フリーランスエンジニアの生き残り戦術!必要なスキルや経験とは?

フリーランスエンジニアの生き残り戦術!必要なスキルや経験とは?
LinkedIn にシェア
Pocket

フリーランスのエンジニアとして独立を考えている方や、すでに独立されている方の中には、これから先生き残っていくために、どうしていけばいいのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

IT業界の技術進歩は速く、日々不安が募っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

フリーランスエンジニアとして長く働き続けていくために、どのようなスキルや経験が必要になるのかをご紹介します。

 

 

フリーランスエンジニアに必要な経験

 

顧客が求めるものは、案件に対する内容や要望を正確に把握し、それを実現できるだけの経験があるかどうかです。

フリーランスエンジニアの多くは、元は企業エンジニアであった人が多いはず。その時に、どんなプロジェクトに関わっていたのかは、経験内容に大きく影響します。

 

たとえば、金融業界に関わっていて、基幹システムの構築をしていた。WEBサイトの構築で、セキュリティ管理に携わっていた。スマホアプリ制作会社で、ゲーム開発をしていたなど。

同じエンジニアという職種でも、その経験は人によって異なります。また、それぞれの業界でも、下請けレベルでの経験しかないのか、業務フローの上流にいたのかによっても、経験の深さが違います。

 

企画段階から関わった経験があれば、顧客の構想しているプロジェクトに対し、コスト・マーケット・実現の精度といった観点から、ベストな形で提案・実現することが可能です。

 

 

顧客の本音としては、ただプログラムを組むしかできないエンジニアよりも、その業界に精通し、プロジェクト管理ができるエンジニアを使いたいというところでしょう。

 

総合的な経験の多くは、企業エンジニア時代に培われるもの。しかし、近年は企業エンジニア経験なしに、趣味のプログラム開発経験から、フリーランスのエンジニアへ転身する人も増えています。

こうした人たちが業務の流れで、上位の経験を積むには、2通りの方法があります。

 

・エージェントやクラウドソーシングサービスを利用する
・既存顧客に打診する

 

 

いきなり未経験者が「企画に携わりたい」「マーケティングに携わりたい」と言っても、聞き流されるのがオチです。こうした分野は、プロジェクトの中核となる部分ですから、実績がない人に任せることなどできないものです。

 

それならば、少しずつ関わる範囲を広げていくほうが(多少、時間はかかっても)、確実に実績を残せます。

 

エージェントを活用すれば、これまでの実績などから「この分野ならできるのではないか?」といった相談をしつつ、目標の実現に協力してもらえます。

クラウドソーシングであれば、発注内容によって仕事を選べます。その中から目指す方向に近い案件に応募することにより、段階を踏みつつ経験を重ねていけます。

既存顧客なら、契約実績もあり人柄もわかっているので「〇〇がしたいのですが」と伝えやすいはず。それが相手の求めるエンジニア像と合致している場合、部分的でも参加させてもらえる可能性があります。

 

 

 

フリーランスエンジニアが身につけておくべき経験

 

・マーケティング
・企画
・コスト管理
・コンサルティング
・プロジェクト管理
フリーランスエンジニアの生き残り戦術!必要なスキルや経験とは?-1_r

 

 

フリーランスエンジニアに必要なスキル

 

企業や開発現場が求めるスキルやそのレベルは、案件の規模によっても様々です。

 

大規模案件であれば、業務範囲が細分化され、それが個々のエンジニアに割り当てられます。この場合、業務フローの上位で採用されるエンジニアには、管理能力やその経験が豊富な人が選ばれやすく、下位にいくほど各分野のスペシャリストが採用されやすくなります。

しかし、一方で規模が大きいぶん、集める人材にも限りが出てくるため、実務経験が少なくても採用される可能性があります。

 

小規模案件の場合、必要なエンジニアの総数が少なくなります。そのため、一人のエンジニアに求められるスキルやレベルが広く深くなりがちです。

たとえば、WEBエンジニアなら、サーバの保守管理やネットワーク構築など、本来の役割以上を求められることがあります。

 

できれば、どんな状況でも対応できるスキルを持っていることが望ましいのですが、それは現実的に難しいのが実情でしょう。

ですが、自分の専門分野に関連する領域に対して学びを重ねておけば、いざ機会が訪れたときに、上手くチャンスに変えられます。

 

 

また、スキルを深めるうえで重要なポイントとして、時代や流行に左右されないスキルを持っておくことが挙げられます。

 

プログラム言語には、時代の流れがあります。特にWEB関連のプログラム言語は、その傾向が大変強いですね。

今流行っているからとトレンドを追うばかりでは、ずっと不安定な状況は変わりません。新しい言語を学び続け、経験を積み続けていくのも大切ですが、長く働ける土台を盤石にしておくことも必要です。

 

人気のある案件は、時代の潮流に乗っている言語に集まる傾向にあります。これは、今後も変わることはないはず。

とはいえ、案件の多さを考えれば、トレンドの言語を理解していることは、フリーランスエンジニアとして強みになることも確かです。

しかし、エンジニアとして長く活動していくなら、主軸となる言語を絞り、余力として時代に合わせた言語を学ぶのがベストでしょう。

 

プログラム言語は、それぞれに象徴される業界が異なります。異なる業界を股にかけるよりも、同じ業界内でスキルを磨くのが、最適な選択ではないでしょうか。

そうすることにより、既存顧客への信用が増し、継続的な案件も得やすくなります。その相乗効果として、既存顧客から新規顧客へコネクションが作りやすくなります。

 

 

新しいスキルを学ぶにしても、収入が不安定になるようでは、他領域に手を出すことがはばかられます。

しかし、主力となるスキルがあれば、収入の安定性が保たれます。また、時代が移り変わろうとも経験の土台は、盤石なまま。

 

また、主力としている言語がやがて他の言語に移り変わったとしても、過去の言語がすべて昨日今日で急に失われるわけではありません。メンテナンスや新しい環境へのシフトの際に、その技術力が必要になります。

 

加えて、関連する技術スキルを身につけておけば、切り替えなども十分対応でき、将来的に起こりえる事態への対処も可能になるはずです。

 

 

 

フリーランスエンジニアが身につけておくべきスキル

 

・主軸となる技術力と関連する技術力
・資格
・営業力
・交渉力
・コンサルティング力
・人脈構築力

 

 

 

最後に

 

属する業界のトレンドや最新情報へのアンテナを常に張っておくのは、フリーランスのエンジニアにとって、とても大切なことです。

とはいえ、トレンドの技術ばかりを追いかけるのは得策ではありません。

 

時代の潮流に合わせることは大事なことですが、それはあくまでも補助的なスキルとしましょう。

 

身につけるべきは、フリーランスエンジニアとして末端作業で終わることのない、スキルと経験。

IT業界が日進月歩で技術革新されていったとしても、それぞれのプロジェクトにおける業務フローは、大きく変わるわけではないからです。

 

スキルと経験の2つをもってすれば、未経験の領域に関わることになったとしても、これまでの経験とスキルを活かして、飛躍していくことができるはずです。

 

 

LinkedIn にシェア
Pocket