フリーランスが安定的に仕事を紹介してもらえる様々な方法論について

2016/07/15

フリーランスが安定的に仕事を紹介してもらえる様々な方法論について

フリーランスというのは常に仕事があるわけではありませんから、とにかくどのようなものでも良いので案件を確保しなければなりません。

 

安定して案件を獲得することができるかどうかということが、フリーランスとして生きていくのにもっとも重要なことになりますから非常に重要な事になります。

 

 

 

クライアントからの信用が重要!

仕事を安定的に紹介してもらうための方法ですが、基本的には依頼された案件は必ず納期をしっかりと守って、相手の要求に応えることが重要となります。

 

紹介をしてもらうにしても信用のない人間には良い案件が回ってくるわけがないので、まずは信用を作る所からはじめなければなりません。

 

信用ができれば自然とこの人には安心して任せることができるという話が広まりますから、そこから少しずつ案件が舞い込んでくるようになるものです。

そのため、最初の内はとにかく安い仕事であっても積極的に引き受けて名前を売るということが重要となります。

 

大事なことは安く引き受けるのは最初だけで、あくまで名刺代わりとして働くことが目的であり次も同じような単価で依頼を受けた時には単価のアップを要求する必要があります。

 

いくら継続的に案件をくれると言っても割に合わない単価ですと、将来的に苦労をすることになりますから最初は名前を売るため実績作り、信用づくりのため安く働くのも良いですがそれ以降は積極的に単価を追求していかなければ案件は増えても売上が増えないという事になってしまい意味がなくなってしまうので注意が必要です。

 

 

 

自分の強みを売り込もう!

他のライバルと比較をしてこの部分が優れているという何かを見つけて、それを売り込むというのも安定的に案件をもらうのに効果的です。

 

相手側としても同じお金を出すのであればクオリティの高い所に出したいものですから、セールスポイントがあればそれだけ案件を得やすくなります。そして、依頼をよくくれる相手を見つけた時には更にそこから同じような案件を抱えている人がいないか、紹介してもらうという方法があります。

 

どのような仕事でも人脈というのは重要なのですが、特にフリーランスの場合には重要なものとなり売上に直結するものとなりますから、何か売りを作って実績を作り継続案件を出してくれる依頼者が見つかったらそこから更に、人を紹介してもらうというのが効果的です。

 

実績があれば相手としても紹介をしやすくなるので、実績と人脈で安定した仕事を獲得するというのも良いでしょう。

 

フリーランスとしてやっていくのであれば、このように様々な案件を獲得する方法を考えていかなければなりません。