フリーランスとして働いていると、仕事の時間を自由に調整できるかわりに、仕事をしなければ収入がなくなります。会社で働いていれば、女性は、産休や育休制度があります。   フリーランスで働いている場合に、産休や育休をとりたい場合にはどうしたらよいのでしょうか?

 

フリーランスの女性と産休・育休

フリーランスは、基本的には、会社に正社員として所属して働く形式ではなく、アルバイトやパートをかけもちするか、自分で自営業として独立して働く形式の働き方になります。   法律では、会社員の女性は、会社に請求することで、出産予定日の6週間前から8週間、休業することができます。この法律は、労働基準法という法律で、労働者の労働条件を定めた法律ですので、フリーランスには適用されません。つまり、法律の制度として、産休や育休をとることは、フリーランスにはできないのです。   会社員であれば、産休や育休をとる場合には、一定の手当が補償されることがほとんどですし、産休や育休をとったあとに、当然、仕事に復帰することができます。しかし、フリーランスで働く女性は、子供を産み、育てるために休みたい場合には、自分で仕事の調整をして休みをとる必要があります。仕事をしていない期間については、収入は得ることができなくなります。さらに、休みをとったあと、仕事があるかどうかは、そのときの状況によることになります。   子供を産み、育てるために休みをとってしまったら、その間は収入がゼロになってしまい、そのあとも仕事があるかどうかわからない、と不安をかかえるフリーランスの女性の方も多いのです。フリーランスの女性が、産休・育休のような休みをとるためには、どのような工夫をしていけばよいのでしょうか。      

フリーランスの女性が産休・育休をとるには?

フリーランスの女性は、法律の制度として、産休・育休をとることはできませんが、自分の工夫次第で、産休・育休のような休みをとることはできます。フリーランスのメリットは、自分で休みの調整が可能だ、ということだからです。会社員のように、完全な産休・育休をとることはできませんが、休む期間が法律で定められているわけではありませんし、子供を産んで育てながらフリーランスとして働くこともできるのです。自分の体調や忙しさと相談しながら、仕事をしていけるのです。   ただし、子供を産んで育てながらフリーランスとして仕事をしていくには、いろいろな工夫が必要になってきますので、その工夫をご紹介したいと思います。     1.業務委託契約の場合 業務委託契約の形でフリーランスで働いている女性は、妊娠をして出産をする予定ができたときに、業務委託契約を解除することで休みをとることができます。   ただし、突然、業務委託契約を解除すると、契約先も困りますし、突然の契約解除でトラブルになった場合には、仕事を再開するときに再契約ができなくなることがあります。妊娠をして出産の予定ができたときに、なるべく早い段階で、事情を説明して休暇をとりたいことを契約先に伝えるようにしましょう。最初の契約段階で、妊娠をして出産をしたいという希望がある場合には、契約時に、妊娠出産時の休暇についても話しあい、休みをとりたいことを伝えておけば、いざ妊娠をしたときに安心して、休暇をとることができますね。   アルバイトやパートの形式でフリーランスをしている場合についても、同じように、妊娠出産時の休みについて事前に話をしておくとよいでしょう。     2.独立して自由業としてフリーランスをしている場合 自由業としてフリーランスをしている方の働き方には、いろいろな形があります。スタッフを雇って、スタッフに任せる形でフリーランスをしている方は、休みの間は、スタッフと連絡だけとるようにして、自分が休んでいる間にスタッフに仕事をしてもらうことで、自分は休んでいることができることもあります。   フリーランスで一番多いのが、自分ひとりで業務を行う形で、独立して仕事をしているケースです。この場合は、自分が仕事ができないと、完全に仕事がまわらなくなってしまいます。妊娠をして、出産と子育ての予定ができたときには、仕事ができないことでトラブルになることもありますので、出産と子育ての間は仕事をしなくてもいいように、事前に仕事の調整をしなくてはなりません。どうしても継続してしなければならない仕事があり、出産と子育ての間に自分が仕事ができない場合には、できるだけ早い段階で契約先に、仕事ができない期間があることを伝える必要があります。     3.育休・産休のあとに仕事に復帰するために フリーランスの女性が、育休・産休をとったあとに一番の心配の種が、休みをとってしまったら、仕事がなくなってしまうのではないか、ということだと思います。 育休・産休のあとに、仕事に復帰しやすい環境は、自分で作っていかなければなりません。   フリーランスの場合は、仕事をしない期間があると、仕事をしていない期間にほかの人に仕事をまわされてしまい、次に仕事を依頼されなくなるというリスクがあります。このようなケースでは、クライアント側が、今現在、仕事を依頼している人のほうが、今後も継続して仕事をしてもらえそうで、信頼できると思ってしまうからです。   フリーランスの女性が、育休・産休をとる場合には、まず事前に早い段階で、育休・産休をとりたいことを伝え、理解を得るようにします。さらに、育休・産休の間も、継続的にクライアントと連絡をとりあうようにし、育休・産休が終われば、また仕事を再開する意欲があることをアピールします。クライアントとの信頼関係が、仕事を復帰するためのポイントになりますので、できるだけ信頼関係を作っていくことが大切です。   167-フリーランスは産休や育休をとれるの-1_r  

