フリーランスが売上アップのためにできること【ライター編】

フリーランスが売上アップのためにできること【ライター編】
Pocket

在宅で誰でもできるフリーランスの仕事として最近多くなってきているのが、ライターの仕事です。ライターの中でも需要が多いのがWebライターの仕事で、インターネット上の記事を書くことで収入を得ている方が増えてきました。これから在宅でできる仕事としてライターをはじめたいと思う方や、実際にライターで活躍されている方もたくさんいると思います。

 

フリーランスのライターで多い悩みが、なかなか稼ぐことができないということではないでしょうか。今回は、そんな悩みを少しでも減らせるよう、フリーランスライターが稼ぐ方法について考えてみたいと思います。

 

 

 

 

1.フリーランスのライターの現実

 

最近、クラウドソーシングサービスが発展し、中でも人気となっているのがWEBライターという仕事です。誰でもできる仕事として、文章をインターネット上の記事に掲載することで収入を得られます。

 

フリーランスのライターは、実際に稼ぐことができるのでしょうか。

 

現実には多くのライターがわずかな報酬しか得られず、なかなか生活できるレベルの収入とならない人が多くなってきています。

 

その理由は、まず第一にクラウドソーシングサービスで募集されている案件の報酬単価の低さにあります。次に、ライターの文章レベルの低さや仕事の方法についてあげられます。

 

ライターの仕事の需要は多いので決して専業で稼げない仕事ではないのですが、誰でもできる仕事というイメージから、報酬単価の低さとライター全体を平均した文章レベルの低さが問題となっています。コピー記事問題が発生することも、そういった背景があると考えられます。

 

稼げるライターになるには、まず自分のスキルをあげ仕事をちゃんとこなせるようになり、徐々に高単価の仕事にシフトしていく必要があります。

 

 

 

 

2.ライターとして高単価を稼げる文章

 

(1)文章能力

 

ライターとして活躍するためには、まず良い文章が書けることが大前提です。実際に、インターネットでの記事などを読むと、文章として成りたっていない記事が多くみられます。

 

良い文章を書くためには、ライター講座を利用して文章能力を養うという方法のほか、たくさんの本を読むという方法があります。

 

例えば、ピアノ演奏家は小さいころからピアノレッスンを受けている人が多いと思います。ライターも同じで、誰でもできるとはいえ、多くの本を日常的に読んで自分でも文章を書いている人のほうが、ライターとしての文章能力が高いといえます。

 

できれば、インターネットで配信されている記事より、本になっている作家のきちんとした文章を読むほうが文章の勉強に役立ちますし、文章を書く感性も養われます。インターネットのブログや記事の中にも良い文章はたくさんありますが、中には文章として成り立っていないものもたくさんあります。そのような文章が良い文章かどうか判断できる能力も、たくさんの良い本を読むことで養われていきます。

 

 

 

(2)人に伝えたい気持ちを大切にする

 

ライターの仕事の多くは、自由に文章を書くわけではなく、決められた内容のものを記事にします。とはいっても、読者に役立つ記事を書きたい、正しい情報を伝えていきたいといった気持ちがなければ、ライターとしての文章を書くことは難しいでしょう。

 

人によって自由に文章を書くことが得意な人もいれば、決められた内容で記事を書くことが得意な人もいます。どちらの場合もまずは読者を意識して、自分がライターとして何を伝えたいかを考えながら文章を作成することが、良い記事を書いていくコツです。

 

決められた内容といっても、多くの情報から記事として書いていく情報を選択し、それをわかりやすく読者に伝えなければなりません。闇雲に情報を書いていくだけが記事ではないのです。この記事を読む人は、どんなことが知りたくて読んでいるか、を考えることが大切になります。

 

 

 

(3)コンテンツの重要性

 

読者を意識した文章は、文章がきちんとしているかどうかのほかに、コンテンツを重視した文章になっています。

 

記事の読者は、まずはざっと記事にどのようなことが書かれているのかを見ます。そこに、自分の求める情報があると思ったら、それからゆっくりと記事を読み始めます。

 

自分でコンテンツ作成もできるライターになりたいのであれば、どのようなサイトが検索エンジンの上位にくるのか、SEO対策とはどのようなものかも学ぶ必要があるでしょう。

フリーランスが売上アップのためにできること【ライター編】-1_r

3.報酬単価をあげる

 

クライアントの中には、安い単価で記事を作成できるだけでよく、文章の質を求めていないクライアントも多く存在します。そのようなクライアントの場合の多くは、報酬単価が低くなっています。インターネット上には多くの記事があふれていますので、質の悪い記事を掲載しているサイトは徐々に淘汰されていくと思われます。

 

自分の文章能力があると思った場合には、あまりにも安い単価での記事の依頼は引き受けないようにすることが大切です。報酬単価が安いと、ほかの良い条件の仕事があってもそちらに時間を割くことができなくなってしまいます。

 

 

ほかに報酬単価が安い理由として、求められる内容は高くても中間の業者がいくつもはいっている場合があります。一番末端の作業者であるライターの取り分が少なくなってしまうわけです。

 

業者からの依頼は仕事をしやすく仕事も安定していますが、ライターとしての実力がついてきたら直接契約をするのもひとつの方法です。

 

 

ライターとして大切なことは、一番に文章の質ですが、次に考えなければならないのが時間あたりの報酬です。

 

一般には、多くの仕事を短時間でこなせばこなすほど、質が落ちていく傾向にあります。しかし、文章で稼いでいくというプロとしての自覚をもって、時間あたりの単価もあげていかなければ生活するための収入を得ることはできません。どのようにすれば効率的に文章を作成できるかは人それぞれですので、自分に合った方法を見つけていくようにしましょう。

 

ただし、人の文章をコピーして記事を作成するという方法は絶対にとってはいけません。

 

 

 

 

4.スケジュール管理

 

ライターの仕事は、案件を引き受けても思ったよりも調べるのに時間がかかり時間がかかってしまったり、思うように文章が書けないといったことも考えられます。

 

会社勤めであれば、決まった時間に出社して強制的に仕事をする時間をとることができますが、自宅での仕事が中心のライターは、自分でスケジュール管理をしなくてはいけません。

 

スケジュール管理をしっかりすることで、クライアントの関係もよくなり継続契約をとっていくことができます。

 

 

 

 

5.まとめ

 

ライターのみで生活をしていくのは難しいですが、文章を書くことが好きな人であればライターに向いています。

 

誰でも書くことのできる内容から、専門的な文章までいろいろな需要があります。専門的な文章のほうが需要は高く報酬も高いのですが、誰でも書くことのできる内容であったとしても、そのライターのセンスが光っていれば高単価での依頼もあります。

 

そのためにはまずいい文章を書けるようになること、次に報酬単価の高い仕事を選んでいくことが大切になってきます。

 

 

Pocket