フリーランスのメイクアップアーティストを目指そう!

フリーランスのメイクアップアーティストを目指そう!
Pocket

メイクが好きで、フリーランスのメイクアップアーティストを目指そうと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

フリーランスとして仕事をするということは、自分で営業をして自分の力で仕事をしていくということです。腕一本でフリーランスのメイクアップアーティストとして活躍して、知名度があがっていくという仕事のスタイルはステキですよね。

 

今回は、フリーランスのメイクアップアーティストを目指すにはどのような方法があるのかをまとめました。

 

 

 

 

1.メイクアップアーティストになるには

 

フリーランスのメイクアップアーティストになるには、まず、メイクアップアーティストとしての実力をつけていかなければなりません。メイクアップアーティストになるためにはどのような方法があるのかを考えてみます。

 

メイクアップアーティストになるには、美容系の専門学校に入学して、ヘアセットやメイクアップの基本を身につけて、プロダクション・サロンなどに就職するという方法があります。美容師の国家試験を取得する方もいます。

 

メイクアップアーティストは、プロダクションやサロンに所属するほかにも、美容系の企業でも需要があります。いずれにしても、クライアントの意向や企画のコンセプトにあわせて、モデルやタレントをメイクしていく仕事で、メイクアップの総合的な技術が必要になります。

 

クライアントやモデルとコミュニュケーションをとりながらメイクをしていくために、コミュニュケーション能力も必要になります。

 

さまざまなジャンルや現場を経験することで、高い技術やメイクアップアーティストとしての実力がついていくようになります。人脈も広がるので、フリーランスのメイクアップアーティストとして仕事をしていける基礎ができあがっていきます。

 

 

 

 

2.フリーランスのメイクアップアーティストの仕事とは

 

メイクアップアーティストは、テレビや映画、雑誌、ファッションショー、結婚式場や美容室などで、芸能人や一般のお客様に対してメイクアップを行います。ヘアセットもあわせて行う仕事が多く、ドレスの着付けやアクセサリーの選択など総合的な仕事をする場合もあります。

 

フリーランスのメイクアップアーティストは、クライアントに依頼された案件にしたがって撮影現場などに出向き、メイクアップの仕事を行います。知名度の高いメイクアップアーティストになると、タレントやプロダクションから直接指名をされることもあります。そのほかにも、テレビ局やデザイナーと契約を結んでいる人もいます。

 

フリーランスのメイクアップアーティストは、案件ごとの仕事を引き受けるほかにも、サロンを開いてそこでメイクアップの仕事をしたり、メイクアップ講座を開いたり、自分でメディアに出演したり、本を出版することで仕事を得ている人もいます。メイクアップにかかわるさまざまな分野で活躍できるところが、フリーランスのメイクアップアーティストのメリットです。

 

 

 

 

3.フリーランスのメイクアップアーティストに必要なもの

 

フリーランスのメイクアップアーティストして成功するためには、どのような知識や経験をつけていけばよいのでしょうか。

 

まず第1に、メイクアップアーティストとしての技術がなければ仕事になりません。特に現場に出向いて仕事をする場合には、決められた時間内にクライアントの希望するメイクを完成しなければなりません。高い技術で素早く仕事をする能力が必要といえます。

 

第2に、コミュニュケーション能力が必要になります。メイクアップアーティストは1人で仕事をするわけではなく、さまざまな人とかかわりながら仕事をしていきます。他のスタッフと協力しあい、モデルやお客様ともコミュニュケーションをとりながら仕事をしていきます。コミュニュケーション能力が高いメイクアップアーティストにメイクをしてもらうことで、モデルやお客様の表情も生き生きとしてきますので、コミュケーションをとっていくことも仕事の一環なのです。

 

第3に、メイクアップアーティストしての向上心が必要になります。常に新しい情報や技術をとりいれていかなければ、ほかのメイクアップアーティストに負けてしまいます。直接メイクアップにかかわる技術や情報をとりいれる以外にも、モデルやお客様とコミュニュケーションをとるときの話題を仕入れることや、自分の創造力を高める読書、旅行などもメイクアップアーティストとしての経験になっていきます。

 

第4に、事務処理能力が必要になってきます。フリーランスのメイクアップアーティストは、営業、メイクアップアーティストとしての本業以外にも、さまざまな事務作業も自分でこなさなければなりません。特に契約関係や経理・税務関係の事務手手続きは必須になりますので、それらの知識や作業を苦手と思うことなくこなしていったり、必要なときには専門家に依頼するなどの工夫をしていく能力が必要になります。

フリーランスのメイクアップアーティストを目指そう!-1_r

4.メイクアップアーティストの資格

 

メイクアップアーティストは、特別な資格がなくても仕事をすることができます。しかし、フリーランスで活躍していくとなると、知名度があがってしまえば仕事が舞い込んでくるかもしれませんが、最初は名刺やプロフィールに書くことのできる資格があると、営業もしやすいのではないでしょうか。

 

 

メイクアップアーティストに関係する代表的な資格をご紹介いたします。

 

(1)JMAの検定試験

一般社団法人 JMA の検定試験には、「日本メイクアップ技術検定試験」「セルフメイク検定試験」「メイクアップアドバイザー検定試験」の3つがあります。

 

(2)IBF国際メイクアップアーティスト認定試験

一般社団法人 IBF国際美容連盟 の認定資格です。「IBFが指定する各スクール所定のカリキュラムを修了し、修了証書を有している者」が受けることのできる試験です。

 

(3)美容師免許

メイクアップアーティストは、ヘアセットも行う仕事が多くあります。このため、美容師免許を取得していると仕事をしやすいといえます。また、美容師からメイクアップアーティストになって活躍している方もいます。

 

 

 

 

5.フリーランスのメイクアップアーティストに向いている人とは

 

メイクアップアーティストに向いている人の第一条件は、メイクが好きで、メイクの仕事に興味を持っている人です。

 

しかし、フリーランスとして独立してメイクアップアーティストの仕事をしていくとなると、メイクが好きな気持ちだけでなく、仕事をしながらメイクの技術を向上させていきたい、という強い気持ちが必要になります。

 

さらに、人と話すことが好きで営業をすることに抵抗がなく、事務作業も苦痛に思うことなくこなすことができるといった条件も必要ですし、何より、自分の力でメイクアップの世界で生き抜いていくという独立心が大切になります。

 

メイクアップの仕事は、メディアに出演するタレントやモデルと比べると脚光をあびにくい裏方の仕事ではありますが、自分のメイクアップ技術でタレントやモデルが輝くという充実感が得られるやりがいのある仕事です。フリーランスのメイクアップアーティストを目指したいという方は、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

Pocket