育休・産休の間の過ごし方

  フリーランスの女性が育休・産休をとろうと思う場合、育休・産休の間は、出産と育児に専念したいと考えているかもしれません。 しかし、育休・産休の間も、クライアントの信頼関係を失わないように、継続的にクライアントと連絡をとるなどの工夫が必要です。さらに、休んでいる間は、継続して仕事をしている場合よりも、仕事のスキルが少なくなってしまうことがあります。なるべく仕事に関する情報は得ていくように努力し、できれば、休んでいる間に知識向上や資格取得のための勉強もしたいところです。   フリーランスは、自分が資本となりますので、育休・産休の間も、仕事のことを完全にシャットダウンするのではなく、育休・産休といえども、次のステップアップのための休暇にしていくことが大切です。   これらのことに気をつければ、時間の調整をしながら仕事のしていけるフリーランスという働き方は、出産や育児のある女性にとっては、働きやすい働き方といえるでしょう。       今回は小林敏光さん。フリーランスの企業顧問だ。退職後も引く手数多の小林さんは、ご自身のキャリアビジョンを今なお明確にお持ちだ。「生活のためではなく人のため」そんな悟りの境地とも言える仕事への思いと実力を兼ね備えた稀有な存在である小林さんに貴重なお話を伺った。     まずはプロフィールを教えてください。 現在は68歳で妻と共に神奈川県藤沢市に住んでいます。株式会社資生堂に42年間勤め、最終的には取締役執行役員専務として役職を終えました。退職後はフリーランスとして4年間で10社ほどの顧問を経験しました。     顧問としてのお仕事内容を教えてください。 営業組織や販売管理体制の構築、管理職マネージメントの強化などです。自動車部品製造会社、電気設備工事会社、アパレル等、業種は様々で現在は5社を担当しています。     資生堂時代のご経験をフル活用されているという印象を受けます。 そうですね。化粧品の事業部長、つまり国内化粧品全部の責任者だったので、ものをつくって売るということに関してはエキスパートです。また資生堂時代は取締役でもあり投資先の選定や利益目標設定もしていました。そんな経験があるので、会社の中長期計画を立てたり、ガバナンスを確立していく方法を示唆したり、経営面のアドバイザーとしても活動しています。     ご退職されてから現場に戻ろうと思ったきっかけはありますか? 最初は退職したらぶらぶら遊んでいればいいやと思っていました(笑) しかしある時、友人から「何か人の役に立ってみることをやってみれば?」と言われたことがきっかけで仕事を再開しました。     企業にいた時とフリーランスでは、仕事に対しての考えの違いはありますか? 自分の生活の為にやってるのではなく、自分より若い人の役に立つのが純粋に嬉しいですね。退職後も社会から必要とされているかというのが大事で、遊んでばかりでは寂しいですからね。     フリーランスとしての営業方法を教えてください。 昔からの付き合いがあった某社の知り合いが、現在は人材サービスの責任者になっていて最初はその方から仕事をいただきました。そこから横の繋がりで色々な仕事が来ましたが、人材エージェントも利用していますよ。B to Bの会社は特に営業が弱い組織が多く、結構なニーズがあると思います。     大企業でのご経歴と実力が認められているのですね。 そうかもしれませんが、顧問として大切なのは私という一個人を信頼してもらうことです。ポリシーとして資生堂への売り込みや同社のインフラを利用することは一切していませんので、やはり個人の裁量が大きいですね。     CoolWorkerなヒトビトVol17小林様-1_r 顧客と信頼関係を築くために心がけていることはありますか? まず信用と信頼は違いますが、人に信用されることは意外と簡単です。信頼とは「この人と一緒に何かやりたい」と双方が思えるかどうかです。ですのでクライアントと「あなたたちの生活を良くするために僕を使ってくれ」という気持ちで仕事をすることで双方の具体的なアクションが生まれ易くなります。信頼関係とはその積み重ねですね。     今までのキャリアで培われた横の信頼関係もありますか? OB同士の繋がりは今もあります。あるクライアントがドイツ製ピアノのショールームを拡大したいと言うので、退職後にデザイン事務所を開業した同年代のOBに助言を求めたことがあります。またトルコ人が経営している商社が化粧品を日本で売りたいと言うので、旧知のデザイナーや商品開発担当、パッケージメーカー、OEM企業関係者と協力して商品のプロデュースをしました。その昔、日本人はトルコ人に助けられているので無償でお手伝いをしようと思ったんです。     -OBの力で商品をプロデュースできるなんてすごいですね! OBだけで作った方が現役より力が上かもしれませんよ(笑)     今後挑戦しようと思っていることや新たな興味はありますか? 渋谷の10代から20代前半をターゲットにしたコスメティックブランドを展開している会社に興味を持っていて、特にプロモーションやweb戦略が面白いと思っています。     感性が若いというか流行へのアンテナは常に張られているんですね。 単純に好きなんですよ昔から。新しいものやどんなことに現代人が価値を持っているのかを知ることがね。ですから若い人が使ってる言葉やアプリも知ってますよ。例えば「フロリダ」とかね。     なんですか、それ!? ラインをしている途中で「お風呂に入るから離脱する」の略語です。大学の仲間とのラインでこないだ「フロリダ」と送ったら、みんなワケが分からなくなっていました(笑) それに孫に受けようとしてTwitterでテイラー・スウィフトの追っかけもやってます。     面白いお話をありがとうございました。こだわりのツールはありますか? 資生堂の140年の歴史から営業の基本をまとめた内容を「営業マインドとスキル」として講演しています。iPadで携帯しています。   -140年!すごい最後に、お気に入りの仕事場は? Basis Pointです(笑)   CoolWorkerなヒトビトVol17小林様-2_r     小林さん、どうもありがとうございました!   フリーランスは、会社に所属しないで自分で自営業として仕事をしていく形の、ワークスタイルです。会社に所属していれば、社会のさまざまな危険から会社が守ってくれる場合があります。フリーランスの場合は、自分の身は自分で守っていかなければなりません。   特に女性の場合は、フリーランスとして自分で営業をし時間の管理をする中で、さまざまな危険があります。今回は、フリーランスの女性が仕事をしていく中で気をつけるべきポイントを解説します。      

