【フリーランスが増えている!】プロジェクトマネージャーの実態とは

【フリーランスが増えている!】プロジェクトマネージャーの実態とは
Pocket

フリーランスのプロジェジェクトマネージャーというと、高額案件でばりばり稼いでいるイメージがあります。フリーランスのプロジェクトマネージャーはどのような仕事をしているのでしょうか。そして、その実態はどのようなものなのでしょうか。

 

今回はフリーランスのプロジェクトマネージャーの仕事についてまとめました。

 

 

 

 

1.プロジェクトマネージャーとは

 

IT業界では、開発作業工程の上のほうに行けばいくほど収入が高くなってるのが現状です。プロジェクトマネージャーとなれば、システムエンジニアなどをまとめ開発作業の完成を目指していく仕事で多くのスキルが必要になりますが、そのぶん報酬も高くなります。

 

プロジェクトマネージャーは一言でいうならば、IT開発現場の現場をまとめて管理していく仕事をする人です。

 

プロジェクトマネージャーは、開発をするための人材、お金、物資、時間などを管理し、計画的に開発を進めていかなければなりません。したがって、IT技術者としてのスキルや能力だけでなく、マネジメント能力やコミュニュケーション能力も必要となってきます。

 

スキル、能力、経験のすべてが必要となり報酬が高く人気の職種であるにもかかわらず、それだけの仕事をこなしていける人材は不足しているので需要の高い職種でもあります。

 

 

 

 

2.プロジェクトマネージャーの仕事内容

 

プロジェクトマネージャーは、簡単にいうと、プロジェクトの全体を監督する人です。プロジェクトの計画、開発、運用、評価までの一連のプロセスを監督します。

 

 

 

(1)計画

 

プロジェクトマネージャーの仕事内容は、プロジェクトはじまりとして、クライアントとの企画うちあわせ、開発目的の設定、予算の設定、納期を決めます。そしてプロジェクトの計画作成をすることになります。

 

仕様策定、設計、テストなどの各工程の工数、スタッフ配置、作業環境の整備、法律的な事柄やリスクについても対策を行います。プロジェクトが成功するためには予算管理をしっかりし納期を守ることが大切となってきますので、まずはそのための計画が大切となってくるわけです。

 

開発案件があった場合に、開発全体をまかせられるような優秀なプロジェクトマネージャーがいればクライアントも安心してその開発案件をまかせることができますので、優秀なプロジェクトマネージャーには高い報酬が支払われます。

 

 

 

(2)開発

 

具体的な開発段階になると、プロジェクトマネージャーは計画にしたがってスタッフや作業環境を整え、プロジェクトが計画通りに進んでいるか作業進捗状況を監督します。作業の遅れなどがあったら対策をし、場合によってはクライアントとの交渉を行います。

 

 

 

(3)評価

 

プロジェクトが終了したあと、プロジェクトマネージャーはプロジェクトのレビューを行います。プロジェクトの実施状況、問題点が発生していれば問題点とその解決方法、プロジェクト全体の評価をまとめ、完了報告書とします。

 

 

 

 

3.プロジェクトマネージャーに必要な能力

 

プロジェクトマネージャーには、管理能力、コミュニュケーション能力、技術力の3つの能力が必要といわれています。これらの能力は知識だけではなく、経験に基づいて養われていきます。

 

 

 

(1)管理能力

 

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの全体の管理を行うために、まずスケジュール管理をしていく能力が必要です。スケジュール管理は、無理なくプロジェクトが完了できるスケジュールを作成し、クライアントと決定した納期までにプロジェクトを完了させることです。

 

また、予算管理能力も必要です。プロジェクトに設定された予算内でプロジェクトを完了させなければなりません。

 

 

 

(2)コミュニュケーション能力

 

プロジェクトマネージャーは、クライアントとの打ち合わせ、スタッフへの指示、スタッフがスムーズに作業を進行できるように意見交換するなどのコミュニュケーション能力が必要になってきます。

 

このコミュニュケーション能力は、口頭でのコミュニュケーションも必要ですが、メールや書面などの文字でコミュニュケーションを行うことや報告書などの書類を多く作る必要があるので、文書作成能力も必要になってきます。

 

 

 

(3)技術力

 

プロジェクトマネージャーは、管理能力だけあればいいというものでありません。

 

プロジェクトのスタッフが行う作業に対する技術についての知識がなければ、スタッフに的確な指示を行うことはできません。クライアントの打ち合わせにおいても、どの工程にどれだけの時間がかかり、どのような問題の発生が予想されるのかがわからなければ、打ち合わせをすることができません。

 

またプロジェクトマネージャーは、スタッフから質問や相談を受ける場合もあります。このときに的確に答えられる能力が必要となってきます。

 

 

 

(4)その他の能力

 

プロジェクトマネージャーは、多くの人にかかわりひとつのプロジェクトを完成させていくという、やりがいはあっても大変な仕事です。多くの人をまとめるためのリーダーシップや、問題点が発生してもそれを乗り越えて解決策を導き出す情熱も必要となってくるでしょう。

【フリーランスが増えている!】プロジェクトマネージャーの実態とは-1_r

4.プロジェクトマネージャーの年収

 

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトのスタッフより報酬が多いことが一般的です。平均で年収600万円程度、能力が高く優秀なプロジェクトマネージャであれば年収1,000万円を超えることもあります。年齢が高くなればなるほど経験も増えていくので、年収も高くなる傾向にあります。

 

ひとつのプロジェクトを完成させるというやりがいのある仕事で報酬も高いので、プロジェクトマネージャーを目指す人も多いのですが、豊富な知識と経験が必要なためにプロジェクトマネージャーの人材は不足していて需要は高くなっています。

 

 

 

 

5.プロジェクトマネージャーの実態

 

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの完成に責任を持たなければならない大変な職種です。年収も高くやりがいはありますが、その分勤務時間が長くなる場合があります。プロジェクトの実際の管理だけではなく、クライアントの交渉やスタッフからの相談を受けたりするために、予想外の時間がとられることもあります。

 

プロジェクトの管理はできても、なかなか自分の働く時間については管理していくことができずに、勤務時間が長くなりがちというケースも多いようです。フリーランスのプロジェクトマネージャーは、ひとつのプロジェクトが完了したら休息期間をとるなどの工夫をしている方も多いようです。

 

時間管理や休暇管理にはいろいろな方法がありますが、優秀なプロジェクトマネージャーほど自分にあった時間管理をし、しっかりと休暇もとれるように工夫していますので、優秀なプロジェクトマネージャーの条件として、自分の管理もしっかりできることということもあげられるのかもしれませんね。

 

 

Pocket