家事の時短でフリーランスや副業の仕事時間に余裕を【掃除編】

家事の時短でフリーランスや副業の仕事時間に余裕を【掃除編】
LinkedIn にシェア
Pocket

家事の中でも掃除はやるべきところが多く、放っておけば部屋中がホコリだらけ。衛生的にも良くないとわかってはいても、多忙なフリーランスは毎日しっかりと掃除するのは難しいですよね。

 

自宅をオフィスと兼ねているフリーランスなら、いつクライアントが来るかもしれないため、手を抜いていることがバレない範囲で綺麗にしておきたいところでしょう。

 

今回は、仕事と並行しつつ“ながら”と併せた普段掃除の時短方法をご紹介します。

 

 

 

<合わせて読もう>

家事の時短【料理編】
家事の時短【洗濯編】

 

 

リビング掃除の時短

 

フローリングの掃除は、案外手間がかかるもの。床板の埃やゴミを取り除き、水拭きのあとに乾拭き。その後さらに艶出しワックスを塗って乾かして…となると、忙しいフリーランスがその時間を確保するのは、とても大変です。

 

ここは積極的にアイテムを使って時短掃除を取り入れていきましょう。

 

 

 

 

ダスター付きのスリッパで埃取り

 

室内でスリッパを履いているなら、ダスター付きのものに替えましょう。それを履いたまま部屋を移動するだけで、簡単に埃やゴミを集められます。この手のスリッパは洗濯機で洗えば、繰り返し使えるのも便利です。

ダスター付きスリッパなら、乾拭きも水拭きもこれ一足だけでできますよ。

 

 

 

 

艶だしは専用フローリングシートを利用

 

フローリングワイパーにワックス成分が浸み込んだシートを巻いて、室内移動のついでに拭きましょう。

わざわざシートを使うのがもったいないなら、古布とワックス剤を用意して。古布をワイパーに巻いてシートのように使い、終わればそのままゴミ箱へ捨てれば、片付けの手間もほとんどありません。

 

 

 

 

畳みは乾いたフローリングシートで

 

乾いたフローリングシートを畳の目に沿って撫でるように動かすと、シートがゴミを吸着してくれます。

畳みは、スキマに埃やゴミが入ると取りづらくなってしまいます。そうした汚れは、ダニが繁殖する原因になりますので、気をつけたいところ。

家事の時短でフリーランスや副業の仕事時間に余裕を【掃除編】-1_r

 

 

キッチン掃除の時短

 

毎日使うキッチンは、油汚れや水垢が残りやすい場所。その日の汚れはその日のうちに取ってしまうことが、手間をかけないコツです。

 

それらを時短するには、“ついで”掃除でパッパッと終わらせましょう。

 

 

 

 

レンジフードは使うたびにひと拭きを

 

レンジフードやコンロの使用後は、温かいうちに、古布に汚れ落としの洗剤を付けて、サッと拭いておきましょう。

 

油脂が換気ファンに付着すると、回りが悪くなり故障する、掃除が大掛かりになるなどして大変です。レンジフードには油脂吸着シートなどを利用して、ファン内部に油が入り込まない工夫も忘れずに。

 

 

 

 

冷蔵庫は箱使いで汚れたところだけ拭き取りに

 

食品などは、直置きせずに箱などを利用して、そこに入れるようにします。

冷蔵庫の棚に直接食品などを置くと、汚れたときに全部取り出して洗うハメに。箱に入れておけば、掃除をすることになっても汚れた箱だけで済みますよ。

 

 

 

 

三角コーナーは使わずペットボトルで代用を

 

毎回洗う手間を省くなら、三角コーナーを使わないのが一番。代わりに、ペットボトルを半分に切ったものを使います。そこにビニール袋を入れて。ビニール袋の中には、不要になった新聞を敷いておけば水気を吸収してくれるだけでなく、イヤな生ゴミの匂いもシャットアウトしてくれます。

三角コーナー代わりのペットボトルは、汚れたら捨てて新しく用意すればよいので、三角コーナーを洗う手間もありません。

 

 

 

 

排水溝はぬめり取り用グッズを利用して

 

排水溝には、網目の細かいゴミ取りネットとぬめり取りグッズを併用して。ネットがゴミを拾い、ぬめり取りの洗剤が汚れの付着とカビの繁殖を防いでくれます。

また、洗い物の汚れは、予め古布やスクレイパーなどで汚れを取り除いておきましょう。このひと手間をかけるだけで、シンク内の掃除が手軽になりますよ。

 

 

 

 

トイレ掃除の時短

 

毎日使うトイレは、放っておけば悪臭を放ったり、汚れが取りにくくなったりと掃除の手間と時間がかかるもとに。

 

グッズを活用しつつ、“ながら”掃除や“ついで”掃除を習慣化しましょう。

 

 

 

 

使うたびに便座のフチをひと拭き

 

用を済ませたあとは、洗剤を含んだ専用シートかトイレットペーパーに洗剤をかけて、便器のフチや裏側を拭いておきましょう。

尿ハネで汚れが溜まりやすい場所なので、放っておくと尿石となって取りづらくなってしまいます。また、こうした汚れは悪臭の原因にも。

この部分だけでもこまめに掃除しておけば、トイレ全体の掃除時間の短縮になりますよ。

 

 

 

 

スタンプ洗剤を活用して

 

掃除のあとは、清潔をキープするのにスタンプ洗剤を利用しましょう。もちろん、タンクに取り付けるタイプでもOK!

