安倍政権がチャレンジする「働き方改革」というものをご存じでしょうか?   フリーランスで働いている方や、これからフリーランスになりたいと思っている方にとっては、「働き方」はとても気になるテーマですよね。   「働き方改革」とはどのようなものかをまとめ、「働き方改革」がフリーランスにどのように影響していくのでしょうか。    

働き方改革とは

安倍首相は、2016年9月に行われた「働き方改革実現会議」で、「働き方改革」がアベノミクスの構造改革の一環だと位置づけて、「働き方改革」を必ずやりとげていかなければならないという強い意志を示しました。   「働き方改革」が実現することで、働く人にも企業にもメリットのある働き方が実現するということのようです。具体的には、労働時間の短縮、残業の規制、同じ労働に対する同じ賃金の実現などを目指すようです。   労働環境を改善し、働きやすい環境を作っていくことを目指すということですね。      

長時間労働が減る効果

「働き方改革」で長時間労働が減ると、どのような効果があるのでしょうか。   長時間労働環境が、少子化の原因となっているという考えから、長時間労働を減らすことで少子化対策になるということのようです。少子化と高齢者の増加は、日本の社会構造に大きな影響が出てきています。年金問題、国の財政問題、介護問題などなど、あげればきりがありません。このような問題の原因となっている少子化の対策になるのであれば、働き方改革で長時間労働を減らすのは、とてもよいことに思えます。   長時間労働が女性にとっては、出産や子育てのハードルになるのは確かですし、男性も長時間労働でほとんど家にいないということになると、夫婦仲に問題も出てくることもあるでしょう。長時間労働が、少子化の原因となっていることは確かなようです。   労働時間が少なくなれば、男性が家にいる時間が長くなり、長時間労働が原因で夫婦仲に問題が出るということはなくなりますし、女性は出産や子育てがしやすくなり、問題になっている保育園不足も解消されそうです。   長時間労働をなくすことは、企業にとってもメリットがあります。 労働時間を少なくして企業の生産性をあげるには、時間あたりの生産性をあげるしかありません。つまり、今まで時間をかけてやっていた仕事を、労働時間の上限を強制的に設定することで短時間で終わらせるようにし、時間あたりの生産性をあげていくという考え方を浸透させていきたいようです。たしかに、時間があればあっただけ仕事に時間をかけてしまいがちですが、時間がなければ短時間で終わるということもあります。   一方で、会社で仕事をしてはいけない場合、どうしても時間内に終わらない仕事があるとき、けっきょく仕事を家に持ち帰ってすることになってしまう、という問題も出てきそうです。責任のある仕事をもっている人ほど、そのような問題が出てくるのではないでしょうか。     政府としては、人口の多い団塊ジュニア世代の出産年齢が終わりに近づいているので、今が人口を増やせる最後のチャンスなので、国をあげて長時間労働を減らそうという試みているのかもしれません。 長時間労働を減らす試みはとてもよいことだと思いますが、人口を増やせる最後のチャンスとしては少し遅すぎたようにも思えます。さらに、労働時間についてもケースによって柔軟に対応していくのがよいのではないでしょうか。   この改革で一番大切なことは、働くことに焦点をあて、長時間労働することが必ずしもよいことではないという価値観を浸透させていくことでしょう。ただし、長時間労働が悪いと位置付けてしまうのもいいことではないと思います。

   

長時間労働は本当に減らすことができるのか

生産性をあげながら労働時間を減らすことは、今までゆっくり時間をかけていた仕事を効率的にこなすことで可能かもしれません。 日本は、安倍内閣のアベノミクスによって、長い不況からようやく脱出しようとしています。企業は、なるべく安い人件費で生産性を確保しようとし、効率を求めるあまり労働条件が厳しくなりがちだったかもしれません。人手不足が問題となりつつあるので、企業にとっても長時間労働をなくし労働条件を改善することで、よい人材が集まり、生産性もあがっていくかもしれませんね。 156-政府がすすめる「働き方改革」とは-1_r

働き方改革によるフリーランスへの影響

「働き方改革」は、労働環境を改善していく改革です。フリーランスにとってはどのような影響があるのでしょうか。 経済産業省は、会社と雇用関係のないフリーランスの働き方を促進するための研究会である「雇用関係によらない新しい働き方」をたちあげました。今後、フリーランスが働きやすい環境が整っていくのかもしれません。    

