働き方改革で政府が副業を推進!?副業を人生のプラスにしていく方法

働き方改革で政府が副業を推進!?副業を人生のプラスにしていく方法
Share on LinkedIn
Pocket

働き方改革で副業が注目されていて、副業に興味を持つ人も増えてきています。しかし、副業にはメリットばかりでなくデメリットもあります。デメリットが大きくなると副業のマイナス面により働くことが楽しくなくなってしまい、健康被害も発生してしまいます。

 

今回は、副業のメリットを生かしてデメリットを少なくし、副業をすることを人生のプラスにしていく方法を考えていきます。

 

 

働き方改革の副業の位置づけ

 

働き方改革では副業を推奨

 

平成29年3月、働き方改革の具体的な内容が「働き方改革実行計画(概要)」としてWebサイトに公開されました。働き方改革の計画概要やロードマップが掲載されています。

 

副業は、この中の第5章「柔軟な働き方がしやすい環境整備」で、「副業や兼業は、新たな技術の開発、オープンイノベーションや起業の手段、第2の人生の準備として有効」と記述され、推奨されています。

 

 

 

 

副業と長時間労働

 

働き方改革で副業との関係で気になるのが、労働時間です。働き方改革のロードマップの中には、「長時間労働の是正」という項目があります。

 

労働基準法では法定労働時間が決まっており、法定労働時間を超えた分には時間外手当が発生します。働き方改革でも、長時間労働にならないようなさまざまな提案をしています。しかし、働き方改革で労働時間を短縮した結果として、収入が減少し、減った収入を副業で補おうとするならば、副業で時間外手当のつかない労働時間が発生することになります。これは、働き方改革自体が問題なのではなく、長時間労働を減らすことのみを目的として企業の運営に反映させ、収入面を考慮しないことで発生するデメリットといえるでしょう。

 

働き方改革は、企業に強制的に適用されるものではなく、働く人の視点で企業文化、ライフスタイル、働き方を抜本的に変革させていこうとするものです。副業は、あくまで働く人が働きやすくなる方法のひとつとして考えられるべきものであるといえます。

 

 

 

 

副業のメリット

 

収入が確保できる

 

副業のメリットの大きなものとして、収入の確保ができることがあります。本業の会社の業績が悪くボーナスが少なかった場合や、今まで認められていた残業が認められなくなった場合にも、副業収入があれば、ある程度は安定した収入を確保することができます。本業の収入だけでは生活をするのに精一杯な場合でも、副業収入があることで自分の趣味などにお金を使うことができるという人もいます。

 

 

 

 

時間を有効利用できる

 

副業のメリットに、時間を有効利用してお金を稼ぐことができるというものがあります。本業の会社の仕事をしていない時間、休日を利用して趣味や外出をするのもよいかもしれませんが、中には、その時間を利用して稼ぎたいという人もいます。空いた時間を利用して稼ぎたい人にとっては、副業は有効に時間を使うことのできるひとつの方法です。

 

 

 

 

スキルアップができる

 

副業をしたい人の多くが、副業を自分のスキルアップのためのものとして位置付けています。会社側にとっても、研修費用をかけずに社員のスキルアップをすることができるメリットがあるといえます。副業をすることでスキルアップした結果が本業の仕事に反映されることで、本業の仕事にプラスアルファの効果が生まれます。

 

 

 

 

将来設計に役立つ

 

多くの会社は定年の制度があり、正社員である本業で稼ぐことのできる期間は限られています。今後、高齢化社会が進むことにより、老後の資金を自分で確保することも考えていかなければなりません。副業収入を得ることができるスキルを身につけることは、本業を定年退職したあとも仕事をすることができることにつながり、将来設計に役立ちます。

働き方改革で政府が副業を推進!?副業を人生のプラスにしていく方法-1_r

 

 

副業のデメリット

 

労働時間が長時間になる

 

副業をしていると、本業の正社員としての仕事のほかに、副業の仕事をする時間が必要になります。本業での労働時間が少なければ副業も負担にならないかもしれませんが、本業での労働時間に残業が発生したり出張があったりすると、副業をする時間を確保することが大変になります。

 

 

 

 

スケジュール管理や体調管理が大変になる

 

本業の仕事だけをしていれば、スケジュールも本業の仕事だけを考えていけばよく、体調管理をするときも本業での仕事の休日に休むことができます。しかし副業をしていると、スケジュール管理も体調管理も大変になります。本業と副業のどちらかで無理をしなければならないことがあると、もう一方の仕事にしわ寄せがきてしまうので、副業をするのであればスケジュール管理や体調管理は必須といえるでしょう。

 

 

 

 

情報漏えいリスクが高まる

 

本業のほかに副業をしている場合には、情報の漏えいリスクが高まるといえます。特に副業が本業と同じ業種場合、本業で得た情報を利用して、副業で自分の有利になるようにしようと考えてしまうこともあるでしょう。また、故意に情報を利用しようと思わなくても、本業と副業をすることで思わず情報をもらしてしまったり、ミスにより情報がもれてしまうこともあります。

 

 

 

 

副業をすることをプラスにするための方法

 

上記で説明したように、副業にはメリットもデメリットもあります。メリットをうまく生かし、デメリットを最小限にすることで、副業をすることを自分の人生のプラスアルファとしていくことができます。

 

 

 

 

スケジュール管理や体調管理の工夫をする

 

本業と副業の両方をこなすために、スケジュール管理や体調管理はしっかり行うようにします。スケジュール管理をするために、クラウド型のスケジュール管理ソフトを導入したり、必ず休みをとるというルールを設定したり、自分にあった方法で管理していきましょう。スケジュール管理と体調管理に失敗すると、本業と副業を同時に失うことになりかねませんので、この2つの管理をすることが本業と副業の両方をこなすことにつながるという思いで気合いをいれて管理していくことが大切です。

 

 

 

 

情報の取扱いに気をつける

 

本業と副業で得た情報やスキルは、本業と副業で生かすことで相乗効果が見込めます。しかし、仕事では他にもらしてはいけない個人情報、企業情報があり、取扱いを間違えると賠償責任にもなりかねません。本業と副業の双方における情報管理について規則や取り決めをしっかりと把握し、ルールを破らないようにすることが大切です。副業が自営業の場合にも、自分で情報の取扱いに関するルールを設定し、ルールに従って情報を取り扱うようにしましょう。

 

 

 

 

自分のスキルアップにつながる副業をする

 

本業、副業を問わず、どのような経験でも人生に生かしていくことができると思います。その中でも自分を向上させるために役立つと思うことにチャレンジしていくことで、自分の思い描く将来にむかうことができます。将来、やりたい仕事がある場合には、その仕事に関係した仕事を副業に選ぶとよいでしょう。

 

 

Share on LinkedIn
Pocket