【フリーランスは年始の挨拶も大切】年賀メールも立派な営業ツール?

【フリーランスは年始の挨拶も大切】年賀メールも立派な営業ツール?
Pocket

年始の挨拶といえば年賀状ですが、その用意やコスト、出す相手によっては、年賀メールのほうが良いこともあります。

 

今回は、フリーランスにとって年賀メールを効果的な営業ツールにしつつ、年賀メールを送る際の注意点についてご紹介します。

 

年賀状を送る方にとっても、知っておくと良い話についても触れていますので、ぜひ目を通してみてくださいね。

 

 

 

 

取引先へ送る年賀メールはアリ?ナシ?

 

対面営業が多いフリーランスの場合は、年賀メールよりも年賀状の方が相手の印象も良いでしょう。定期的に取引がある顧客相手なら年賀状で対応するほうが良いですが、顧客との取引状況によっては、年賀メールの方が良い場合があります。

 

不定期で取引の少ない顧客に対してなら、年賀状を送るよりも年賀メールのほうが相手からのレスポンスを受けやすいというメリットがあります。

 

WEB上での取引しかない顧客やメールで仕事を受注することが多いフリーランスの場合は、年賀メールで年始の挨拶をするほうが、次の仕事に繋がりやすくなります。

 

年賀メールを送ると、たいてい返礼として返信が来ます。その流れで、仕事をくださいと伝えることも出来ますし、逆に「〇〇の仕事があるけど、どうですか?」といった具合に発展することも少なくありません。

 

対面やお互いに本名と住所を知っている相手であれば、年賀状を。

不定期で取引が少なめの顧客や、メールで仕事を発注してくれる顧客、WEB取引のみの顧客に対しては、年賀メールを。

顧客との関係性によって使い分けてみるのも良いでしょう。

 

フリーランスが取引先へ送る年賀状については、
【フリーランスは年始の挨拶も大切】年賀状は営業ツールになる!?
に詳しく掲載していますので、ぜひ参考になさってください。

 

 

 

 

取引先へ送る年賀メールはどこまで出せばいい?

 

年賀メールを送る範囲についても、どこまで出せばいいのだろうかと悩むこともあるかもしれません。

 

基本的には、全ての顧客に送ることをおススメします。それには、取引が既に終了してしまっている顧客も含みます。

 

取引が終了している顧客の場合、年賀状を出すよりも相手からのレスポンスが受けやすくなります。

年賀状だと、相手側から年賀状が返って来てからのアクションになるため、対応が後手に回ることがあります。しかし、年賀メールだと、相手から返礼があれば即座に対応できるので、次のアクションに繋げることが容易です。

 

一度関係が切れてしまった相手と再度関係を作り直すには、少しでも早く動けるに越したことはありません。

年賀メールなら、それが可能になります。

 

年賀状を出す場合は、年賀状を送る相手へ年末までにお礼のメールを送っておきましょう。

お礼メールには、次の点を内容に含んでおくと、年明けからの仕事を切らさずに済むでしょう。

 

・年末年始の休業期間について
・休業期間中のメール対応について
・休業期間中の追加案件等の対応について
・現在受注中の案件の進捗状況について
・現在発注予定の案件についての確認

 

年が明けたら顧客(担当者)の年始営業日に合わせて、現状報告を兼ねた簡単な年始の挨拶メールを送っておきましょう。

年賀状を送っていても、年始営業すぐの段階では、まだ担当者のところに年賀状が届いていないことも考えられます。長々とした挨拶でなくて良いので、「謹んで新年のお慶びを申し上げます。本年も宜しくお願い申し上げます」程度の簡単な挨拶で十分です。

 

年末年始は何かと事務的な作業が増えますから、タスク管理しながら、漏れがないようにしたいところです。

 

 

 

 

取引先への年賀メールは元旦に出すの?