営業で男性と2人きりで食事

フリーランスは、自分で営業もしなければなりません。営業をしていく中で、男性と2人きりで食事をしたり、お酒を飲みにいかなければならない場面もあるのではないでしょうか。クラウドソーシングサービスを使ってインターネット上だけで営業をする場合にも、取引先との信頼関係ができあがると、直接契約をしたいという話が出てくる場合もあります。その場合、一度直接会って打ち合わせをしたいという話になることもあります。   女性のフリーランスの場合、取引先の担当者も女性であれば気が楽なのですが、担当者を選ぶことができるわけではありませんので、担当者が男性の場合もあります。業種によっては、取引先の担当者に男性の割合が多い場合もあります。このような場合に、男性と2人きりで食事をすることになった場合はどのようにしたらよいのでしょうか。     仕事では、打ち合わせや接待をする必要があり、男性と2人きりの食事だからといって断るわけにはいきません。このような場合には、事前に食事に使うお店の場所や、事前に場所が決まっていない場合には待ち合わせの場所を、家族や親しい友人に伝えておくようにしましょう。兼業で主婦をしている女性の場合は、家族に男性と2人きりの食事だということを伝えることを迷うかもしれませんが、ビジネスで必要なことだということをしっかり伝えることで、家族の理解を得るようにします。     ポイントは、「仕事で、〇〇会社の〇〇さんと、××というお店で△△時から1時間くらい食事がてら、打ち合わせをすることになった」というように具体的に伝えておくことです。具体的に伝えることで、帰りが遅くなりそうなときや、打ち合わせ以外のプライベートな誘いをされたときに、「家族に△△時までに帰ることを伝えてありますので、帰らなければなりません」と、断りやすくなります。     打ち合わせのときの服装も、なるべくビジネス的なものにし、肌の露出の少ないものを選びます。男性の中には、肌の露出の多い服装をみて「自分を誘っているのではないか」と勘違いをする方もいますので、誤解をまねくことのないように、服装には気をつけるようにしましょう。   165-活躍している女性フリーランスに共通する特徴と気を付けるべきこと-1_r  

