【Cool Workerなヒトビト】Vol.10 レバレッジを効かせた働き方

2016/09/15

【Cool Workerなヒトビト】Vol.10 レバレッジを効かせた働き方

今回は、Vol.8で取材させていただいた田島さんからのご紹介、個人経営の下半身痩せパーソナルジムを4ヶ月目で黒字にさせたという、株式会社Lust代表の飯沢芳明さんにお話を伺った。

 

 

ダイエットのノウハウ本を出版予定である飯沢さんは、ご自身のポッドキャスト番組も運営している。レバレッジを効かせて利益率を高めることが性に合うと話す飯沢さんに、クライアントを引き寄せる円滑なコミュニケーションをとるコツを聞いた。

 

 

 

モチベーションの高め方

飯沢さんは高校を卒業後、仙台市内のフィットネスクラブでアルバイトをしながら、カイロプラクティックの専門学校に通いパーソナルトレーナーとしての活動を開始された。

 

 

その後上京し、フィットネスクラブで社員として1年半 スタジオレッスンの統括業務にあたり 2年後に独立をする。23歳でフリーランスのパーソナルトレーナーとしての活動を開始し、5年後には芝公園に『下半身痩せ専門パーソナルジム Style A 芝公園』をオープンする。

 

 

翌年には株式会社Lustを設立し、活動の幅を広げている。一見、パーソナルトレーナー、そして経営者として順当な道を歩んできたかのように思えるが、この道に入るまでに試行錯誤の日々が続いた。

 

 

 

「高校を卒業した後、地元のゼネコンに入社しましたが、合わないと思って3ヶ月で退社してしまいました。その時、やりたくないことをやっていてはダメなのでワクワクすることにフォーカスするようにしてきました。会社を設立した理由も、個人と会社のお金を切り分け、会社にお金をためていき、事業を大きくしたいと思ったからです。」

 

 

 

パーソナルジムトレーナーは完全にマンパワーのお仕事だ。「今は勝負の時」と話す飯沢さんが毎日6時から夜21時半まで仕事に集中できるのも、独自のモチベーションアップの方法をお持ちだからだろう。

 

 

 

 

レバレッジ仕事術

ジムの集客方法はWebだけと話す飯沢さん。初月は胃が痛くなるほどの危機感を持っていたと話すが、4ヶ月目で黒字に好転させる。「下半身痩せ」という敢えて限定的な宣伝文句を打ち出すことで、Webからの集客に成功したのだった。

 

 

「Webの集客だと人からの紹介よりも、お客様が流動的になります。そのため、たくさんの方とお会いすることができます。」

 

 

飯沢さんは人あたりが良い方で、更に話していると自然に惹き込まれる魅力をお持ちの方だ。そんな飯沢さんが仕事をする上で心がけていることがあると言う。

 

 

「僕はスキルや知識と言った点では中の上くらいかもしれません。ですが、仕事以外の部分で自分のレバレッジを増やすことで相乗効果があるんです。例えば、温泉ソムリエの資格を取ったり、心理カウンセラーであったり、NLPを学んでみたり。そうすることで仕事にも還元できます。」

 

 

ご自身の番組内で出会った方と温泉トークで盛り上がり仕事に発展したこともあると話す。

 

 

仕事以外のスキルを得ることは決して無駄ではない。むしろそれが本業に好循環をもたらすきっかけになるのだ。フリーランスは時間の制約が少ない分、他ジャンルに関する好奇心を持ちレバレッジを効かせることも一つの手だ。

 

【Cool Workerなヒトビト】Vol.10 レバレッジを効かせた働き方_1_r

働き方の次のステージ

意外にも目標を決めることは今の時代にマッチしていないと話す飯沢さん。好きなことを突き詰めて高い所に行けば自然と目標が見えてくるからだ。今後の活動方針をお聞きした。

 

 

「今はまだ形になっていませんが、会社としてフリーランスを広める活動に力を入れて行こうと思っています。各個人が強みを持っていて、それが横の繋がりで一つに向かっていくということが、これからの働き方かなと思います。一人一人がプロフェッショナルで、それが協力していく。マンガのワンピースのようなことが自分の理想です。」

 

 

様々な人と繋がり、レバレッジを相互に効かせて仕事をする。そんな未来の働き方を飯沢さんは教えてくれた。

 

 

 

 

こだわりのツール

・ipad

「持ち歩くのはこれだけです。ちなみにトップ画はネコカフェで撮ったネコです(笑)」

【Cool Workerなヒトビト】Vol.10 レバレッジを効かせた働き方_2_r

 

最後に飯沢さんに聞いた。お気に入りの仕事場は?

 

 

 

「もちろん、Basis Point です(笑)」

 

【Cool Workerなヒトビト】Vol.10 レバレッジを効かせた働き方_3_r

 

飯沢さん、どうもありがとうございました!

 

 

ライター
Taro
Taro
1989年生まれ。フリーのイラストレーター・フォトグラファー。 仕事と遊びの境目を果てしなく曖昧にすることが生涯の目標である。 趣味は歌(ラップ)・映画鑑賞・自然と戯れること。