【趣味が副業になる!?】イラスト制作で稼ぐ方法とは?

【趣味が副業になる!?】イラスト制作で稼ぐ方法とは?
Pocket

こうして文章を書いたりしていて、皆様に少しでも分かりやすく図解したくとも、私にはそのイメージをまとめきれません。

 

そんな時にそのイメージを想像以上の形で表現してくれる人がイラストレーターです。

 

私にとっては憧れの仕事であるイラスト制作、それを副業とするには、どういった手順でやっていくのがよいのか、そのメリットやデメリット、参考になるようなサイトを紹介します。

 

 

 

 

イラスト制作とは

 

イラストとは、イラストレーションの略語で、物語や広告物などに入れる挿絵や図画のことです。

 

イメージを浮かべやすくするために物語に入っていたり、商品の購買意欲を掻き立てるために広告物に入っていたりしていて、写実的なものからアニメーションまで幅広いものがあります。身近なものでいくと、ニュースなどを見ていると、ボードが出てきてそこに事件の流れが描かれていたりしますが、それもイラストの一つです。

 

イラストと絵の違いがちょっと分かりにくいかもしれませんが、イラストは何かを分かりやすく表現するもので、絵は何かを描いたものです。イラストは絵の中の一つといった位置付けです。

 

イラストを制作するのに資格は必要なく、技術があれば誰にでもできます。

ただ、イラスト制作はその基となる文章や物語、宣伝物などの意図を上手に表現するために依頼されることが多く、依頼者の意図を読み取る能力が必要とされます。

 

 

【イラスト制作の例】
・人物のイラスト
・動植物、風景のイラスト
・クリップアート
・カタログのイラスト
・地図のイラスト
・取扱説明書の図解
・機械の分解図
・建築パース(立体画)

 

 

 

 

イラストレーターになるには

 

まずは、描く技術を身につける必要があります。現代のイラストはコンピューターを使って制作されることが多いため、Adobe(アドビ)社のIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)といったソフトを準備し、その扱いに慣れることから始めましょう。

 

副業として始める場合、これから専門学校などに通うのは難しいと思われるため、独学で勉強することになると思います。教則本で勉強してできるようになればいいですが、難しければオンライン講座を受講する手もあります。

 

体験版で試しながら勉強してみて、自分にこの仕事が合っているのか判断してもいいかと思います。

 

また、イラスト制作のフリーソフトもあります。

 

イラストが描けるようになってきたら、自称イラストレーターを名乗ってみましょう。

 

 

【独学で勉強する方法の一例】
・教則本
世界一わかりやすい Illustrator & Photoshop 操作とデザインの教科書
・オンライン講座
デジハリオンラインスクール イラストマスター講座 online

【趣味が副業になる!?】イラスト制作で稼ぐ方法とは?-1_r

仕事を取ってくる

 

クラウドソーシングで仕事を探すことは可能ですが、未経験で採用されることは簡単なことではないでしょう。

 

クラウドソーシングでできそうな案件に提案しながら、各種のコンテストにも応募していくといいと思います。コンテストで入賞実績を作れば、その後の仕事の受注ハードルが下がりますし、その時に人脈ができれば、そこを突破口にして営業していくことも可能です。

入賞できなかったとしても、自分の作品と入賞作品を比べることでイラスト制作で問われているものが何かなどを考えることができるので、勉強になると思います。

 

また、SNSなどを使って普段から自分のイラストをアピールしたり、クリエイターの登録サイトに登録してコンペに応募したり、インターネットを使って仕事を取ることは空き時間を使う副業としては必須になるでしょう。

 

少し趣が異なりますが、LINEスタンプを作製して販売するという方法もあります。

 

 

【上記の一例】
・クラウドソーシング
Crowd Gate(デザイン・イラストのクラウドソーシング)
・コンテスト
登竜門(コンテスト情報サイト)イラスト・マンガ
・クリエイターのためのコミュニティサイト
クリエイターズバンク
・LINEスタンプ販売
LINE Creators Market

 

 

 

 

得意分野を見つけよう

 

イラスト制作は、非常に幅広い仕事です。自分に合った分野の仕事を集中的にしていくことで、自信をつけながら効率を上げていけると思いますので、方向性が定まったら、最初はそこに集中しましょう。

 

副業で行うため、様々な仕事をとるというのは物理的にも無理で、また、そこまでの必要がない場合が多いと思います。副業の方が、初期から分野を絞りやすいのかもしれません。

 

 

 

 

副業としてイラスト制作をするメリット・デメリット

 

<メリット>

 

・在宅でできるため、空き時間を使って仕事ができる

 

・何かを表現することが好きな人は、趣味の延長線上に仕事を捉えることができる

 

特に本業がサービス業など無形のものを提供する仕事の場合、副業としてイラストという目に見える仕事をすることでリフレッシュできることもあると思います。

 

 

 

<デメリット>

・完成までの工程管理をしっかりしておかないと、空き時間では対応できなくなり、本業に影響が出てくる

 

・コンペ等に同時期に複数参加すると、仕事がブッキングして対応困難になる可能性がある(空き時間を使うので、作製できる量は少ない)

 

・修正作業が発生することがあるため、日中すぐに対応を迫られると厳しい

 

 

 

 

まとめ

 

イラスト制作に必要なソフトを使ったことのない人は、そのソフトの勉強から始める必要があります。また、基本的には実績を積んでいって少しずつ仕事が増えていくことになると思いますが、実績を積むには、本業としている人達と同じ土俵で仕事を取ることになるので、最初は単価を低くするなどの工夫も必要になるでしょう。

 

それなりの収入を得られるようになるには時間がかかります。投資対効果を高くするにはセンスも必要不可欠です。

 

イラスト制作を副業にすることの最大のメリットは、好きなことを仕事にできることです。本業がある上で副業にするのであれば、収入には比較的シビアにならずにすむので、挑戦できるのではないでしょうか。本業と同様に納期を含めた責任は伴うものの、趣味の延長線として始めてみてもよいのかもしれません。

 

私は、絵を描くことに苦手意識が強くイラスト制作とは無縁ですが、たまに大人の塗り絵をやっていると心が落ち着きます。考えながら色を塗っていると、いつの間にかいろんなことを忘れてうまく塗れることだけを考えていて、張り詰めた気持ちがリセットされているように感じます。

 

ライティングなどに比べると、最初の仕事を取るまでに時間がかかり、相応の努力は必要ですが、イラスト制作で好きなことを仕事にし、リフレッシュ効果を感じられて、さらには副収入まで得られると一石二鳥にも三鳥にもなります。

 

小さな頃に絵を書くことが好きだった方、今でも落書きが好きな方、こんな作品を作ってみたいと思い描くものがある方、趣味から始めるイラスト制作、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

Pocket