フリーランスが日々の仕事の中で上手にスキルアップする方法とは?

フリーランスが日々の仕事の中で上手にスキルアップする方法とは?
LinkedIn にシェア
Pocket

フリーランスには、一般的な会社にあるような研修制度はありません。そのため、仕事の質を向上していくためには、自分自身でスキル獲得をする努力をする必要があります。

 

しかし、日々仕事を収めることに必死で、スキル獲得のためにまとまった時間を作るのが困難だと感じる人も多いのではないかと思います。限られた時間の中で、自分に必要なスキルを認識し、スキルを向上していくためには、どのようにしていけばよいのでしょうか。

 

今回は、日々の仕事や生活の中で、上手にスキルアップの機会を作っていくためのヒントを紹介します。また、

【フリーランスのスキルアップ方法】仕事のレベルをグンと上げよう!

も合わせて読んでみてください。

 

 

 

 

スキルアップとは、自分を探求すること

 

スキルアップというと、専門学校やレッスンに通ったりすることを想像する人も多いのではないかと思います。

 

自分の獲得したいスキルをキーワードにネットで検索すれば、関連する講座やトレーニング機会は沢山ヒットします。資料や口コミを見ているととても魅力的に映りますが、所要時間や費用、アクセスなど考慮すべきことが多く、選ぶだけでもかなり労力がかかります。

 

そして何より、その講座があなたの仕事のレベルアップに本当に繋がるのでしょうか。今後の展望まで考えた上で、見極める必要があります。

 

 

フリーランスとしてのスキルアップを考えるとき、「学びの機会」から考えることは一度やめましょう。

 

着実なスキルアップをしていくために大切なのは、まずは自分自身を知り、探求していくことです。今の自分の強み・弱みと、自分が進みたい方向性を考えた上で、自分に合う方法を組み立てて行かなくては、本当の意味でのスキルアップは実現できません。日々の生活のルーティーンを少し変えるだけでスキルアップができるようなことも、たくさんあります。

 

そして、学びの機会さえも自分で自由に作っていくことができるのも、フリーランスならではの魅力なのです。

 

フリーランスが日々の仕事の中で上手にスキルアップする方法とは?-1_r

 

 

自己分析をしよう

 

気づきをメモするだけでも、スキルアップにつながる

 

まずは、自分自身を知ることから始めましょう。

 

自己分析ツールやさまざまなフレームワークなどが存在しますが、どんなツールにも共通していることは「自分自身に対する気づき」をアウトプットすることだと思います。まずは、日々の気づきをアウトプットすることで、自分の思考を再認識することから始めましょう。

 

例えば、こんなこと問いから始めてみてはいかがでしょうか。

 

・クライアントからフィードバックを受ける点はどんなポイント?
・指摘や修正が発生するポイントの共通点は?
・他の人と比べると、自分はどんなところが得意?
・1年後はどんな仕事をしていたい?

 

普段意識していることから、ふと浮かんだ些細なことまで、手帳やスマホにメモを取ってみましょう。気づいたことは頭の中だけに残すのではなく、気づいた時にきちんと書き残すことをお勧めします。少し面倒でも、気づきを何度も見返せるものとして残しておくことで、繰り返し思い出し、認識として強く残しておくことができるからです。常に自分の頭の中にホットトピックとして挙がることで、今後それを改善すべきか、改善するために必要なことは何かなどを考えていくことができます。

 

筆者の場合は、Evernoteを利用し、毎日気づいた瞬間に書き留めるようにしています。ライターとして仕事をする上で、他の記事を読んでいて取り入れたいと思った表現や、クライアントから修正が入ったポイント、執筆作業を段取る中で時間がかかってしまったポイントなど、小さなことから大きなものまで箇条書きにしておきます。(パソコンをよく使用する人であれば、Evernoteなどのスマホとパソコンで同期できるアプリはとても便利です。)最近書き溜めた気づきを頻繁に見返すことで、仕事をする際の意識はかなり変わるため、この習慣を続けるだけでもスキルアップ向上につながります。

 

 

 

 

フレームワークを利用した自己分析

 

前述で紹介した、気づきを書き溜める作業だけでもかなり自己分析の助けになりますが、自己の強み・弱みをより深く考えるために、分析フレームワークを利用するのも効果的な手段です。

 

一例として今回は、SWOT分析を紹介します。通常ビジネスで使用されるフレームワークですが、フリーランスの自己分析にも活用できますので、参考にして見てください。

 

 

 

<SWOT分析>

 

自分自身の目標を達成するために、内部環境・外部環境における「強み」「弱み」「機会」「脅威」を特定し、意思決定をするためのフレームワークです。

 

【強み】自分の得意なこと・活用できるスキル・ネットワーク・資源など
【弱み】自分の苦手なこと・他の競合と比べた上での欠点
【機会】自分に有利な機会となりそうな外部要因
【脅威】自分に不利な事態となりそうな外部要因

フリーランスが日々の仕事の中で上手にスキルアップする方法とは?-SWOT分析の表_r

今仕事で取り組んでいる内容を考えながら、上記の4項目に当てはまる内容を埋めてみましょう。その上で、今後どのようなリスクを回避すべきか、どのようなチャレンジを積極的にすべきかを考えて見ましょう。

 

 

 

 

毎日の生活の中でスキルアップしよう

 

自己分析をして、改善したいポイントが明確になってきたら、スキルアップの仕方を考えましょう。

 

筆者の場合は、先に紹介したEvernoteに書き溜めた気づきをまとめる機会を、2ヶ月に一度取るようにしています。書き溜めた内容を振り返ることで、自分自身の方向性や直近の計画を再考してみると、必然と今後獲得したいスキル、読みたい本、参加したいイベントなど思い浮かびます。

 

このような計画を立てていると勢いで大きな講座やレッスンなどに手を伸ばしがちですが、少し我慢をして、できる限り日常の中でできるスキル獲得の方法を考えるようにしています。

 

実際に身になるスキルを獲得していくためのコツが2点あります。

 

1つ目は、普段の生活のルーティーンに取り込む方法です。例えば、毎日移動をする際に関連する記事や本を通じて学習する、毎晩夕食後にアプリでの学習する時間を作るなど、生活のルーティーンに取り込んでいきます。計画した内容を必ず実行するために、アプリやパソコンのカレンダー上で「学びに使う時間」を予めブロックしておくと、習慣になりやすくなります。習慣をアップデートすると学ぶことは生活の一部となり、学習効果はグンと高まります。

 

2つ目に、学んだ内容を必ずアウトプットすることです。学んだことは、きちんと消化し、実際に使用しないとすぐに忘れてしまいます。すぐに仕事に活用ができない場合は、本で勉強した内容を要約してブログにアップしたり、イベントで学んだ内容を自分の言葉で友達に話してみたりすると良いでしょう。仲間を見つけて、読書会や勉強会の場を設け、スキルアップのモチベーションを高め合っていくのもおすすめです。

 

着実なスキルアップをしていくために、ぜひ上記の方法を試してみてください。

 

 

ここまで試してみても足りないと感じたら、講座やレクチャーなどを検討しましょう。このプロセスを経ていれば、自分に必要なものがどんな学びなのかは認識できているはずです。最初に比べて、講座は選びやすくなっていると思います。

 

 

LinkedIn にシェア
Pocket