仕事で外出をするとき

外出をするときに、女性には女性ならではの危険もあります。特にフリーランスで仕事をしていて、会社に所属しないで1人で仕事をしていることが周囲にわかると、痴漢やストーカーなどをしても大丈夫なのだと思われてしまうことがあります。   仕事での外出かどうかにかかわらず、女性であれば、外出のときには防犯ベルを持ち歩くようにしましょう。また、歩くときは、肌の露出の少ない服装で、暗くて人通りのない道を避けることは当然ですが、なるべくすきのないようにキビキビと歩くことで、犯罪にあう確率が少なくなります。   どうして暗くて人通りのない道を歩かなければならないとき、携帯電話で話しているふりをしているとよいという考え方もありますが、携帯電話やスマホで話をしていたり、操作をしながら歩くことは実は危険です。片手に持っていつでも使うことができるようにしておくのはよいのですが、通話や操作をしていると、どうしても周囲に気を配ることがおろそかになってしまい、危険が近づいてきても気付かないケースが多いのです。暗くて人通りのない道は、通話や操作をしないで、キビキビとなるべく早く歩くようにしましょう。   もし、痴漢やストーキング行為にあってしまったら、まよわず警察に通報しましょう。通報することで、その辺りの巡回を増やしてくれますし、犯人を検挙することができれば、自分ばかりでなく他人があうかもしれない被害も防ぐことができます。      

フリーランスの女性ならではのストレス

フリーランスで仕事をしていくとなると、女性でも営業、本業、会計経理などの事務仕事までこなさなければなりません。女性の場合は、女性だからといってあなどられていけないという気持ちが強くなると、何もかもを一人で完璧にこなそうとすることで、ストレスになってしまうことがあります。   仕事の種類や協力者にもよりますが、自分がこなしきれないものについては頼ったり、外注を利用するなどして、なるべく自分の負担を減らしていくことも大切です。本業が順調で資金に余裕が出てきた場合には、外注できるところは外注するという方法も、仕事の幅を広げ、活躍の場を大きくしていくひとつの方法です。本業の中でも外注に任せることができる部分もあると思いますし、会計経理などの事務についても専門家を利用することで、自分の負担を軽くすることができます。   資金に余裕がなく外注をすることができない、まかせる人がいないという場合には、家族や彼氏にグチをいうことも、ストレスを解消する方法です。グチをいうことは好きではないという方もいると思いますが、自分の困っていることを人に話すことで、新しい解決方法を自分で発見できることもありますし、話すだけで自分ひとりで抱え込んでいるわけではないという気分になることができますので、普段はあまりグチをいうことのない方も、ぜひ積極的に試してみてください。      

休日をしっかりとる

フリーランスの仕事をしている方にとっては、時間の調整ができる反面、休日は自分で決めなければならず、休日なしで働いている人もたくさんいます。特に女性の場合は、時間管理を自分でしていくことが苦手で、何時から何時まではきっちり仕事をし、そのほかの時間は休むという時間の使い方をすることが苦手な方も多いのです。女性の場合は、家事、友人や彼氏との時間を優先する傾向にあり、どうしても仕事が後回しとなってしまうという特徴があります。   とくに性格がまじめであればあるほど、家事や仕事以外の約束もおろそかにできず、仕事もきちんとこなさなければならないと思ってしまい、休むひまがなくなってしまいます。男性の場合は、仕事は仕事とわりきって時間を使うことができる方が多いようです。   短期間であれば休みがなくても頑張ることができるかもしれませんが、長期的にフリーランスとして活躍し続けていくためには、時間管理をしっかりとし、休むのも仕事のうちと心得ることが大切です。休み時間をきちんととるように気を使っている会社も多いですよね。法律で休みをきちんととることが義務付けられているからという理由もありますが、じつは、きちんと休みをとったほうが効率がよいのです。フリーランスの場合は、時間に甘くなってしまいがちですが、しっかり休息時間や休日を作るようにしましょう。      

最後に

フリーランスは、女性にとっては働きやすいワークスタイルです。主婦、出産、子育てをしながらでも働いていくことができます。しかし、フリーランスで働くことがストレスになったり、危険が伴うようになってしまっては、せっかく見つけた自分の働き方が台なしですね。 自分の身は自分で守っていくように気をつけ、時間管理もしっかり行い、ストレスも上手に解消していけるようになることが、フリーランスの女性といて活躍していくための条件といえるでしょう。