【無職じゃなくてフリーと呼んで】#10 ”クリエイティブとはなんぞや”

2016/09/07

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#10 ”クリエイティブとはなんぞや”

私がライターを志した理由。
それはつまり、

mushoku-10-1_r

 

こんにちわ、スラムダンク世代のフリーライター、しもです。
好きな選手は福田吉兆。

 

 

しかし、クリエイティブとはなんでしょうか、安西先生。
クリエイティブとは、「創造的である」という意味の英語ですよね、安西先生。

 

 

ライターは、一般的にクリエイティブな職種として分類されるけど、創造的でない仕事もたくさんあります。

 

 

例えば、ウェブメディアで書くニュース記事がそのひとつ。
元ネタ(プレスリリース)があって、その内容をアレンジして独自の文章で発信します。

 

 

「独自の文章」=「元ネタをそのまま使わない」というのは当然のことですが、アレンジするだけではクリエイティブとはいえないし、そもそもそういうニュース記事にはクリエイティブよりもスピードが求められるのです。

 

 

アレンジの仕方は経験で身につくから、執筆はとても作業的。
1日に何本もニュース記事を書いていると、右脳を使わない単調な作業に、学生の頃に田舎でやったトマト収穫の夏休みバイトを思い出します。


mushoku-10-2_r

 

苦手だったな…トマト収穫。
幼馴染の2人が一心不乱に収穫する中、私は午前中に1時間ほど獲ったら、「お昼を食べるから」と帰宅して二度と戻らない…みたいな。安西先生。

 

 

しかし、そういうトマト収穫的な仕事が、採算度外視で頑張っちゃう本当にクリエイティブなライティングワークを支えてくれているのだ。

 

 

だから、安西先生。

 

mushoku-10-3_r

 

 

ライター
しも
しも
1984年生まれ。フリーライター。 信州安曇野出身・東京多摩地区在住。 レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。 一児の父。年のわりにしっかりしてない。
イラストレーター
城島
城島
今年から絵を描き始めました!可愛い女の子を描くのが夢です。バンド、作詞作曲、ラジオ何でもやりますぞ。『やる気のない女子』をツイッターでやってます!みてね。