フリーランスのデザイナーが抱えがちな悩みとその対処法のまとめ

2016/07/15

フリーランスのデザイナーが抱えがちな悩みとその対処法のまとめ

時間が解決!?

フリーランスのデザイナーが抱えがちな悩みとして、アイデアの行き詰まりがあります。今は多くのデザインが紹介されていて、どれがいいのかと悩んでしまうことは、誰でもあることです。

 

デザインというものは考えれば考えるほど難しくて奥が深いものとなっています。ですから、どこまでがいいものなのか、何が求められているのかというのは、デザインを考えている時では分からないわけです。

 

ほとんどのケースでは、万人に認められるようになってから、良かったと分かるといったことになるでしょう。ある程度のレベルとなれば、いくつも案が出てくるでしょうし、どれがどういいのかというのはなかなか判断が出来ないことです。

 

こうした時には、時間を置くというのも一つの方法です。しばらくたって冷静になって考えてみると最適なものが見えてくるということがよくあります。

 

誰かに聞いてみよう!

自分では判断が出来ないようなケースでは人に聞いてみるというのも一つの方法です。

 

この「人に聞く」というのはかなり効果があります。聞く相手はデザインに習熟した人でもいいですし、そうでない人でもOKです。

 

デザインを習熟した人であれば、専門的なことも含めて意見を参考にすることが出来ますし、習熟していない人でも人に説明をすることによって自分の考えをまとめることが出来るようになります。つまり、頭の中を整理することが出来るようになるわけです。

 

これは、デザイン以外の事でもよく使われる方法です。他人に説明をすることで自分の頭の中をまとめてはっきりとさせることが出来ます。他人に説明するためには、誰しもわかりやすいように話をまとめていきます。これがとてもいいわけです。

 

他人の意見も参考にすることが出来ますが、自分の頭の中でいろいろなものが整理されたことで、何がよくて何が良くないかなどがはっきりと分かってくることがあります。

 

その中で重要度の高いものを優先していくことで自分が求めているデザインというものが見えてくることになります。

 

フリーランスのデザイナーは一人で仕事をしていることも多いでしょうから、この「他人に聞く」ということをあまりしていません。それによって悩んだりすることはかなりあります。

 

この「人に聞く」というのは心理的にもいいことです。ちょっとした気分転換ともなりますから、悩むことがあった時には誰でもいいので、人に話してリフレッシュするとともに頭の中を整理するようにするといいでしょう。