仕事を依頼しやすいフリーランスの人の特徴

2016/09/09

仕事を依頼しやすいフリーランスの人の特徴

まずは信頼構築をしよう!

フリーランスとして安定して生活をするためには、仕事を依頼しやすいと思われる人間になることが大切です。どれだけ優れたスキルを持っていたとしても、この人には任せられないと思われてしまってはおしまいです。

そこで、信頼されるフリーランスというのはどのような人かというと、まず第一に依頼されたものはきっちりと期限までに仕上げるということになります。

 

これはフリーとして生きていくには絶対条件であり、納期を守れない人というのは簡単に信頼を失ってしまいますから納期を守る、納品までが早いというのはこの人に仕事をお願いしようと思ってもらいやすいタイプとなります。

 

仕事をもらいやすくするためには?

クオリティが高いというのも当然重要な事になり、同じ案件を依頼するのであれば品質の高い方を優先しますから高品質な仕事ができる人はそれだけで、継続して案件を回してもらいやすいものとなります。

 

 

報連相ができるというのも重要な事であり、フリーランスというのは一般的に組織に属して働くのを嫌って自由な仕事がしたいとこの働き方を選ぶ人も多いため、一般社会で最も重要とされる報連相がいい加減だという人も少なくありません。

 

どれだけ早くそして品質が高くても、進捗状況などの連絡が一切なければお願いした方としては不安になってしまうため報連相がしっかりしている人というのは、任せやすいものとなっています。

 

コストが安いというのも依頼する側としては魅力的なものであり、安くて早ければそれだけで案件が増えることもあります。

ただし、そのためだけに安い案件を引き受けるのは必ずしも良いとはいえず、安い案件は引き受けずに高単価の案件だけ引き受けていたほうが結果的には効率が良いということもあるので、ダンピングをするようなやり方というのはできるだけ避けたほうが良いとも言えます。

 

その一方でクオリティよりも安さや速さを重視される案件であれば、それなりの内容で良いわけですから品質を問われないもののみ単価が安くても引き受ける姿勢を見せておくと案件が少ない時に少しでも稼ぐことができるものです。
フリーランスと言っても大事なことは信頼であり、信頼がなければ相手も警戒をして頼みにくいものです。

 

そのため、できるだけ多くの仕事が欲しいと思うのであれば信頼できる人間になることが重要であり、納期は必ず守る報連相をしっかりする、クオリティはできるだけ高める、内容によっては低コストで依頼を引き受けるといった部分を気をつけてみると良いでしょう。