フリーランスが仕事を探して受注するための基本とは?

フリーランスが仕事を探して受注するための基本とは?
Share on LinkedIn
Pocket

フリーランスとして仕事をするには、「営業」も自分でしていかなければなりません。フリーランスとして仕事をしようと思っていても、人とコミュニケーションをとることが苦手で営業活動に自信がない、と思っている方もいるかもしれません。ですが、フリーランスが営業活動をするのに特別な才能はいりません。

 

フリーランスとして仕事を探すにはどのような方法があるのでしょうか。営業方法や注意点をまとめましたので、お悩みの方はぜひ参考にしてください。

 

 

フリーランスが営業活動をするうえでの心得

 

営業活動が苦手という意識をなくす

 

フリーランスを目指している方は、組織にしばられることのない自由な働き方を求めている方が多いと思います。フリーランスは、組織にしばられず、時間を自由に使うことができる反面、本業以外のさまざまな仕事も自分でしなければなりません。「営業」もそのひとつです。

 

営業活動に苦手意識を持つ人も多いと思いますが、その理由として、人とのコミュニケーションに自信がないということがあげられます。このように感じている方の多くは、人とコミュニケーションをとるときに緊張しすぎていることが多いと言えます。

 

フリーランスとして仕事をしていくには、自分の得意分野を生かすことが基本です。自分ができること、得意なことのアピールであれば、それほど緊張せずに話せるのではないでしょうか。また、ある程度は話の方向性が決まっていると思いますので、心の準備も整えやすいと思います。

 

クライアントに「安心して仕事を発注できる」と思ってもらえるよう、落ち着いて話しましょう。

 

 

 

 

名刺・Webサイト・SNS・ブログなどを用意する

 

フリーランスとして営業活動をする前の準備として、名刺、自分のWebサイト、TwitterやFacebookなどのSNS、ブログなどを用意しましょう。

 

これらを用意していく中で、自分のアピールポイントが明確になっていきます。また、いざクライアントとメールや面談をするとなったとき、しっかりと自分をPRできる媒体があることで、自信を持ってコミュニケーションをとっていくことができます。

 

Webサイトで過去の実績などを示した自分のポートフォリオを提示できると、なおよいでしょう。

ポートフォリオについては
【フリーランスクリエイターの必須アイテム】ポートフォリオとは?
を読んでみてください。

 

 

 

 

新米フリーランスが仕事を受注するための基本

 

仕事を探す方法

 

新米フリーランスが仕事を探す方法としては、友人・知人などの人脈を利用する方法とクラウドソーシングサービスサイトを利用する方法があります。

 

フリーランスとしての仕事を始める前に会社に勤めていた場合には、会社勤めをしている間に作った人脈を頼ることもできます。また、同業者同士が集まるセミナーや異業種交流会などに積極的に参加して、人脈を作っていくのも良い方法です。

 

人脈がないという新米フリーランスの場合は、クラウドソーシングサービスサイトを利用することをおすすめします。クラウドソーシングサービスサイトでは、不特定多数に向けてさまざまな案件の求人が掲載されています。サイトに登録して、自分にあった案件を探してみると良いと思います。

 

 

 

 

仕事を受注するためのポイント

 

新米フリーランスの場合は、実績が少ないため、なかなか仕事を受注することができないかもしれません。独立したばかりのフリーランスと取引するよりも、実績のある人、会社と取引するほうが信頼できると感じるクライアントも少なくありません。

 

うまく仕事を受注できなくても、実績のない間は粘り強く営業活動を続けていくことが大切です。また、無理をして自分の実力に見合わない仕事を受注してしまうと、成果を出すことができず、信頼性を失うことになってしまいます。自分の得意分野を生かすことのできる仕事を受注できるまで、根気強く仕事を探すことがポイントです。自分の納得のいく単価の仕事を受注できなくても、実績ができるまでに必要な布石だと思って我慢することも必要です。

 

ある程度の実績ができるまでの間は、会社勤めやアルバイトをしながらフリーランスとしての仕事をすることもおすすめします。一定の安定した収入があると、金銭面、精神面ともに余裕をもって営業活動をすることができます。

フリーランスが仕事を探して受注するための基本とは?-1_r

 

 

実績のあるフリーランスが仕事を受注するための基本

 

仕事を探す方法

 

フリーランスとしてある程度の実績ができてきたら、その実績が営業活動をするための武器となります。

 

人脈を頼る方法でも、実績があることで新米フリーランスより信頼性が高くなりますので、仕事を受注しやすくなるでしょう。また、信頼できるフリーランスであれば、仕事を紹介される機会も増えてくると思います。

 

クラウドソーシングサービスサイトを利用する場合にも、多くのサイトは実績のある登録者を優遇するシステムを採用しています。多くの仕事をこなして高い評価を得ることができていれば、案件に応募したときに採用されやすくなります。

 

実績のあるフリーランスの場合は、このほかにも新規営業をかける方法も有効でしょう。フリーペーパーに広告を掲載したり、クラウドソーシングサービスサイト以外のサイトをチェックし、募集案件を見つけたら積極的に応募することで、新しい仕事を受注することができるようになります。

 

 

 

 

仕事を受注するためのポイント

 

実績のあるフリーランスの中には、すでに引き受けている案件が多くて営業活動に手がまわらないという方も多いのではないでしょうか。すでに引き受けている案件が安定した継続契約で、営業活動の必要がなければ問題はありません。ですが、多くの場合は一定期間で契約が終わってしまいます。フリーランスとして仕事を続けていく場合には、安定して仕事を受注していかなければなりません。

 

安定して仕事を受注するためには、本業のほかに営業活動にかける時間を作ることも大切です。スケジュール調整をして、一週間に一度、一日のうちに一時間、など自分にあったペースで営業活動をする時間を設けましょう。営業活動に時間をかけることで、その業界にどのような需要が増えてきているか、どのような仕事が求められているかなどの動向もわかります。

 

次に気をつけたいことが、クライアントとのコミュニケーションです。すでに引き受けている案件があると、クライアントとのコミュニケーションに使うことのできる時間も少なくなってきます。誠実で好印象なコミュニケーションを心がけ、新たな仕事を紹介してもらえるよう努力しましょう。

 

 

Share on LinkedIn
Pocket

イラストレーター
Taro
Taro
1989年生まれ。フリーのイラストレーター・フォトグラファー。 仕事と遊びの境目を果てしなく曖昧にすることが生涯の目標である。 趣味は歌(ラップ)・映画鑑賞・自然と戯れること。