水を流すたびに汚れを洗い流して、付着を防いでくれるので、毎日ブラシで便器内をこする手間も省けます。

家事の時短でフリーランスや副業の仕事時間に余裕を【掃除編】-2_r

 

 

洗面所・浴室内掃除の時短

 

水回りは、水垢やカビが生えやすい場所。特に洗面所がある脱衣所や浴室内は、湿気も溜まりやすいので、毎日コツコツ掃除するのが大切です。

 

ここも“ついで”掃除で時短を図りましょう。

 

 

 

 

浴室の鏡や壁は体を拭いたタオルで拭いてカビ防止

 

風呂上がり、体を拭いたタオルで浴室内の水気を拭き取っておきます。水滴を取り除いておくだけでも、水垢やカビ予防に。

鏡部分はボディーソープなどの石鹸成分が残り、白く痕が残りがち。体を拭いたタオルなら、適度な湿り気があるので鏡の拭き取りもしやすいでしょう。

 

 

 

 

湯垢は風呂上りに“ついで”拭きで浴槽掃除を楽に

 

湯船やその周辺に付きがちな湯垢も、浴室内を拭いた“ついで”に軽く拭き取っておきましょう。

時間が経つとこびり付いて、汚れが取りづらくなってしまいます。浴室内に適度な湿気と温度が残っているうちにやっておけば、浴槽などをゴシゴシこする手間もありません。

 

 

 

 

タオル交換するとき古いタオルで洗面台まわりを拭いて

 

使用済みタオルは、洗面台周りの掃除に使ってから洗濯機へ。鏡を拭いてから洗面台の流しの部分を拭き洗いすれば、わざわざスポンジを使う必要もありません。

新しいタオルと交換する際は、古いタオルの湿り気の残る部分で鏡の汚れを拭きとって。洗面台のシンクも水滴を拭きとっておきさえすれば、酷く汚れることはありません。

 

 

 

 

時短ツールを使って仕事時間をつくる

 

ながら掃除をするにしても、時短ができそうなツールがあるのとないのとでは、手軽さが違います。

掃除にかけられる手間がどれくらいかによって、使いやすいツールが異なるはず。あなたの生活に合ったものをチョイスしてください。

 

 

 

 

便利グッズを活用して

 

100円均一をはじめとして、雑貨店などでも様々なグッズが販売されています。

毎日手をかけるところほど、グッズを有効利用して時短化を図りましょう。

 

 

 

 

タイマーを使って時間を意識

 

タイマーを使えば、この時間内で終わらせなければという意識が強く働きます。

時間を区切ることによって、自然と効率的に掃除する方法を考えるもの。設定時間は、5~15分程度がちょうどいいでしょう。

 

 

 

 

掃除ロボットに任せる

 

掃除機をかける手間を省けるので、確実に時短ができます。

ロボットは、床に物があるとそこを避けて掃除するので、必然的に片付ける癖も身につき一石二鳥です。

掃除を任せている間、あなたは他の掃除に手を回せて全体的な時短化が図れます。

 

 

 

 

家事代行を利用する

 

普段から家事代行を頼むのは、お金がかかってしまいますが、その時間内をどう過ごすかはあなたの自由。

こうしたサービスは、会社によって価格もサービス内容も異なります。お試しプランを設けているところも多いので、選びかねるのならお試しサービスを受けてみるのもいいですね。ここぞという時だけでも家事代行サービスを頼めば、普段は“ながら”や“ついで”掃除だけしておけばOKなので、時間の有効活用ができますよ。

家事の時短でフリーランスや副業の仕事時間に余裕を【掃除編】-3_r

 

 

まとめ

 

フリーランスや副業の仕事で忙しない日々では、家事にかける時間は極力減らして仕事時間に充てたいもの。

家事をやらなきゃいけないと思いながら仕事をしていると、思わぬミスを招いてしまうかもしれません。

 

それならば、便利グッズやツール、サービスなどを上手く使って時短化を図り、時間の確保をしていきましょう。

 

 

 

 

<合わせて読もう>

家事の時短【料理編】
家事の時短【洗濯編】

 

 

LinkedIn にシェア
Pocket