フリーランスの営業マンが成功するための服装の選び方のまとめ

2016/08/15

フリーランスの営業マンが成功するための服装の選び方のまとめ

 

フリーランスの営業マンを目指そうとしている方もおられるかもしれません。

 

 

その理由はどんなところにあるのでしょうか。

 

 

もしかしたら、フリーランスなら上司に命令されることなく自分で自由に仕事ができる、理想の仕事ができるというものかもしれません。

 

 

確かに、フリーランスは一人で仕事を行うので、上司に命令されることはありません。

 

 

また努力次第では、本当に理想の仕事ができるようになるかもしれません。

 

それは間違いありませんが、しかし、そこに至るまでの道のりは決して平坦ではありません。

 

例えば、服装一つとってもフリーランスの営業はかなり気を使って選ばなければなりません。

 

 

 

自分をブランディングする

とりあえずスーツを着ればいいやとか、そんな軽いノリでは通用しません。

 

 

むしろそんな程度の心構えでは、成功するものも成功しないでしょう。

 

 

なぜそういえるかというと、フリーランサーには後ろ盾となる組織がないからです。

 

 

会社の社員として営業に出ていくときは会社の名前を背負っているので、

 

 

お客さんに名刺を差し出せば、そこに書いてある会社の名前を信用するという形で自分のことも信用してくれるかもしれませんが、

 

 

フリーランサーの場合はそういうわけにはいきません。

 

 

フリーランサーは自分自身が会社のような存在なので、本人が信頼されなければ仕事を任せてもらうことはできません。

 

だからこそ、フリーランスの営業マンは服装にも神経を費やさなければならないのです。

 

 

実際に営業で着用する服の選び方は、職種によって異なるでしょう。

 

仕事によってはラフな格好が良い場合もありますし、

 

オーソドックスにスーツを着たほうがいい場合もありますし、

 

その中間ぐらいの服装をしたほうがいい場合もあります。

 

 

 

 

 

服装で信用が決まる

ただ、どんな服を着るにしても、絶対に覚えておかなければならないことがあります。

 

それは、あなたが着ている服一つで、信用されるかどうかが決まる可能性があるということです。

 

 

しつこいようですが、フリーランサーの場合は自分自身が会社であり、広告塔なので、

 

その広告塔の見栄えが悪かったら、相手は信用してくれません。

 

スーツだろうとラフな服装だろうと、お客さんから信用していただけるもの、

 

また説得力のあるものを着用するようにしなければなりません。

 

服を選ぶときはそのことを念頭に置きながら選ぶようにしてください。

 

 

決して、自分のセンスに任せて自分が着たい物を着るようなことがないようにしましょう。

 

簡単にいえば、フリーランサーにとっては服装も仕事の道具になるのです。