フリーランスの仕事内容は、自分を株式会社○○だと考えれば漏れがなく取り組みやすい

フリーランスの仕事内容は、自分を株式会社○○だと考えれば漏れがなく取り組みやすい
LinkedIn にシェア
Pocket

フリーランスになったはいいけど、仕事の仕方がわからない、日々何をしていいのかわからないという方が多いのではないでしょうか。

 

わたしは今年の9月に会社員を辞めてフリーランスのライターになったので、決して他人事ではありません。

 

 

 

では、フリーランスはどのように仕事をしていけばいいのでしょうか。

 

「クラウドソーシングで提案して受注するんでしょ?そんなの当たり前じゃん」というような声が聞こえてきそうですが、それだけではありません。

 

仕事は、直接収入につながることだけではないからです。

 

 

 

この記事では、フリーランスがどのような考え方で仕事をしていくのがいいのか、日々何をしていけばいいのかということについて、わたしの考え方を紹介します。

 

 

フリーランスは自分を「株式会社〇〇」だと思えばいい

 

フリーランスが日々どのように仕事をしていけばいいのか。

 

結論から言えば、フリーランスは自分を株式会社〇〇だと思えばいいのです。

 

 

 

クラウドソーシングで案件を受注して収入を得るというのは、稼ぎ方の方法の一つとしてはもちろん間違いありません。

 

しかし、案件をこなす仕事ばかりを毎日できるわけではないでしょうし、仮にできたとしても将来的に仕事の幅を広げていくことにはつながりません。

 

それ以外にも必要な資格の勉強をしたり、知識を広げるために新聞や本を読んだり、健康を維持するために運動したりといったことも、仕事と言っていいのではないでしょうか。

 

 

 

わたしはこれまで副業ライターとして活動してきましたが、その中で痛感したのは「自分を株式会社〇〇と考えて日々仕事をしないと、直接収入につながる記事の文字を打っていないときに不安や焦りを感じる」ということです。

 

より良い仕事をするため、また将来の仕事の幅を広げていくためには、資格の勉強も読書も運動も必要です。

 

ですが、収入面などの不安がもとで案件をこなす仕事だけを優先してしまうような心理状況になるのです。

 

 

 

その一方で、会社は組織を維持するために、直接収入につながらないことに従事する社員を抱え、仕事として取り組んでいるのです。

 

フリーランスになったなら、直接収入につながらないこともきちんと済ませられるよう、自分を株式会社〇〇だと思って日々過ごすようにしましょう。

 

 

 

 

会社にある各部署を考えよう

 

では会社とは何でしょうか。

 

簡単に言えば、事業を行う組織のことです。

 

組織ですから、会社として1つの仕事をするにも、その組織を維持するにも、いろいろな部署があってそれぞれに役割(仕事)があるのです。

 

 

 

例えば、会社組織には以下のような部署があります。

 

・戦略設計部門

・商品開発部門

・マーケティング部門

・営業部門

・品質保証部門

・会計部門

 

 

 

食品メーカーを考えたとき、各部署は以下のような仕事をします。

 

・戦略設計部門

将来の会社の在り方を決める

・商品開発部門

新商品を開発し、古くなった商品を破棄・改良する

・マーケティング部門

会社自体や扱う商品のブランディングや広報をする

・営業部門

顧客に販売する、小売店とやり取りする

・品質保証部門

売り出した商品の品質をチェックしたり、品質に問題があった際に対応する

・会計部門

お金の流れを記録、管理する

 

 

 

このように、商品を売る仕事だけでなく、将来に備えたり会社を維持したりするためにも、各部署はそれぞれの役割を担い、仕事をしているのです。

 

フリーランスも目の前の案件に取り組むだけではいけないということですね。

 

上で紹介した「フリーランスは自分を株式会社〇〇だと思えばいい」というのは、フリーランスとして生き抜くために、案件に取り組む以外にも自分のやるべきことを各部署に分けて考えるといいということなのです。

フリーランスの仕事内容は、自分を株式会社○○だと考えれば漏れがなく取り組みやすい-1_r

 

 

各部署を自分1人で動かしていく

 

「フリーランスは自己責任」とよく言われますが、これは副業でもよく感じることです。

 

フリーランスは会社勤めとは違い、仕事をしなくても上司から指導されるわけでも、処分されるわけでもありません。

 

ただ仕事をしなかった分だけ収入が下がったり、信用を失ったりして自分が困るだけなのです(もちろんクライアント様を抱えていた場合は迷惑が掛かりますが)。

 

わたしは副業をしていてこれを痛感しました。

 

 

 

ではフリーランスの場合、自分を株式会社〇〇だと考えるとどのような仕事が出てくるのでしょうか。

 

わたしはライターですが、具体的には以下のようになります。

 

・戦略設計部門

中長期の目標設定、目標到達過程の設定

・商品開発部門

専門分野の開拓、情報収集、書籍やnoteなどの発行

・マーケティング部門

SNS運営、ブログ運営、各種プロフィール作成

・営業部門

クラウドソーシングサービスにおける提案、クライアント様とのやり取り

・品質保証部門

自己の専門知識の点検、自己分析、健康管理、家族との関係

・会計部門

帳簿の記入、確定申告、保険関連

 

 

 

このように自分を株式会社〇〇とした上で各部署に分けて考えれば、すべてが「仕事=日々行うこと」になります。

 

あとはこれらの機能を自分1人で動かしていくだけです。

 

こうすれば仕事に漏れがなくなるだけでなく、直接収入につながる仕事以外にもきちんと取り組むことができ、将来の仕事の幅を広げていくことにもなるでしょう。

 

 

 

 

最後に

 

「会社に縛られない自由な働き方」にこそ魅力のあるフリーランスですが、自由なだけに「日々何をしていいかわからない」という人は多いです。

 

このように何をしていても落ち着かない、焦りを感じるという人は、この記事で紹介したように自分を株式会社〇〇だと考えてみればいいのではないでしょうか。

 

 

 

毎日たくさんの会社が生まれますが、同じくらいの会社が破綻します。

 

すべての会社が生き残りをかけた戦いをしているわけです。

 

フリーランスも能力を商品として販売している以上、必要なことは会社と同じです。

 

生き残るためには会社と同じ機能を1人で発揮する必要があるのです。

 

 

 

何に手をつけていいかわからなくなったときは、この記事を読み返して頭を整理してみるのはいかがでしょうか。

 

何度も使っていただける記事になれば幸いです。

 

 




フリーコンサル案件(戦略/PMO/SAP等)の紹介なら「コンサルポータル

営業・マーケティング・採用・エンジニアの副業紹介なら「副業ポータル

お仕事場所をお探しならコワーキングスペース「Basis Point」へ!!新橋・五反田・神保町・池袋・上野・横浜に多店舗展開中!

未経験から高級人材に!仕事をしながら学べるのは「Basis Point Academy
ライター
めんおう
主夫ライター。ブロガー、元上場ラーメン企業戦士で元防衛省通訳。働き方、転職、英語、取材などを中心に執筆。「自由に生きたい人」の背中を押す発信もしています。 ブログ:めんおうブログ(https://www.zinseitanosiku.com/) Twitter:https://twitter.com/mennousan
LinkedIn にシェア
Pocket