フリーランスは無礼なクライアントとつき合うな!自分の価値を認められれば収入は増える

フリーランスは無礼なクライアントとつき合うな!自分の価値を認められれば収入は増える
LinkedIn にシェア
Pocket

フリーランスにとってクライアント選びは、収入や実績にも影響する重要な存在。

 

ところが、クライアントワークをしていると、少なからず礼儀知らず相手と出くわすこともありますよね。

 

特にWebだけで契約から取引まで完結してしまうクラウドソーシングを利用していると、不躾な発注者と出会うことは少なくありません。

 

 

 

今回は、クラウドソーシングで仕事を得ているフリーランスを対象に、どんなクライアントとつき合うのが望ましいのかを私の経験をもとにご紹介します。

 

良いクライアントとつき合うことは、スキル・経験が増えるだけでなく、時間を有効に使えるようになり、収入アップにも繋がります。

 

 

自分の価値は自分で守る

 

クラウドソーシングでワーカー(受注者)登録をすると、発注者(クライアント)からスカウトメールが届くことがよくあります。指名で届くこともあれば、業務内容のカテゴリから選ばれて届くことも。

 

それらのメールの中には、スカウトとは名ばかりのものも見受けられることもしばしばです。

 

 

 

私がWebライターを始めたのは、クラウドソーシングの登録がキッカケでした。

 

登録してから、いくつものスカウトメールを受け取りました。その大半は対応してくれるなら誰でもいいとでも言いたげな内容ばかり。

 

実績がなかった私は「スカウトされるくらいなら少しは条件が良いのかもしれない」と思い、メッセージ内容がテンプレートそのままのスカウトでも気にせずに応じていました。

 

 

 

ですが、実際に契約してみると、上記のようなクライアントの仕事は一方的に時間を搾取されるようなものがほとんどでした。

 

報酬なしのトライアウトを複数本も書くことになったり、時間単価が著しく釣り合わないほどの業務量を驚くほどの低単価で依頼されたり、レギュレーションが何度も変更になって延々と修正対応をさせられたり。

 

 

 

それでも、スカウトメールにあった「頑張れば単価アップ」「スキルが身につく」といった言葉を信じていました。

 

実績がなかったため、単価が0.5円を切るような案件でも、「自分には実績がないから仕方ない」と考えていたのです。

 

どれだけ自分の時間を切り売りしていたのかと思う一方で、自信が持てないことで自分で自分の首を絞めていたんだなと気が付きました。

 

 

 

「時間」はフリーランスとしてだけでなく、個人としても大切なものです。

 

「時間」は、仕事をするためだけのものではありません。

 

生活を営むためにお金は必要ですが、時間の余裕は人生の豊かさに直結するものです。

 

 

 

礼節ある発注者と非礼な発注者を選別する目は、自分の価値を大切にする意識の強さによって変わります

 

私のように実績が浅い頃は、多少無礼なメールを送ってくる発注者でも仕方ないと思ってしまいがちだからです。

 

けれど、相手が誰であろうと、自分に非礼な態度を取ることを許していいわけがありません。

 

不遜な態度を取れるのは、ワーカーを下に見ているから。

 

自分で自分の価値をちゃんと認めてあげれば、礼節のない発注者に振り回されることはなくなります。

 

 

 

 

礼儀正しいクライアントは、ワーカーに配慮した対応をしてくれる

 

そもそも無礼な発注者は、受注者であるフリーランスを単なる労働者としてしか見ていません。

 

「労働者」と「ビジネスパートナー」は、全くもって異なる存在です。

 

 

 

労働者としてフリーランスを見ている発注者には、ワーカーとしてのフリーランスに対する配慮が欠けていることが多いものです。

 

その最もわかりやすい例が、スカウトメールの宛名でしょう。

 

個人指名でスカウトされるのとは違い、カテゴリ選択で一斉送信されたスカウトメールでは「ライター様」「ワーカー様」という書き出しから始まります。

 

数打てば当たるだろうという意識があることが透けて見えますね。

 

発注者からすれば、一人ひとりのワーカーの名前をいちいち文面に入れるのは手間です。業務負荷にもなるでしょう。

 

けれど、末永く共に仕事をする相手を探したいのであれば、手を抜くべきところではないと私は考えています。

 

 

 

クラウドソーシングで表示される名前は、ハンドルネームや本名などフリーランスによってさまざま。私はハンドルネームを利用している一人です。

 

たとえハンドルネームでも、名前は名前。個人のアイデンティティを表すものに違いはありません。

 

個人の尊厳を軽く扱う発注者は、その後の仕事でも雑な対応になりがちです。

 

たとえば、際限なく修正依頼がくるので修正コストを請求すると途端に態度を変えたり、トライアルだと言っていたのに合否を告げずに消えてしまうなど。

 

 

 

