【独立後は不安がいっぱい】フリーランス協会のサポートがお得!

【独立後は不安がいっぱい】フリーランス協会のサポートがお得!
LinkedIn にシェア
Pocket

自由な働き方として一部では憧れの働き方のフリーランス。でも独立してフリーランスになったけど会社員の時のような補償がなくて不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

 

新しい働き方のフリーランスに興味はあるけど、会社を辞めたら福利厚生がなくなることもあり、不安を感じてしまって独立に踏み切れない人もいますよね。

 

確かにフリーランスは会社員が受けられる補償がありません。特に自分の体や技術が資本のフリーランスの方にとって、万が一、怪我をした時に労災時の休業補償を受けられないと収入も途絶えてしまいます。会社の福利厚生で安く利用できる施設もフリーランスにはありません。健康診断や研修も基本的には自費です。

 

でもフリーランス人口は年々、増え続けていて保障の薄いフリーランスをサポートする支援団体が登場しました。

それが2017年に発足した一般社団法人フリーランス協会です。年会費は10,000円ですが経費にでき、お得なサポートを受けられ社会的な保証や福利厚生の薄さをカバーできます。

 

本記事を読めばフリーランス協会に入って受けられる補償が分かります。お得にフリーランス協会のサポートを受けましょう。

 

 

フリーランス協会とは

 

フリーランス協会とは正式名称「一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」のことです。フリーランスとして活動するプロフェッショナルや、企業に属しながら副業でも活躍するパラレルワーカーの有志が主体となって設立した、フリーランスによるフリーランスのための支援団体です。

 

ところで日本のフリーランスの人口をご存知でしょうか。なんと2017年度の統計では広義の意味でのフリーランス人口は1122万人(※)なのだそうです。実は年々フリーランス人口は増加中。

 

しかし増加中にも関わらずフリーランスの社会的な保証は手厚いとは言えません。そこでフリーランス協会がセーフティーネットをフリーランスに提供する活動をはじめたという経緯があります。

 

大企業の福利厚生における補償の厚さはフリーランス協会のサポートだけでは及びません。しかし経費に計上可能な年会費10,000円で様々なサポートをつけることができるのは魅力。せっかくのフリーランス支援団体ですので補償内容が気に入ったら加入を検討する余地は十分にあります。

 

 

<参考・参照サイト>

「副業者の人口・職種・年収・労働時間が丸裸|フリーランス実態調査2017」(THE LANCER) 

【独立後は不安がいっぱい】フリーランス協会のサポートはお得!-1_r

 

 

フリーランス協会に入ることをおすすめする6つの理由

 

大きく分けてフリーランス協会に入るメリットは6つあります。中には年会費を払った上で追加料金を払うことで得られる補償もありますが、それでも個人で加入するよりお得です。

 

それでは1つずつ代表的なメリットをご紹介します。

 

 

 

 

賠償責任補償

 

まず賠償責任補償が自動付帯されます。自動付帯とは、会員になれば誰でも受けられる補償です。

賠償責任補償とはフリーランスの賠償リスクに備えた補償のこと。万が一、損害賠償で訴えられて損害賠償金を払わなければならなくなった場合に保険金が支払われます。

 

例えばフリーランスのWEBデザイナーが納品したシステムに欠陥があり、情報漏洩した場合、その納品した企業が大きな損失を出したとします。すると、その企業から損害賠償を請求されることがあります。

他にもフリーランスのライターやデザイナーの成果物が第三者からの盗用であると思われ、損害賠償を請求される可能性も。

 

納品後に何かの行き違いで訴えられて、もしも裁判でも負けてしまったら大変なことになります。

もし損害賠償を請求されてしまったらと思うと、フリーランスとして仕事を請け負うのも萎縮してしまうのではないでしょうか。

 

しかし賠償責任補償があれば、フリーランスの仕事上で賠償責任を問われる事態になっても保険金が出ます。損害賠償はされてからでは遅いのです。フリーランスとして活動する限り、損害賠償を請求されるリスクは決してゼロにはなりません。

 

フリーランス協会に入会するだけで賠償責任補償がつくのは安心感があります。

 

 

 

 

福利厚生WELBOXを利用できる

 

WELBOXは株式会社イーウェルが提供する福利厚生サービスです。株式会社イーウェルは企業の福利厚生のアウトソーシングを引き受けている会社で、大手企業でもWELBOXを福利厚生に採用しているところも多数あります。そして、フリーランス協会の会員になるとWELBOXの福利厚生を受けることができるのです。

 

例えば健康診断や人間ドック、eラーニング、子育て支援、レジャー、トラベル、税務・法務相談など豊富な優待を受けることが可能になります。

 

