家事の時短でフリーランスや副業の仕事時間に余裕を【洗濯編】

家事の時短でフリーランスや副業の仕事時間に余裕を【洗濯編】
Share on LinkedIn
Pocket

フリーランスや副業をしている人にとって、毎日の家事は手早く簡単に済ませたいのが本音では? 仕事が忙しいときほど、そうした思いは強くなりますよね。

ですが、放っておけば溜まる一方の洗濯物。手を抜くにしても限度が……。

 

今回は、そんな手間がかかりがちな洗濯で、上手く時短するためのコツをご紹介します。

 

家事の時短【料理編】

 

 

仕分けの時短

 

洗濯物の仕分けが簡単にできるだけでも、負担は軽減されるはず。

 

 

 

 

種類ごとのカゴに分別して

 

ごちゃ混ぜになった汚れた衣類。カゴが一つだと、こうしたことはよくあります。

カゴを複数用意しておけば、汚れ度合いや洗い方の異なる衣類を簡単に分別できます。

 

 

 

 

ネット洗いのものは直接ネットへ

 

他の衣類との接触を避けたいもの、シワを防ぎたいものなどは、洗濯機に放り込む前に洗濯ネットに入れることが多いのでは?

予めネットを吊って置いておけば、洗濯カゴへ入れる要領で汚れ物を放り込め、仕分けの手間が省けます。洗濯の際には、ジッパーを締めて洗濯機へポイして完了です。

 

 

 

 

靴下は輪ゴムで括る

 

靴下の左右がバラバラになっていると、干すときに探すという手間がかかります。

脱いだ時に左右を合わせた状態で、軽く輪ゴムで括っておけば、行方知れずになることもありません。

 

 

 

 

ブラウスやワイシャツの襟や袖のボタンは外して

 

ブラウスやワイシャツで乾きにくい部位といえば、襟と袖口。

小さなボタンは、洗ってからだと濡れた生地と摩擦を起こして外しづらいものです。洗濯前に外しておけば、干すときのひと手間を省略できます。

 

 

 

 

ズボンは反転させて

 

ジーンズなどのパンツ類は、裏と表を逆にしてしまうのがおすすめ。

色移りや色落ちを防ぐことはもちろんですが、干す際の時短にもなります。

 

 

 

 

脱いだ時に固形洗剤でひと撫でを

 

汗や埃などで汚れやすい襟や袖口。漂白剤を使うと、浸ける時間の確保が必要になります。

脱いだら、固形の洗濯用石鹸で襟ぐりや袖口をさっとひと撫でしておきましょう。

漂白剤要らずで汚れを落とせ、他の衣類と一緒に洗濯しても問題がないので便利です。

 

 

 

 

洗濯の時短

 

多忙なフリーランスやダブルワーカーにとって、洗濯機の稼働時間も極力短縮したいもの。最新の洗濯機でなくても、これならどこの家でも可能では?

 

 

 

 

スピードコースを選ぶ

 

スピードコース、時短コース、お急ぎコースなど洗濯機によって名称は様々。

通常1時間近くかかる洗濯を、最長30分も時短できます。また、稼働時間が短縮できるので、電気代は最大50%の節約、水道代も3割ほど節減できます。

 

 

 

 

節水タイプの洗剤ですすぎ回数を1回に

 

節水タイプの洗濯洗剤なら、すすぎ回数を減らして洗濯時間の削減ができます。

すすぎが1回だけでも洗剤成分を流しきれるので、残留を気にする必要もありません。

家事の時短でフリーランスや副業の仕事時間に余裕を【洗濯編】-1_r

 

 

干すときの時短

 

季節によって異なる乾燥時間。干す作業はもちろん、早く乾かして取り込みたいのがフリーランスの希望では?

干すときには、風、空気、湿度の性質まで考慮してみましょう。

 

 

 

 

洗濯カゴは一度で運べるサイズを

 

洗濯機と物干しを往復しないですむよう、一度に運べるサイズのカゴの用意を。

置いておく場所に困るなら、組立式のコンテナを使うのも一つの手。使わない時は、隙間収納で場所も取りません。

 

 

 

 

腰の高さに置く

 

洗濯カゴは腰の高さに置くと、かがむ動作の分だけ時短になります。

また、かがむ動作は腰を痛める原因にもなるので、腰も守れて一石二鳥です。

 

 

 

 

手アイロンでシワ伸ばし

 

生地の薄いシャツは、シワになりやすいのが難点。けれど、極力アイロンは使いたくない! と思っている人も多いはず。

ハンガーにかけたあとは、手アイロンでシワ伸ばしをしましょう。

 

