【コワーキングスペースを使ってみよう!】コワーキングスペースは人脈の宝庫?

【コワーキングスペースを使ってみよう!】コワーキングスペースは人脈の宝庫?
Pocket

都市部、地方を問わず、コワーキングスペースがどんどん増えており、皆さんにとってより身近になってきていると思います。

 

まだ行ったことの無い人が多いと思いますが、コワーキングスペースで得られるものの一つに、新しい人脈を作ることができることがあります。人脈というとビジネス感がありますが、刺激を与えあう仲間や知り合いという感じで捉えられてもよいかと思います。

 

今回はコワーキングスペースの人との繋がりについて考えていきます。

 

 

 

 

コワーキングスペースの利用者

 

コワーキングスペースを利用する方は、様々いらっしゃいます。共働で仕事をする場所ですので、フリーランス、スタートアップの経営者、会社員の方が多いですが、それぞれする仕事は異なっていても、仕事をするために来ている方がほとんどです。

 

また、フリーランスといっても様々で、コンサルタント、デザイナー、プログラマー、ライター、ネイリストなど、出先でする仕事から、在宅でできる仕事、どこか場所を使ってする仕事をされている方まで幅広い職種の方がいらっしゃいます。

 

会社員の方は、テレワークのため、出張などで空いた時間に仕事するため、取引先の近くで仕事をするため、打ち合わせのためなどで使われている方がいらっしゃいます。

 

 

 

 

コワーキングスペースのコミュニティについて

 

コワーキングスペースはアメリカのシリコンバレーで始まりました。若い経営者が寄り集まって、家賃の負担を抑え、お互いに助け合いながら仕事を進めるということが元々の趣旨にあり、このことから、コワーキングスペースは場所を共有するだけではなく、コミュニティを形成して、新たな仕事を生む場所になっています。

 

ただ日本では、一般的にはアメリカほどコワーキングスペースでのコミュニティ形成が進んでいない印象です。それには下記の理由が考えられます。

 

 

一つに、日本ではカフーツ(神戸)が2010年5月にコワーキングスペースとして開設されたのが最初で、歴史としてはまだまだ浅いことが挙げられます。

 

 

次に、日本の起業率の低さも関係していると思います。

起業家精神に関する調査(GEM調査)の総合起業活動指数というものがあり、要約すると

 

「起業して新しい事業を始めようとしているか」
「所属する企業内で新しい事業を始めようとしているか」
「経営者になっているか」

 

などの質問に基づき作成されている指標です。この2013年度調査を見ると、

http://www.vec.or.jp/report_statistics/gem/

アメリカの12.7%に対して、日本は3.7%(イタリアに次いで2番目の低さ)になっています。

 

 

 

フリーランスとスタートアップの経営者では、人脈への需要について、少し異なる部分があると考えられます。

 

フリーランスの方が求める人脈の多くは、情報を共有できる人脈、独立した者同士として共働で仕事ができる人脈、そして自らの仕事へと繋がる人脈であると思います。それに対して、スタートアップでは、自分が仕事をする分とは関係なく、自社の製品やサービスを展開していくに当たって必要な人脈、一人ではできない仕事を補う人脈、自分と同じ会社で働いてくれる仲間(の情報)も求めており、仕事に占める人脈の重要性が高いと思われます。

 

このことから、スタートアップの方がより多くの人脈を必要とし、そのためコミュニティが自然形成されていく土台が早く出来上がっていきます。

 

だからと言って、日本のコワーキングスペースが人脈形成にあまり役立たないということはありません。後述しますが、コワーキングスペースならではの人脈におけるメリットがあります。日本の多くのコワーキングスペースでは、利用者の割合が異なるため、様々な方を受け入れてくれる、他の国とは少し異なった緩やかなコミュニティが出来上がっているように思います。

 

 

※起業家に限定しているようなコワーキングスペースや、ものづくりに特化しているコワーキングスペースなど、特化型のコワーキングスペースでは、利用者に共通項があることから他の利用者との結びつきが強くなる傾向があるように思います。メリット、デメリットありますので、合うところを探されるといいかと思います。

【コワーキングスペースを使ってみよう!】コワーキングスペースは人脈の宝庫?-1_r

コワーキングスペースにおける人脈形成について

 

コワーキングスペースにおいて、自然発生的なものを除く、人脈が形成されるきっかけを挙げていきます。

 

 

 

(1) イベント、セミナー

 

多くのコワーキングスペースでは、運営者主催によるイベントが活発に行われています。

 

セミナーや勉強会では、フリーランスや起業家の方々を対象としているものもありますが、ビジネス全般に関わる内容で、会社員の方も参加して勉強になるようなものもあります。セミナー等では、終わった後に飲食しながら交流会が開かれたりして、そこで人脈が形成されています。イベントは、参加者の交流が目的のものが多いですので、もっと内容はラフで、対象者を絞っていることもあまりないと思います。

 

イベントは、各コワーキングスペースのホームページで告知されていますが、イベント管理サービスの「Peatix」を利用して、検索・参加されてもいいかと思います。

 

 

 

(2) 仕事の募集など掲示板情報

 

コワーキングスペースの中には、店舗内に掲示板を置くことで利用者の交流を図っているところもあります。なかなか知らない人とコンタクトを取るのは勇気がいると思いますが、コーキングスペースの会員同士であれば、どこかで顔を合わせていることもあるかと思いますので、比較的安心感があります。

 

 

 

 

コワーキングスペースでの人脈形成のメリット

 

コワーキングスペースの人脈における最大のメリットは、日々必要となる仕事場を共有するという継続性にあると考えます。

 

コワーキングスペースでのイベントは、他の交流会とは違って、意図しない再会の可能性が高いことから、最初に挨拶しておけば、自然と広がっていくことがあり、人見知りする方でも人脈を形成しやすいと言えます。

 

イベント参加者ではなくても、毎日顔を合わせていると会話のきっかけを掴みやすいでしょう。職場の休憩所などで毎日顔を合わせていると、部署などに関係なく、簡単な会話から始まっていつの間にか仲良くなって飲み友達になんてこともあると思います。

私の後輩の話ですが、毎日同じ電車に乗るおじちゃんと仲良くなり飲み友達になったら、その人はよく知られている企業の役員でした!

 

そういった自然な人脈が生まれるのがコワーキングスペースでのメリットです。

 

フリーランスの方の中には、在宅で仕事をしていると孤独を感じる方やペースを掴めない方もいらっしゃると思いますが、コワーキングスペースで何度も出会う内に仲間になっていくことで、そういったことが解消されていくこともあります。

 

 

 

 

まとめ

 

人脈形成については、コワーキングスペースである必要はありませんが、一つでも多くの機会を作っていこうと考えると、コワーキングスペースは非常に有効な手段です。特に人見知りの方にとっては、毎日顔を合わせることで比較的安心して知り合いになっていけるでしょう。

 

見学は自由というコワーキングスペースもありますので、インターネットで情報を集めてから、まずは足を運んでみて、自分に合うコワーキングスペースを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

PR:新橋・五反田・神保町に多店舗展開しているコワーキングスペース「Basis Point

 

 

Pocket