう。消費生活センター、法テラス、弁護士、地方自治体の相談窓口など、借金に関する相談窓口はたくさんあります。多重債務を整理して返済計画を立てる、自己破産を検討するなどの方法があります。

フリーランスが資金に困ったときに便利なキャッシングの方法と注意点-2_r

 

 

まとめ

 

キャッシングは、手軽に利用できる非常に便利なものです。その反面、安易な考えで利用してしまうと借金が膨れ上がってしまう可能性があります。

 

急にお金が必要になったときは慌てていることも多いと思いますので、キャッシングの利用を検討するときは、深呼吸をして一度落ち着きましょう。借りる金額や返済計画をしっかりと考えた上で利用するのであれば、キャッシングはあなたのピンチを救うものになってくれるでしょう。

 

 

LinkedIn にシェア
Pocket