毎日パソコンに向かってお仕事をしていると疲れてしまいますよね。実はWELBOXと提携している温泉やSPAであれば、施設を利用するときに割引価格で利用できます。例えば、東京ドームシティにあるスパ・ラクーアの利用料金が2,850円から2,100円になります。

 

他にも有名眼鏡チェーンの眼鏡が5%オフで買えたり、人間ドックの検診を特別価格で受けることができたり、研修のためのスクールも割引価格で利用できたりと、WELBOXの福利厚生を積極的に利用するだけでもフリーランス協会の年会費10,000円のもとがとれてしまいそうです。

 

さらに法律相談や税金相談のダイヤルサービスまで利用できます。

年会費も10,000円で経費に計上可能。上手に活用すれば年会費のもとは十分にとれますね。

 

 

 

 

お仕事を受注する時に信頼アップ

 

発注主も守られる賠償責任補償なので、個人でも安心して発注してもらえるメリットがあります。

また、フリーランス協会に加盟していることを名刺に記載することもできます。本格的にフリーランスとして活動している証明の一つにもなりますね。

【独立後は不安がいっぱい】フリーランス協会のサポートはお得!-2_r

 

 

独自優待の提供もあり

 

フリーランス協会に協賛する企業、団体が数多くあります。そんなフリーランス協会の法人会員が独自優待を会員向けに提供しています。

 

例えばChatworkの無償アップグレード。ChatworkはフリーランスのWEBライターの間でもよく使われるオンラインシステムですが、フリーランス協会の会員なら有料版にアップグレード出来ます。実はこのアップグレードだけで年会費の半分は回収できてしまいます。

 

他にも会計ソフトが一定期間だけ無償もしくは安くなる等、フリーランス協会の会員向けにお試しで使えるサービスもあります。

 

 

 

 

所得保障制度に団体価格で加入できる

 

任意加入ですが所得保障制度に団体価格で加入できます。

例えばケガで働くことができなくなった場合、身一つで働くフリーランスなら収入が途絶えてしまいます。しかし所得保障制度に加入しておけば、そんな時の備えになります。

 

個別で加入するよりも47.5%も割安になります。補償期間も最長1年で、もしもの時の備えとしても十分ではないでしょうか。

 

また、この保険は損害保険ジャパン日本興和の保険商品ですが補償期間を大幅に広げる見込みで補償を70歳満了になります。働けなくなった際に平均月収の最大85%を補償。

フリーランス協会のサポート内容も日々、拡充されています。

 

 

 

 

年会費は経費にできて10,000円!

 

年会費が経費として計上できます。それで数々の補償や福利厚生を受けることができて年会費が10,000円。

経費にできる10,000円で各種補償や割引制度を1年間使えるのです。月単位で考えると約800円台の会費。

フリーランス協会の各種サポートを積極的に使えば月々800円台の会費はすぐに元がとれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

フリーランス協会以外の保障も組み合わせてみよう

 

10,000円の年会費で経費に計上可能なフリーランス協会ですが、健康保険や年金についてのサポートはまだありません。

 

しかし他の制度と組み合わせることもできます。

例えば「文芸美術国民健康保険組合」は文芸や美術、著作活動に従事していて、組合加盟団体に入っている人とその家族が加入できる国民健康保険制度です。条件によっては国民健康保険よりも保険料がお得になることもあります。
クリエイティブ系フリーランス必見!「文芸美術健康保険組合」とは?
も読んでみてください。

 

入会には条件もあるのですが、このような制度を利用して自分で自分の保障を組み合わせることもフリーランスの醍醐味かもしれません。年金が不安なら確定拠出年金iDeCo(イデコ)をうまく運用してみるなど、様々な仕組みや制度を組み合わせて自分の福利厚生を考えてみても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

まとめ

 

フリーランス協会は近年、増加中のフリーランサーをサポートする団体です。年会費10,000円で各種割引やサービス、補償を受けることが可能となります。会社員に比べ保障が手薄いからこそ、フリーランスは様々な制度や団体の力を自分で選び自分を守らなければなりません。フリーランス協会の提供するサポートは、フリーランスにとって嬉しいものがたくさんあります。社会保障や福利厚生の面で不安や不満のあるフリーランスは、一度加入を検討してみる価値があるでしょう。

 

 

LinkedIn にシェア
Pocket




フリーコンサル案件(戦略/PMO/SAP等)の紹介なら「コンサルポータル」

お仕事場所をお探しならコワーキングスペース「Basis Point」へ!!新橋・五反田・神保町・池袋に多店舗展開中!