フリーランスは健康第一!今すぐ始められる健康管理のポイント8つ

フリーランスは健康第一!今すぐ始められる健康管理のポイント8つ
Pocket

フリーランスとして働いている人にとって、一番重要なことと言っても過言ではない「健康」。風邪をひいたり病気をしても、会社員のように有給休暇を取ることもできないので、その分収入が減ってしまいます。そもそも休むということが無理な場合もありますよね。

 

大きく健康を損なう前に、日々実行できる健康管理から始めてみませんか?

 

 

 

 

1.朝日を浴びる

 

フリーランスで仕事をしていると、毎朝同じ時間に同じ場所に行く必要がない場合が多いので、昼夜が逆転してしまうこともしばしばあるかと思います。実際のところ、自分の仕事がはかどる時間に仕事をするのが良いとは思いますが、朝きちんと起きて朝日を浴びることは様々な良い効果をもたらしてくれるようです。

 

朝日を浴びると、別名「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンが分泌されます。このセロトニンですが、怒りや悲しみなどの感情を抑制してくれる効果があり、適度にリラックスした状態にしてくれます。最近怒りっぽくなった、イライラしたり気分が上がらないという人は、このセロトニンの助けを借りると良いかもしれません。

 

また、セロトニンは痛みの伝達を抑制する働きもあるので、痛みを和らげたり、運動神経を刺激する働きから姿勢が良くなるなど、様々な効果があります。

 

セロトニンは夜になると睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」に変わります。セロトニンがしっかり分泌されていれば、その分メラトニンの分泌もスムーズになり、よく眠れます。昼夜逆転した生活を元に戻したいということであれば、まず朝日を浴びてセロトニンを増やすことから始めてみると良いですね。

フリーランスは健康第一!今すぐ始められる健康管理のポイント8つ-1_r

 

 

2.適度な運動

 

運動は思った以上に健康を維持するためには重要な要素です。有酸素運動を週に150分以上行うと、早期死亡リスクを低下させることができると言われるほどです。他にも様々な病気の予防になることはもちろん、精神面でも安定し、気になる体重の管理にも役立ちます。

 

汗をかくとスッキリして頭も冴えるので、定期的に運動することが仕事の能率アップにもつながるでしょう。

 

 

 

 

3.同じ姿勢を長時間保たない

 

パソコンを使ってデスクワークをするフリーランスの人は多いと思いますが、座ったまま何時間も続けて作業をするのは危険です。オーストラリアで行われた調査によると、座っている時間が1日4時間未満の人たちと比較して、11時間以上だった人たちは、40%も死亡するリスクが高まっていたのです。

 

理由は座り続けることによって、筋肉が衰え代謝機能が落ち、全身の血流が悪化して、血液がドロドロになることにあります。そうして様々な病気の要因を作り出してしまうというわけです。

 

改善策としては、30分に1回は立って動くということ。また、最近では立ったまま仕事ができるスペースを取り入れた空間も増えていますよね。フリーランスならなおさら自由がきくと思うので、座りっぱなし改善に動きを取り入れながら仕事をしてみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

4.栄養のある食事を心がける

 

仕事が忙しく、さらに一人暮らしだと、どうしても食生活が乱れてしまうという人も多いのではないでしょうか。外食やコンビニ弁当の生活が続くと、栄養が偏ったり、大量の食品添加物の摂取などにより不調に陥ることも。

 

食べるものは自分の体を作るものなので、おろそかにすると相応の影響があると考えた方がよいでしょう。全てを変えるのは難しいので、週に1〜2回は自炊して普段足りていない食材を摂取する、お昼はコンビニで買うよりバランスが整っている定食屋に行ってみるなど、ちょっとした心がけを忘れないようにしてみましょう。

フリーランスは健康第一!今すぐ始められる健康管理のポイント8つ-2__r

 

 

5.睡眠時間を確保する

 

どんな薬や健康法よりも一番効果がある、もしくは他にどんな良い方法を実行しても、これが確保できていなければ健康になれない、その正体こそ「睡眠」ではないでしょうか。それだけ睡眠は人間や生物にとって必要な行為です。睡眠時間が短くなると頭が働かないと感じる人も多いはず。イライラしたり怒りやすくなったり、気分が滅入ったりするのも睡眠時間が短いことと無関係ではないようです。

 

理想的な睡眠時間は7〜8時間と言われることが多いと思いますが、人によって異なるようです。自分がスッキリと朝目覚められる程度の睡眠が最適な時間と考えて良いでしょう。6時間睡眠で仕事中に眠くなったり、頭が働かないと感じたりしているのなら1時間寝る時間を増やしてみるなど、自分の最適な睡眠時間を探ってみるのも良いかもしれません。

 

忙しい人にとっては、その1時間を睡眠にあてることが難しいという声が聞こえてきそうですが、体調が良くなって頭が冴えれば結果的に仕事もはかどって長時間働く必要もなくなってきます。健康や美容の面からも、仕事の効率という面からも、睡眠に時間を今より多く配分することは決して損にはならないのです。

 

 

 

 

6.目の疲れや肩こりをケア

 

パソコンを使って仕事をしている人であれば、目の疲れと肩こりは悩みのタネのひとつではないでしょうか。職業病だからと放っておくと肩が回らなくなったり、目からくる疲れで頭痛が始まったりと侮れない状況に陥ることも。

 

目の疲れに関しては、パソコンをするときは必ずブルーライトカットのメガネをすることなど、ちょっとしたことでも疲れ具合が変わってきます。目のマッサージをしたり、休んでいるときにホットタオルを目の上に当ててみるなど、日常的にできることを実行してみるのがおすすめです。

 

目の疲れが緩和してくると、肩こりも多少は良くなってくると思いますが、長時間同じ姿勢でいることによって起こる肩こりはなかなか頑固ですよね。お風呂できちんと温まること、肩の筋肉を動かす運動をすることによって血行を促進して滞っている血液を流し、固まった筋肉をほぐしてあげるのもおすすめです。

 

それでも治らないようなら、マッサージや整骨院、カロプラクティックなどのプロにメンテナンスをしてもらいましょう。腕の良い人に施術してもらうと一発で良くなるということもありますからね。

フリーランスは健康第一!今すぐ始められる健康管理のポイント8つ-3__r

 

 

7.休みを意識的に取る

 

フリーランスで仕事をしていると、オンとオフの境目が曖昧になってしまうという人も多いようです。それはそれで幸せなことでもあったりするのですが、やはり体は休ませてあげる必要があります。半日でも良いので、仕事をせずに体と心がリラックスできる時間を意識して取ることを心がけてみましょう。

 

 

 

 

8.定期的に健康診断を受ける

 

自分の体調の変化に気づく人もいれば鈍感と言われるほど気づかない人もいるようです。そんな人は定期的に健康診断を受けて今の自分の体調をチェックしてみるのも良いかもしれません。実は自分が認識していないだけで、体のどこかに異変が見つかる可能性も否定できません。自分は健康だと思っている人ほど、こういった機会を設けてみると良いかもしれませんね。

 

 

 

 

Pocket