フリーランスに多い職種って何だろう?その仕事内容は?

フリーランスに多い職種って何だろう?その仕事内容は?
Pocket

フリーランスは、特定の会社などの組織に所属しないで、個人として仕事をしていくスタイルです。個人として仕事をしていくのであれば、どんな仕事でもフリーランスとして仕事をしていくことができます。しかし、フリーランスとして活躍しやすい仕事というのはあります。

 

 

今回は、フリーランスに多い職種と仕事の例をまとめました。

 

 

 

 

1.フリーランスは、個人の能力が大切!

 

どんな仕事でも個人として仕事をしていけば、フリーランスとしての仕事ということができますが、仕事の種類によって会社形態が多いのか、フリーランスが多く存在するのかが変わってきます。

 

 

仕事にはいろいろありますが、やはり会社のような大きな組織として仕事をしていくほうが効率的な製造業、大規模な組織形態が必要な金融業などでは、フリーランスよりも会社形態があっていることが多いようです。

 

 

逆にフリーランスとして個人で仕事をしていくのにあっているのは、個人の能力や専門性が重視される創作にかかわる仕事、高い技術力が必要なエンジニア、専門能力が必要な翻訳などの仕事が多いようです。個人の高い能力が必要な仕事でも、大きな会社組織に所属して組織内部で仕事をしている人も多いのですが、会社組織に所属していると仕事が限定されてしまうことや、給料や待遇の面でフリーランスとして仕事をしていくことを選ぶ人もいます。

 

 

たとえフリーランスとしての仕事をしていくことができても、個人の能力が必要ではない誰でもできるような仕事であれば、どうしても報酬が安くなってしまい、会社に所属していたほうが良いということになってしまいます。

 

 

フリーランスとして仕事をしていくには、やはり個人の能力を磨いていくことが成功の秘訣となるでしょう。

 

 

個人の高い専門性や能力を生かしながら、自分にしかできないような仕事をしていき、フリーランスとして活躍しやすい職種と仕事の例をご紹介いたします。

 

 

 

 

2.WEB関係の仕事

 

WEB関係は、ホームページ制作、WEBデザイン、記事作成などで多くのフリーランスが活躍することのできる場所がたくさんあります。

 

 

WEB関係の仕事ですと、インターネット上のやりとりで仕事を完結しやすいというのも、フリーランスが多く活躍できる理由の1つとなっています。インターネット上でやりとりが完結することは、フリーランスが直面しやすい問題である仕事がない、という問題も、インターネット上で仕事の募集や応募ができるということで解決できるからです。

 

 

WEB関係の仕事には次のようなものがあります。

 

 

 

 

(1)WEBデザイナー

 

WEBデザイナーはホームページや企業サイトのデザインをします。ただ見やすいサイトを作るだけではなく、利用する人が利用しやすいデザインであったり、アクセスアップに配慮したデザインをすることができるWEBデザイナーは需要が高くなっています。

 

WEBデザインの分野は、組織としてWEBデザインを行っている会社もありますが、そこでもやはり個人の能力が重視されます。会社に勤めていてそこで人脈を作り、WEBデザイナーとして独立する人も多いようです。

 

 

 

 

(2)グラフィック、ロゴ作成のデザイナー

 

グラフィックデザイナーやロゴ作成のデザイナーも、フリーランスで活躍する方がたくさんいます。イエラストレーターの中にも、WEB関係のグラフィックやロゴを作成することも仕事にしている方もいます。

 

グラフィックデザイナーやイラストレーターは、WEB関係の仕事だけでなく、ポスター、チラシ、カタログなどをデザインする仕事をしていくこともできます。企業内にもデザイナーはいますが、企業が外注でデザインを発注することも多いので、人脈があれば大きな仕事がまわってくることもあり、やりがいのある職種だといえます。

 

デザイナーは個人の才能だけではなく、グラフィック関係のソフトを扱う専門能力も必要になってきます。

 

 

 

 

(3)WEBライター

 

WEB関係の仕事には、デザインだけでなく記事を作成する仕事もたくさんあります。WEB関係の記事作成は、特別なソフトを使う必要がないので誰にでもはじめやすいフリーランスの仕事の代表的なものといえるでしょう。

 

しかし、WEBライターでも誰でも書くことができるような文章しか作成できなかったり、文章作成能力がなかったりすると、安い報酬の仕事しか見つけることができません。WEBライターとして仕事をしていくためには、やはり

 

特定の分野の専門知識や高い文章作成能力が必要になってきます。

 

WEBライティング業界では、記事を大量生産するために安い報酬で記事を発注し、その結果としてコピー&ペーストによる記事や間違った内容の記事がインターネット上で公開されてしまうという問題が生じていて、記事の内容チェックが厳しくなっていく傾向にあります。WEBライターを目指すのであれば、きちんとしたライティング能力を身につける必要があります。

フリーランスに多い職種って何だろう?その仕事内容は?-1_r

3.エンジニア

 

エンジニアも、個人の専門能力が必要な分野ですので、フリーランスとして仕事をしていきやすい分野です。

 

 

企業から発注される仕事を請け負うだけでなく、自分でソフトやアプリを開発して売っていくという仕事をすることもできます。

 

 

エンジニアの中でも需要が多いのは、やはりWEB関係のエンジニアです。WEBアプリケーションを構築できるエンジニアには多くの仕事があります。一方、サーバやネットワーク設計といったインフラを取り扱うエンジニアは、需要がないわけではないのですが、既存の会社に依頼することが多いようでフリーランスとしての仕事はあまり多くないようです。

 

 

エンジニアにはほかにも、ゲームエンジニア、サーバエンジニアなどの種類があり、プロジェクトの進行を管理していくプロジェクトマネージャーといった仕事もあります。エンジニアの中でもプロジェクトマネージャーをすることができれば、総合的な仕事として高い報酬をもらうことができるようになります。

 

 

 

 

4.カメラマン

 

カメラマンもフリーランスとして活躍しやすい仕事です。

 

 

カメラマンは、一昔前は機材にお金がかかりフリーランスとして活躍するにも資金力が必要な職種でした。今も高い機材でカメラマンとして仕事をしていく人も多くいますが、安くて性能のよい機材やスマホでとったようなデジタル写真の需要も多くなっているので、少ない資金でフリーランスとしてカメラマンとしての仕事をはじめやすくなっているというのも、フリーランスのカメラマンが多くなっている要因となっています。

 

 

 

 

5.その他

 

その他に、フリーランスとして、翻訳者、コピーライター、キャラクターデザイナーの仕事で活躍している人も多くいます。また、作曲家や演奏家などの音楽関係の分野も、フリーランスとして活躍しやすい分野といえます。

 

 

さらに、フリーランスとしてイメージしにくい美容師、保育士、看護婦などの分野でも特定の組織に所属しないで、フリーランスとして仕事を組み合わせて仕事をしていくことで活躍する人もいます。

 

 

 

 

6.まとめ

 

フリーランスが多い分野は、やはりWEB関係の分野が多くフリーランスの活躍の場がたくさんありますが、ほかの分野でも個人の能力を発揮できる分野はたくさんあります。

 

 

自分の売りとなるような専門知識や技術があり、特定の会社に所属するよりは自由なワークスタイルで働いていくほうが仕事がしやすいと感じるのであれば、そこにフリーランスとして活躍していくチャンスがあるといえるでしょう。

 

 

Pocket