フリーランスでお仕事を継続させるためのスキルとは?

2016/08/12

フリーランスでお仕事を継続させるためのスキルとは?

 

 

フリーランスの収入は、不安定な働き方です。

 

 

 

収入が不安定になる理由は、クライアントからもらえるお仕事の量に、バラツキがあるからです。

 

休む暇がないほど忙しい月もあれば、毎日が日曜日なほど暇な一日が続くこともあります。

 

フリーランスで安定した収入を得るためには、クライアントからお仕事を継続的にもらえる立場にならなければいけません。

 

しかし、クライアントから継続的にお仕事をもらえるようになるためには、漫然と取り組んでいるだけではいけません。

 

安定した収入を得るためには、自らのスキルを生かしていく必要があります。

 

継続させるために大切なスキルとは、主に二つです。

 

 

 

1つ目のスキル

1つは、自分のしているお仕事に関するスキルです。

 

 

 

 

スキルが低いとクライアントを満足させることができず、再び依頼されることはありません。

 

しかし、クライアントを満足させる内容なら、また依頼したいと思わせることができます。

 

ですから、常に今持っているスキルを磨いて向上させて、新しいスキルも積極的に身につけていきましょう。

 

 

 

 

フリーランスは競争の激しい世界なので、スキルアップを怠ると他の人に追い抜かれてしまいます。

 

常に努力してスキルを磨き続けることこそ、継続させる大切なポイントです。

 

 

 

2つ目のスキル

2つめのスキルは、コミュニケーション能力です。

 

 

 

 

フリーランスとして働いていると、メールだけでクライアントとやり取りすることも珍しくありません。

 

対面して話して打ち合わせをすると、相手の表情から読み取りコミュニケーションをとることができます。

 

しかし、文字だけだとコミュニケーションをとるのが難しく、ちょっとしたことで意思の疎通が図れないことも少なくありません。

 

 

 

また、メールなど文字だけでクライアントと連絡していると、画面の向こうには人がいることも忘れがちです。

 

そのため、マナー違反から相手の信頼を失ってしまうこともあるのです。

 

フリーランスにとって大切なことは、クライアントとの信頼関係です。

 

高いコミュニケーション能力を生かして意思の疎通を図っていれば、強固な信頼関係を築くことができます。

 

信頼関係を築き上げることができれば、継続的に依頼してもらうことができるでしょう。

 

 

 

また、初めての人とも積極的にコミュニケーションできる能力があれば、人脈を次々と広げて様々なお仕事をもらえるようにもなります。

 

信頼関係を築けるコミュニケーション能力は、本業の知識や技術よりも重要なスキルと言えるほどです。

 

 

 

 

イラストレーター
Taro
Taro
1989年生まれ。フリーのイラストレーター・フォトグラファー。 仕事と遊びの境目を果てしなく曖昧にすることが生涯の目標である。 趣味は歌(ラップ)・映画鑑賞・自然と戯れること。