フリーランスのWebディレクターを目指す人に求められる3つのスキル

フリーランスのWebディレクターを目指す人に求められる3つのスキル
Pocket

Webディレクターは、Webサイトを総合的にプロデュースする仕事です。Webの企画からかかわることができる魅力的な仕事で、Webにかかわるたくさんのスキルが必要になってきます。

 

Webディレクターの仕事をしている方の中には、会社にしばられることなく自由に企画やデザインをしていきたいという思いを持つ方も多く、フリーランスとして独立したいと考えている方もいらっしゃいます。

 

フリーランスのWebディレクターになるには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。

 

フリーランスのWebディレクターに必ず必要な3つのスキルをまとめました。フリーランスのWebディレクターを目指している方は、今回ご紹介する3つのスキルを高めていきましょう。

フリーランスのWebディレクターを目指す人に求められる3つのスキル_1_r

1.Web制作スキル

 

(1)なぜ、Web制作スキルが必要なのか

 

Web制作スキルは、どのようなWebを作るにも必要です。Webディレクターは、自らが制作をしなくても、企画をしてスタッフに指示をしていけばよいので、Web制作スキルは必要ないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、有能なフリーランスのWebディレクターは、必ず自らもWeb制作をすることができるスキルを持っています。

 

なぜなら、自分でもWeb制作をすることができるスキルがなければ、自分の企画したものに、どのようなスキルをもったスタッフが必要なのか、どのくらいの時間があれば完成するのかがわからないからです。また、自分のイメージを制作スタッフに伝えて指示をするときにも、自分にも制作スキルがあって制作について理解をしていなければ、うまく指示をすることはできません。

 

 

 

(2)具体的なWeb制作スキルとは?

 

Web制作スキルとして、最低限必要な知識はHTMLとCSSでしょう。しかし、実際に魅力的なWebサイトを制作するためには、これだけでは足りません。

 

Webサイトを構築するためのプログラム言語としては、JavaScript、PHP、Perlなどの知識が必要になってきます。さらに、大規模なWebサイトを構築するためには、MySQLといったデータベースの知識も不可欠です。

 

Webサイトを制作するためには、プログラム言語だけではなく、デザインをするためのPhotoshopやillustratorなどの知識も必要ですし、動画を使用するためには動画制作の基本的な知識も必要です。

 

Webディレクターともなれば、Web制作をするだけでなく、Webサイトでどれだけの集客をはかることができるかも考えなければなりませんので、アクセス解析スキル、SEO対策の知識も必要です。Webサイトの集客は、パソコンだけでなくiPhoneやスマホなどでのアクセスにも対応している必要となるため、これらの知識も必要です。

 

 

 

(3)Web制作スキルを持つためには

 

すでに会社でWebディレクターの仕事をされている方でフリーランスを目指す方は、ひととおりのWeb制作経験や知識があると思いますが、いざフリーランスになろうと思ったときに時代遅れの知識では仕事をしていくことができません。

Web制作の分野は、新しい技術の開発が目覚ましい分野ですので、つねに最新情報を手にいれおくことが大切です。

 

これからイチからフリーランスのWebディレクターを目指したいと思われている方は、まずは、自分でWebサイトを作ることができるようになることが大切です。

情報量などは少なくてもかまいませんので、自分の目指すスタイルのWebサイトを作ることができれば、自分がフリーランスのWebディレクターになったときに必要な制作スキルの最低限必要な基本が身につきます。

フリーランスのWebディレクターを目指す人に求められる3つのスキル_2_r

2.コミュニュケーションスキル

 

(1)なぜ、コミュニュケーションスキルが必要なのか

 

Webディレクターは、多くのスタッフとかかわっていかなければならない仕事です。クライアントの依頼を受けてWebをプロデュースしていくために、クライアントと交渉や打ち合わせもしなければなりません。

 

仕事をスムーズに進行させるには、コミュニュケーションスキルは大切です。

 

 

 

(2)Webディレクターに必要なコミュニュケーションスキルとは?

 

フリーランスのWebディレクターに不可欠なコミュニュケーションスキルとは、仕事をスムーズに進行させるための、情報伝達能力です。口頭だけでなく、企画書などの書面、メールをつかった文章での伝達もきちんとできなければ、Webディレクターとしての仕事をすることはできません。

 

正しい情報伝達をすることができれば基本的なコミュニュケーション能力としては問題がありませんが、Webディレクターとしてよい仕事をしていくためには、クライアントやスタッフと良い関係を保っていくことが必要です。そのために、相手に好印象を与え、相手の要望を聞くだけでなく自分の要望を相手に伝えることができるコミュニュケーション能力も必要になります。

 

さらに、仕事にはトラブルがつきものです。クライアントとの交渉や打ち合わせがうまくいかない、理不尽な依頼を受けた、スタッフが思うように動いてくれないなどのトラブル時には、相手を説得できるようなコミュニュケーション能力も必要です。

 

 

 

(3)コミュニュケーションスキルをあげるには

 

コミュニュケーション能力は、主に経験によって養われていきます。営業やスタッフリーダーなどの経験がある場合には、自然とコミュニュケーション能力があがっていくことが多いのですが、やはりコミュケーションスキルをあげるには、努力していくことが大切です。

 

クライアントとの交渉の仕方、スタッフへの指示の仕方など、自分がよいと思う人がいたら見本にして、自分も同じようにうまくコミュニュケーションをとることができるように真似をすることからはじめるのもよいでしょう。

 

コミュニュケーションで一番大切なことは、相手のことをどれだけ思いやれるかです。たとえば情報伝達をするにしても、わかりやすければ、相手が理解しやすく、情報伝達された相手も手間がかかりません。印象のよい情報伝達であれば、気持ちよく仕事をしていくことができます。

 

思いやりをもって誠意をもって対応していくことが、コミュニュケーションスキルをあげるコツだといえます。

 

 

 

(4)フリーランスのWebディレクターとして成功するために

 

Web制作をしていくには、基本的なコミュニュケーションスキルのほかに、クライアントの要望を聞きだし、自分のWebディレクターとしての専門知識や経験から、その要望にあった提案をしていく能力が必要です。

 

クライアントは、Webサイトが必要かどうか、必要であってもどのくらいの予算をかければよいのか、ということにも漠然としたイメージしかない場合もあります。

クライアントの困っていることや、そのクライアントにはどのようなWebサイトが必要かを聞き出し、クライアントにぴったりのWebを提案していくことができ、信頼関係を築いていくことができることが、フリーランスのWebディレクターとして成功していくことのできるコミュニュケーションスキルです。

 

 

 

 

3.事務能力スキル

 

フリーランスのWebディレクターは、会社に勤めてWebディレクターをしている人に比べると、さまざまな事務能力が必要になってきます。

 

会社であれば、郵送、経理、税金などの手続きをしてくれる部署があるかもしれませんが、フリーランスになると、これらのことを1人でやっていかなければなりません。

 

さらに、Webディレクターには、著作権や個人情報保護法などの基本的な法律の知識も必要になってきますし、トラブル時に法律的にはどうなのかといった民法的な知識も必要になります。

 

これらの雑用ともいえる仕事をこなす能力や、さまざまな法律的な知識を得ることも、会社から独立してフリーランスとしての仕事をしていくうえでは必要となります。

 

会計や法律的なことは、外部の専門家に相談することもできますが、自分でもある程度の知識がないと、何をどのように外部の専門家に相談してよいのかもわかりませんので、Web関連の法律の知識と、基本的な会計や税金の知識は、ひととおり身につけておくことが必要です。

 

 

Pocket