フリーランスは会社員よりも家族との時間を作れる?

フリーランスは会社員よりも家族との時間を作れる?
Pocket

自分で自由に時間の調整ができることが魅力で、フリーランスになりたいと思っている方も多いと思います。実際にフリーランスとして活躍している方の意見を聞くと、忙しくてなかなか時間がとれないという方も多くなっています。

 

実際には、フリーランスは自由に時間がとれて、会社員よりも家族との時間を作ることができるのでしょうか。

 

 

 

 

1.実際のフリーランスの時間の使い方

 

フリーランスには、平日も休日もありません。なぜなら、会社員と違い自由に自分で仕事をする時間を決めることができるからです。

 

たとえば、平日に休みをとってもいいわけですし、会社員と同じように休日に休みをとることもできます。また、休む予定ではない日に体調を崩し、今日は休もうと思って休むこともできるわけです。

 

では、本当にフリーランスは時間を自由に使うことができるのでしょうか。フリーランスとして活躍している人の意見の中で、自由に休みをとることができないと思っている方の意見を聞いてみました。

 

 

 

(1)仕事がいそがしくて休みをとることができない

 

フリーランスで活躍している方に多いのが、仕事がいそがしくて休みをとることができないという意見です。

 

自分で仕事の調整をできるのがフリーランスの良いところですが、フリーランスは仕事をした分が収入に直結するので、フリーランスとして活躍している方にとっては仕事が多ければ多いほど収入が増えます。そうなると、休みをいれずに仕事をするという結果になりやすいのです。

 

フリーランスとして仕事がたくさんとれる人であればあるほど休みを取ることが難しい、という問題に直面することになります。

 

 

 

(2)休みをとることができる時間はあっても、思ったように休むことができない。

 

次にフリーランスで活躍している人の時間の使い方の悩みで多いのが、仕事量を調節して休みをとることができるようにしても、休んでいるときでも仕事のことを考えてしまう、ということです。ほかにも、仕事が思ったようにはかどらず結果的に休むことができなかったという悩みも多いようです。

 

会社員であれば決まった時間だけ働くワークスタイルですし、残業をしてもフリーランスのようにいつでも仕事をすることができるわけではありませんので、ある程度仕事をしている時間と仕事をしていない時間がはっきりしています。

 

 

 

 

2.上手に時間を使っているフリーランスとは

 

フリーランスとして活躍していく中で、上手に時間を使うには仕事をする時間と仕事をしない時間を自分で決めて、その計画どおりに仕事をしていけばよいわけですが、わかっていてもなかなかうまくいかないものです。

 

そこで、上手に時間を使っているフリーランスがどのような工夫をして、休みをとっているのかの意見をまとめてみました。

 

 

 

(1)仕事場所を決めて、その場所以外では仕事をしない

 

フリーランスの多くは、ノートパソコンがあれば仕事をすることができるというワークスタイルをとっています。

 

それが原因で、家出も出先でも仕事ができるので、四六時中仕事をしているというスタイルになりがちです。

 

休みを上手にとっているフリーランスの中には、仕事場所を決めて仕事はその場所で集中してこなし、それ以外の場所では仕事をしないというスタイルをとっている方もいます。

 

 

 

(2)仕事をしていない時間にすることを決める

 

仕事場所が自宅の場合は、いつもパソコンが目の前にあってどうしても「仕事をしなければ」という気持ちになるフリーランスの方も多いようです。

 

そのような場合には、仕事をしない時間にすることを決めていないと、仕事がはかどらない場合にも「あいている時間に仕事をすればよい」という気持ちになりがちですので、仕事の時間がずれこんでしまいます。

 

この場合の対策として、仕事をしていないときの時間もスケジュールをたてることが有効です。たとえば、何時から何時までは家事をして、何時から何時まではテレビを見る、といった感じです。その時間は、絶対にこれをする!と決めれば、そのために仕事を効率的にこなそうという気持ちになるために、仕事のスケジュールもきちんとこなすことができるようになります。

 

 

 

(3)買い物や運動をするために外出する

 

仕事をしていない時間にすることを決めても、なかなかスケジュールどおりに動けない方もいます。

 

このような場合に、スケジュールどおりに仕事や生活をしていくために有効なのは、外出の予定をたてることです。買い物や運動をするために外出をする時間を決めれば、買い物や運動は夜中にするわけにはいきませんので、ある程度決まった時間にすることになり、生活のリズムを作ることができます。

 

友人などを時間を決めて待ち合わせをしたり、時間を決めて美容院の予約をするなど、強制的に時間通りに動かなければならない予定を組み込むのも良い方法です。

 

まったく時間の制約がないと、なかなか効率的に生活をしていくことができませんが、ある程度決まった時間に何かをしなければならない予定があると、それにあわせてスケジュールを立てることができますので、ぜひ試してみてください。

 

夜中に仕事をしてしまい生活リズムが乱れて悩んでいるフリーランスの方におすすめなのは、午前中に外出の予定を作ることです。午前中に外出をするためには早く起きなければなりませんし、そのために早寝の習慣ができ、早寝をするためには日中に効率的に仕事をしなければならなくなります。

フリーランスは会社員よりも家族との時間を作れる?-1_r

3.会社員よりも家族との時間を作れるかどうかは、その人次第

 

フリーランスは会社員よりも家族との時間を作れるかどうかは、その人の時間の使い方次第ということがおわかり頂けたと思います。

 

フリーランスのよいところは自分で予定を決めることができることです。

 

会社員は、必ず会社に行かなければなりませんので、その時間は家族との時間にすることができません。平日の家族の予定につきあうといったことは難しいですね。その点フリーランスであれば、うまく時間を使うことができれば、平日の家族の予定につきあい、休日は仕事をするといった時間の使い方もできるわけです。

 

また、効率的に仕事をこなすことができるようになり、同じ時間でもたくさんの仕事量をこなすことができるようになれば、自分の使うことのできる時間も増えていきます。休みを増やすのもよいですし、よりたくさんの仕事をして収入を増やすといった時間の使い方もできます。

 

せっかくフリーランスとしての生き方を選ぶのであれば、時間に追われるのではなく上手に時間を利用することで、よりよい時間の使い方をしていきたいですね。

 

 

Pocket