私もこれらのことを経験しましたが、相手に配慮できる礼儀正しいクライアントは一斉メールであっても、きちんと宛名を書いてきます。「プロフィールを拝見して」というありがちなテンプレートであっても、文中できちんと確認していることが読み取れます。

 

ワーカー自身が自分の価値を認められずにいると、些細な違和感さえも見過ごしてしまいます

 

「単価アップ」「スキルアップ」「フォロー体制が万全」など、魅力ある言葉がたくさん並んでいることで、問題の矛先を変えていることに気づかないのです。

 

小さなことであっても、ワーカーに対する姿勢は垣間見えます。

 

自分を切り売りせずに、対等に関係を結べる発注者を選びたいですね。

フリーランスは無礼なクライアントとつき合うな!自分の価値を認められれば収入は増える-1_r

 

 

良いクライアントとの出会いがもたらすものは収入だけじゃない

 

私がクラウドソーシングを中心に活動していた期間は、およそ半年です。その後は直接契約を中心に活動しています。

 

そのためか、無礼なクライアントと礼儀正しいクライアントの差をより顕著に感じるようになりました。

 

 

 

私が直契約しているクライアントのほとんどが企業です。

 

日常的に連絡を取り合う編集部の方たちは、皆一様に企業勤めの会社員ですから基本的なマナーが身についています。

 

マナーを強要するなという人もいるかもしれませんが、マナーの本質は相手を不快にさせない“思いやり”。

 

ビジネスをするうえで意思疎通をスムーズに行うには、相手への思いやり・配慮は欠かすことのできないものです。

 

 

 

クラウドソーシングを利用してフリーランスのワーカーを探している人はたくさんいます。それは企業・個人問わずです。

 

ワーカーをビジネスパートナーとして考えている発注者は、テンプレートを駆使していても丁寧な文面を送ってきます。

 

受け取った相手がどう思うか・どう感じるかを考えて、文面が作られているのです。

 

 

 

実際には、まさにテンプレートを貼り付けただけの文章というのもよく見かけます。なかには宛名すらなく、いきなりテンプレートで作られた本文から始まる無礼なものさえあります。

 

本文がテンプレートになるのは致し方ない面があることも理解はできますが、初対面の相手に送るなら多少なりとも配慮は必要でしょう。

 

ワーカーと良好な関係を築きたいと考えている発注者は、質問文に対して丁寧な返答するなど、私たちフリーランスに配慮した対応してくれます

 

 

 

以前、興味が引かれた案件がいくつかあり、質問を投げてみたことがあります。

 

そのとき、尋ねた質問に対する回答だけでなく、次に聞いてくるかもと想定して答えを書いてくれた発注者がいました。

 

今までの発注者は、聞かれたことにだけ答える、あるいは、Q&Aへのリンクを送ってくるなど簡素なものだったため、それに比べるととても丁寧な印象を受けたものです。

 

 

 

最終的に、丁寧な返答をくれた発注者と契約をしたのですが、予想通りフォローからフィードバッグまでとても丁寧でした。

 

そのクライアントとは1年ほどおつき合いをさせていただき、私の都合で契約を終了したのですが、最後の最後までとても親切で丁寧な対応をしてもらいました。

 

 

 

このようなクライアントの下であれば、スキルアップも図れ、コンスタントに実績を積むこともできます。

 

丁寧なフィードバックがあるため、ワーカーとしての自信もついていきます。

 

それらが総合的に作用して、フリーランスとしての収入も増えていきます。

 

 

 

 

最後に

 

無礼なクライアントを相手にしているうちは、いつまでも成長を実感できず、収入を上げるのに苦労を強いられます。

 

自分の時間を大切にすることは、自分の未来を大切にすること。

 

一つひとつの仕事は、フリーランスにとって未来への投資です。

 

それを真の意味で理解してくれているクライアントとの仕事は、必ず収入アップに繋がっていきます。

 

 

 

私はクライアントに対する意識を変えてから、仕事の幅も広がり、たくさんの仲間と収入を得るに至りました。

 

あなたにも自分の価値を認めて、非礼なクライアントとは別れを告げ、未来に繋がるクライアントとぜひ出会ってほしいと思います。

 

 




フリーコンサル案件(戦略/PMO/SAP等)の紹介なら「コンサルポータル

営業・マーケティング・採用・エンジニアの副業紹介なら「副業ポータル

お仕事場所をお探しならコワーキングスペース「BasisPoint」へ!!新橋・五反田・神保町・池袋・上野・滋賀守山・カンボジアに多店舗展開中!

未経験から高級人材に!仕事をしながら学べるのは「BasisPoint Academy
LinkedIn にシェア
Pocket

ライター PROFILE

浜田 みか
浜田 みか
【フリーライター/作家/電子書籍編集者】家事が苦手のママライター。いつもどうやって手を抜こうか考えています(笑)一番の趣味は、カメラと散歩と海外小説。相棒のEOS Kissを片手に、あちこちを飛び回っています。