どうしてもシワがついてしまうなら、脱水の途中で取り出して。ビショビショに濡れた状態でハンガーにかけてしまえば、水分の重みで勝手にシワが伸びてくれます。

ただし、濡れた状態での長時間の放置は、生地を傷める原因に。必ず、扇風機や浴室乾燥機を併用してくださいね。

 

 

 

 

アーチ状干しで風通し良く

 

洗濯物を乾かすには、風の通り道と空気に触れる面を広く取ることが大切。また、湿気は空気よりも比重が重く、床面に溜まります。

 

左右は背丈の長いもの、中央にかけて短いものを干すようにしましょう。床との隙間に風が通りやすくなります。

干すときも、5センチ程度の隙間を開けましょう。乾燥した空気が衣類に触れやすくなります。

 

 

 

 

異なる素材の生地でサンドイッチ

 

洗濯物の湿度は、隣り合った衣類で均一になろうとする性質があります。その性質を利用すれば、乾燥のスピードアップも可能になります。

 

素材がナイロンと綿ならば、乾くのに時間がかかるのは綿素材。綿をナイロンでサンドイッチすれば、綿の湿度がナイロンに移り、早く乾かせます。

 

 

 

 

タオル類は蛇腹もしくは縦吊りに

 

タオル類は専用ハンガーを使っている人も多いのでは? けれど、厚手のバスタオルだと重なっている部分に風が通りづらいため、乾燥まで時間を要することも。

蛇腹干しか、縦吊りとアーチ状干しを組み合わせて、空気に触れる面を広く作るようにしてみてください。

 

 

 

 

ジーンズなどのパンツ類は筒干しを

 

乾きづらい縫い目やポケット部分も、裏表を反転させて筒干しすれば、乾きやすさは段違い。

このとき裾部分を開けて干すのがポイントです。ここが閉じていると乾きづらく、乾いた後も裏返しづらくなります。

 

 

 

 

フードや襟は立てて

 

襟やフード部分は、乾きにくい部分。

干す際は必ず、襟やパーカー部分は立てましょう。

100円均一ショップに、手持ちのハンガーに取り付けるフードハンガーが売られています。時短のためにも、ぜひチェックを。

 

 

 

 

浴室乾燥機を利用する

 

浴室利用のあとに、室内を乾燥させるついでに洗濯物も乾かしてしまいましょう。

水気の含んだシャツを干して浴室乾燥機にかけてしまえば、早く乾くうえにアイロンは不要になります。

家事の時短でフリーランスや副業の仕事時間に余裕を【洗濯編】-2_r

 

 

取り込みの時短

 

色々な種類の衣類を取り込む際は、後からそれらをしまうことも念頭に動線を考えるのがベター。

 

 

 

 

畳みながらカゴへ

 

取り込む際に大雑把にカゴへ放り込んでしまっては、せっかくの衣服にシワをつけてしまうことに。

取り込む際は、畳みながらカゴへ入れて。これで余計なシワをつくらずに済みます。

 

 

 

 

同じ種類でまとめて取り込む

 

クローゼットにしまうなら、同じ種類をまとめて取り込んだほうが、あとが楽になります。

タオル類なら、小さいものから大きいもの。衣類なら、軽いものから重みのあるものへと取り込めば、重みで下の衣類のシワ伸ばしにもなります。

 

 

 

 

家族分を分けて取り込む

 

フリーランスや副業をしている人のなかには、パートナーや家族と暮らしている人もいるでしょう。

人数分のカゴを用意し、そこへ入れていけば、しまう作業への負担が軽くなります。

 

 

 

 

しまうときの時短

 

取り込んだ洗濯物は、収納場所へしまうという人がほとんどでは?

時短をさらに極めるなら、クローゼットにしまうもの、しまわなくていいものを分けてしまうのも一つの方法。

 

 

 

 

ハンガーラックを利用する

 

シワや折り目を付けたくない衣類なら、ハンガーラックの利用を検討してみて。

取り込んだ衣類をハンガーにかけたまま移してしまえるので、畳む手間が不要に。吊って収納するだけなので、折りジワも付かず綺麗に保管できます。

 

 

 

 

ワイヤーラックを利用する

 

使用頻度の高いものなら、いっそのことワイヤーラックを収納位置にすれば、畳んだものをポンと置くだけで済むので手間いらず。

たとえば、タオル。回転率が高いので、不衛生になることもありません。

 

 

 

 

最後に

 

フリーランスや副業をしている人にとって、仕事時間の確保は重要課題。とはいえ、毎日手抜き家事ばかりでは、後が大変です。

 

今回は洗濯に焦点を当ててご紹介しましたが、これらの方法は室外・室内、季節に関係なく使えるコツばかり。ぜひ活用していただき、存分に仕事に集中できる時間を確保してくださいね!

 

家事の時短【料理編】

 

 

Share on LinkedIn
Pocket