フリーランスが売上アップのためにできること

フリーランスが売上アップのためにできること
Pocket

フリーランスで仕事をするということは、会社勤めとは違い自分で自由に仕事をすすめていくことができる反面、何もかも自分でやらなければいけないという大変さがあります。とくに重要なのが、どれだけの売上げをあげることができるか、ではないでしょうか。

 

仕事の内容についてはプロとして自信があるものの、自分で営業をしていくことが苦手なフリーランスの方も多くいます。今回はそんな方にむけて、フリーランスが売上げをのばしていくにはどのような方法をとればいいかをまとめてみました。

 

 

 

 

1.Webで仕事を得る場合

 

フリーランスをはじめようとして最近増えているものに、Webで仕事を得るというワークスタイルです。クラウドソーシングサービスを利用することで、Webでの仕事を得やすくなっている環境が大きく影響しています。

 

Webで仕事を得るには、クラウドソーシングサービスサイトに登録をして、募集している案件に積極的に応募することです。このときに注意したいのが、仕事の報酬単価です。どうしてもクラウドソーシングサービスでは安い単価での募集が多いために、フリーランスで生きていこうと思った場合には報酬面で厳しくなります。とはいっても、高い報酬の案件は人気が高く、実績がないとなかなか仕事を得ることができません。

 

まずは、安い報酬単価の仕事でも引き受けて実績を作っていくことが大切です。評価が高くなれば、高い報酬の案件についても仕事を得やすくなっていきますので、じょじょに安い報酬単価の仕事は引き受けないような形にシフトしていくことができます。

 

 

 

 

2.SNSなどで実績などをPRする

 

Webで仕事を得るにしても、人脈を利用して仕事を得るにしても、自分のホームページ、ブログ、SNSがあると自分のPRをしやすくなります。フリーランスになって一番最初のPR活動として、まずは自分のホームページ、ブログ、SNSなどを用意することからはじめるのがおすすめです。

 

ホームページ、ブログ、SNSなどを作成する過程で、自分がどのようなことができてどのように仕事をしていくつもりなのか、今までの実績にはどのようなものがあるのか、自分はどのような仕事でクライアントの役に立てるのかを考えることができます。

 

まずは、簡単でもいいので自分のPRページを用意しましょう。自分のPRページにアクセスしてもらって仕事が入ってくることは最初はほとんどないと思いますが、クラウドソーシングサイトに登録するときや名刺を作成するときに、PRページのURLをのせることができます。

 

仕事を依頼したいと考えているクライアントにとっては、その人がどのような仕事ができるのかに興味があるので、クラウドソーシングサイトや名刺に記載されたURLから自分のPRページにアクセスしてくれます。

 

ホームページ、ブログ、SNSは一度作ったら終わりというものではありません。仕事をしていくうちに、このような情報があればクライアントの評価を得やすいなど自分で気づいていく点がたくさんあります。また、自分の実績が増えれば実績情報に追加の情報をのせることができます。

 

更新が多いPRページは、きちんと活動をしているフリーランスであるという評価を得ることにもつながります。PRページを作ったら、メンテナンスもかかさないようにしていきましょう。

 

このPRページは営業に役立つ本格的なポートフォリオを作成するためにも役立ちます。

 

 

 

 

3.ポートフォリオを作る

 

ポートフォリオは、フリーランスとして営業を行うとき、特にクリエイターにとって、自分のかかわった作品やスキル、思い入れなどをアピールする重要なツールとなります。

 

自分のWebページを用意していればそこでポートフォリオを公開することができます。ポートフォリオはWebページだけでなく、紙媒体でパンフレットのような形で提供することもできます。

 

ポートフォリオについての詳しい内容は、

 

【フリーランスクリエイターの必須アイテム】ポートフォリオとは?

