フリーランスで活動している営業マンが新規契約をとりやすい理由のまとめ

2016/07/15

フリーランスで活動している営業マンが新規契約をとりやすい理由のまとめ

フリーランスで働く人には多くの人がいますが、その一つが営業マンです。

 

意外かもしれませんが、企業に雇用される営業マンではなく、様々な形で新規契約を取り、たくさん仕事をするフリーランスの営業マンも少なくありません。

 

営業は結果がすべて!

実はフリーランスの営業マンは、かなりやり手な人が多くいます。

その理由は一体何でしょうか。

 

ひとつは、成果報酬制であるということです。

 

このような人たちは会社勤務の人たちのように、ノルマを達成できなくてもお給料がもらえるということはありません。

 

自分がもし全く働かなくなったのなら、その時には報酬は一円ももらえないということが多いのです。

 

逆に言えば、やったらやっただけ成果になり、収入が増えるというメリットがあります。消耗品なら定期的に販売できるルートを増やすのはそのまま収入アップにつながりますし、一定以上の件数をクリアすればボーナスが出ることもあります。

 

このように、やりがいがとても大きいというのが嬉しいところでしょう。

 

自分の好きな商品を売れる!

次に、フリーランスの営業マンのメリットとして自分で扱う商品を選べるということです。

 

営業マンの場合、だいたい自分たちで必要な販路や必要なサービスを販売しているため、世の中や顧客がどんなものが欲しいのかということを熟知しています。

 

このため、必要な商品があればまた新しく販売店と契約して販売したり、サポートを作って契約を増やすということもできるのです。

 

これが企業に所属しているとなかなかそのように自由にはできず、どう見ても売れないような商品も販売しなくてはならなかったり、他社サービスを積極的に紹介するということはできません。

 

新規契約につなげるのが難しいことも多いのです。

 

顧客との信頼関係

最後に、担当となる営業マンが簡単には変わらないということもあるでしょう。

 

これは自分たちで行う場合、フリーランスで働いているのなら誰かを雇用しないかぎり、そう簡単に変わることはありません。

 

長いお付き合いなので時にちょっと難しいお願いをすることもできたり、顧客の状況を長く把握することで必要な商品の見当をつけて販売することもできるのです。

 

大手企業の場合、配置転換などによって定期的に人が変わります。いちから関係をつくり上げるのが難しい場合も多く、大変になってくるのです。

 

営業でフリーランスというと珍しいように思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

新規契約や継続的な契約により、フリーランスとして働くことも難しいことばかりではないのです。

 

やりがいの大きな仕事にすることもできるでしょう。