 

年始の挨拶を年賀メールだけで済ませる場合は、元旦にメールが届くように予め用意をしておきましょう。

 

取引先によっては、年末年始に関係なく業務を行っているところもあります。また、企業自体は休業期間中でも、担当者が業務を行っているかもしれません。

ですから、リマインダー機能を利用するなどして、元旦に年賀メールが届くように準備をしておきましょう。

 

リマインダー機能は、下書きをして送信日時を設定しておけば、設定した日時で自動送信してくれるという大変便利な機能です。予め下書きを用意できることから宛先間違いや誤字脱字の防止になりますので、フリーランスの皆さんは、ぜひリマインダー機能を活用するようにしましょう。

 

リマインダー機能はメールソフトごとに設定が異なります。失敗しないようにテストメールを何度か送り、ちゃんと届くことを確認して、当日を迎えられるようにしておくと安心です。

【フリーランスは年始の挨拶も大切】年賀メールも立派な営業ツール?-1_r

 

 

年賀メールの送信でCCやBCCの取り扱いには要注意

 

年賀メールを送る時、たくさんある顧客に一件一件送るのは面倒だからと、宛先に顧客全員のメールアドレスを入れて一斉送信をしたくなることもあるでしょう。しかし、CCやBCCを使う際は、十分に注意が必要です。

 

同一企業で担当者が違うだけであれば、CCやBCCを使ってもそれほど問題はないでしょう。

 

しかし、全く異なる企業の顧客であるならば、メールアドレス漏洩の原因になりかねません。

メールアドレスが他社に漏れることによって、相手企業のセキュリティ事項に抵触する可能性もあります。また、それが原因で取引が中止になってしまう可能性も否めません。

 

面倒であっても一斉送信は、お互いにメールアドレスを確実に知っているグループのみに留め、顧客同士の関係性がわからない取引先へは使わないほうが賢明です。

 

 

 

 

取引先への年賀メールはメッセージだけで大丈夫?

 

年賀状であれば他のワーカーとの差をつけるために、オリジナリティあるデザインで送るほうがいいのですが、年賀メールではその必要はありません。

 

というのも、メールは取引先の担当者へダイレクトに連絡できるツールです。わざわざ他のフリーランサーと差別化をはかる必要性がないのです。

 

また、デザインを付けて送るとなると、ファイルサイズも大きくなります。

年末年始は、普段以上に多方面からメールが届く時期ですから、顧客のサーバーに負荷がかかりやすくなっています。そこへわざわざ容量の大きいファイルを送付するのは、相手にとって迷惑になります。

 

ですから、メール内容は、簡単な年始の挨拶と年始の営業に対するお知らせ程度で構いません。

 

年始の挨拶については、年賀状の年始の挨拶の文言と同じで大丈夫です。
【フリーランスは年始の挨拶も大切】年賀状は営業ツールになる!?
を参考になさってください。

 

営業のお知らせでは、営業開始の日時を伝えつつ、現在受注中の案件があれば進捗具合を伝えておくと、相手もそのメールを見るだけで、現況把握ができるでしょう。それによっては、次の案件の案内が返礼に合わせて来ることもあるでしょうし、なければ返礼に対する返信のタイミングで、こちらから問い合わせやすくなります。

 

 

 

 

取引のなくなった相手から年賀メールが!このときの対応は?

 

こちらから全く年始の挨拶をする予定でなかった相手から年賀メールが届くこともあるでしょう。

そうしたときには、速やかに返礼メールを送りましょう。

 

この場合、年始の挨拶をするまえに「ご挨拶が遅れ、申し訳ございません。」と詫びることを忘れずに。あまり良い関係でなかった相手からであったとしても、こちらの品位を落とすことのないような対応を心掛けてください。

 

フリーランスは、評判がそのまま受注へ繋がります。

たかが年賀メールですが、その対応一つでフリーランスとしてのあなたの品位が図られてしまう大切なツールです。

 

返礼するときも、松の内のあいだは年始の挨拶文を使います。松の内を過ぎれば、寒中見舞いとして挨拶文を変更するようにしましょう。

【フリーランスは年始の挨拶も大切】年賀メールも立派な営業ツール?-2_r

 

 

フリーランスにとって、年賀メールが営業に役立つツールであることがおわかりいただけたのではないでしょうか?

 

年賀状よりも気軽に「仕事ありませんか?」と尋ねやすいのも年賀メールのメリットの一つです。

年賀メールは相手からのレスポンスをより早く受け取れるので、フリーランスが安定収入を得るためにも、ぜひ年賀メールを活用することをおススメします。

 

 

Pocket