 

をご覧ください。

 

 

 

 

4.名刺を用意する

 

人脈を利用して営業活動をしている場合はもちろん、フリーランスでWeb中心に営業活動をしている場合にも、直接会って話を聞きたいという機会が訪れると思います。そのときのために、名刺を用意しておくことは大切です。

 

名刺は作るだけではなく、もらった名刺を管理することで営業活動に利用することもできます。

 

もらった名刺を上手に管理していく方法や、名刺を営業に役立てる方法などは

 

フリーランスは名刺管理が仕事を左右する
フリーランスは名刺にこだわろう!
フリーランスで活躍する人の名刺に載せたい事業内容

 

で解説していますので、ご覧ください。

 

 

 

 

5.人脈を利用する

 

フリーランスになるには、その仕事である程度の経験や実績を積んでから独立することが望ましいといえます。なぜなら、経験のない初心者だと仕事の進め方やその業界の慣習などがわからず、仕事の報酬単価についてもどのくらいが適正なのかわからないためです。

 

ある程度の経験や実績を積んでフリーランスになる場合には、その経験を生かした人脈を利用することもできます。フリーランスとしての独立を視野にいれて仕事をしている場合には、会社で働いている間から人脈作りをしていくことが大切です。フリーランスで独立したときには、まずはお世話になった得意先などに、会社を辞めて独立した旨の挨拶状を送付するなどするとよいでしょう。

 

その業界での交流会や異業種交流会などがあれば、積極的に参加することも人脈作りのひとつの方法です。その業界での会社勤めといった経験がなくでもフリーランスとして独立して成功している人の多くは、交流会やセミナーなどで積極的に同業者や他の業者と交流をし、仕事についてのノウハウを交換し、お互いに仕事を紹介しあうなどの方法で売り上げを伸ばしています。

フリーランスが売上アップのためにできること-1_r

6.エージェントを利用する

 

看護師、保育士、演奏家、美容師など、さまざまな職場に出向いたりかけもちするようなスタイルのフリーランスの場合は、その職業ごとにエージェントサービスがあります。また、エンジニアやデザイナーなどの職業だと、インターネット上で特定の職業にむけたクラウドソーシングサービスがある場合があります。

 

エージェントの紹介を受けることで、クライアント側とフリーランス側の仕事のマッチングが効率的になります。

 

クラウドソーシングサービスだと案件ごとの募集がほとんどであるため、中長期的な仕事を得るのが難しくなります。継続して契約ができる場合もありますが、その場合でもやはり、一か月ごと、いくつかの案件をまとめて、など短期的な契約を積み重ねる方法がとられます。

 

その点、エージェントを利用する場合は中長期的な仕事を得やすいといえるでしょう。

 

 

 

 

7.アルバイトをしながらフリーランスの仕事を続ける

 

フリーランスの仕事は軌道にのるまでは不安定ですので、売上げが伸びないことでどうしても生活が不安定になりがちです。そのような場合は、アルバイトをしながらフリーランスの仕事をするのも一つの方法です。

 

アルバイトも、できるだけ自分のフリーランスの近い仕事を選ぶことで、仕事のスキルアップにつながったり、人脈を作るのに役立ったりします。

 

 

 

 

8.フリーランスが売上げをアップするコツ

 

フリーランスが売り上げをアップするには、コミュニュケーション能力、仕事に対するスキル、SNSなどを利用したPRなどいろいろな工夫が必要になってきます。

 

フリーランスが売上げをアップする心構えとして大切なことは、「自分はフリーランスで仕事をしているのだ」という気持ちです。この気持ちがあれば、仕事や生活をしていく上でどんな場面でも営業につなげていく姿勢ができてきます。

 

さまざまな職種で具体的な売上げアップの方法も、続けてご覧ください。

 

 

フリーランスが売上アップのためにできること【美容師編】
フリーランスが売上アップのためにできること【雑貨作家編】
フリーランスが売上アップのためにできること【ライター編】
フリーランスが売上アップのためにできること【インテリアコーディネーター編】
フリーランスが売上アップのためにできること【服や小物のネットショップ編】
フリーランスが売上アップのためにできること【フラワーアレジメントを生かした仕事編】
フリーランスが売上アップのためにできること【パソコンインストラクター編】
フリーランスが売上アップのためにできること【語学講師編】
フリーランスが売上アップのためにできること【ピアノ教室編】
フリーランスが売上アップのためにできること【Webデザイナー編】

 

 

 

 


 

【お知らせ】

フリーコンサル案件(戦略/PMO/SAP等)の紹介なら「コンサルポータル」

 

 

Pocket