企業で働くかフリーランスとして働くか

フリーランスは、もともと企業で働くよりも自由な働き方を求めて、自分で個人事業として仕事をしている人です。もし、企業の労働条件が厳しくなく、優秀な人を優遇してくれるような環境であったらどうなるでしょうか。収入が不安定なフリーランスより、企業で働くほうがよいと思う人もいるかもしれません。 優秀なフリーランスにとっては、フリーランスのままでいるのか、企業で働くのか、選択の幅が広がるともいえるでしょう。     ただし、注意しなければならないのが、企業とのマッチングサービスが増えてフリーランスの仕事が増えていく場合です。企業は生産性をあげていかなければなりませんので、より効率的にするために、誰でもできるような仕事は安い報酬しか払わないと考えられます。一般的な仕事であれば、フリーランスで稼ぐには長時間労働をしなければならず、働き方改革を目指している企業で働いている方が安定した収入を得ることができるでしょう。     自信をもってできる専門的な能力や高い知識がある場合には、フリーランスで稼いでいくことができるのではないでしょうか。      

フリーランスとして気をつけなければならないこと

フリーランスが人を雇っている場合には、スタッフの労働時間を短くし生産性をあげていくという「働き方改革」は、注目しなければならない政府の動向だといえます。国をあげてどのような労働条件の改革に取り組んでいて、主な企業の労働条件がどのようになっていくのか、自分の雇っているスタッフの労働条件はそれに比べてどうなのかを知らなければ、優秀な人材を確保していくことができないからです。        

フリーランスと働き方のまとめ

時間が自由になるからという理由でフリーランスになる人も多いのですが、稼いでいるフリーランスの労働時間は決して短いわけではありません。   企業でしばられて働くよりも自由に働くことができる、これがフリーランスのメリットです。実際には、その仕事が好きで、高い専門能力や経験があって、その仕事に情熱をかけることができる人、さらに、本業以外の事務手続きや雑務もこなせる人、コミュニュケーション能力のある人がフリーランスにむいています。   フリーランスとして働く人にとっては、生産性をあげるために効率よく仕事ができるように工夫することは、長時間労働を減らすためではなく、より多くの仕事ができ自分の収入に直結するという位置づけになるのではないでしょうか。       今回は、Vol.14で取材させていただいた三浦さんからのご紹介、お話を伺ったのは、女性が人生をより楽しむことを後押しする「ヒロイン・ライフproject」を主催したり、マネーコンサルタントとしてご活躍されている河原実里さんだ。     今年の8月に独立したばかりだが、ご自身で確立してきた仕事の流儀と、ぶれない哲学が順風満帆なキャリアライフを可能にしている。フリーランサーを存分に楽しんでいる河原さんから、人生の教訓を教えて頂いた。     就職氷河期の中、新卒で外資系金融機関に総合職として入社した河原さん。キャリアの第一歩を踏み出すに当たって念頭に置いていたことは、多くの人の人生に長く関われる仕事に就くこと。関わった人の為に何かを成し遂げたいと考えるようになったきっかけは小学校まで遡る。     小さなコミュニティーで小学生時代を過ごした河原さんは、勉強も運動も人よりできたことで、小さな「お山の大将」気取りだった。そのため、どこか冷めた目で物事を見ていた部分があり、「本当の友達」がいないと感じていた。     しかしその後、中学受験をきっかけにフィールドが広がり、様々な才能溢れる人たちと触れ合う中で人と関わる面白さを知ったと言う。     高校生の時には校内で一番大きな部活動である100人規模のオーケストラで部長になり、苦労を乗り越えた末に周囲からの信頼を得ることができた。部長として人柄や責任感が評価された成功体験が、現在の仕事の哲学にも繋がっている。     「何か特別にやりたいことはなかったんです。ただ、多くの人に長く関われる仕事や自分が疎い、経済やお金の勉強ができる仕事に就きたいと考え、生命保険会社を最初のキャリアに決めました。世界的に見ても日本人の生命保険加入率は高いのに、自分が入っている保険の内容や仕組みを理解してそれを十分に活用できている人はほとんどいません。だからこそ多くの人に役立てるのではないかと思いました。」     金融機関では教育職務に就き、営業職の研修の運営や新人研修、知識教育等を行う中で、人との関わり方・行動・マインドについて専門的に学んだ河原さんだが、入社したての時は先輩に「お前なんていらない」と言われる”デキない社員”だったと言う。しかし、徐々に信頼関係を築き成果を残した結果、3年間部署で最高評価をとり続け、昇格。学生の時と同じく、苦労の末に得た成功体験によって、再び新しい道が開かれることとなった。   【Cool Workerなヒトビト】Vol.15「マインド」と「行動」のフリーランサー女子-1_r   評価されるようになったことを機に自らの視野が一気に広がった河原さんは、それと同時にビジネス団体に足を運び新たなチャレンジを始めた。そこではセミナーの開催・司会・海外への渡航などを通じて、ビジネスや金融についてより深い知識と経験を積んだ。本業と副業、その双方で着実に実力をつけ、その後コーチングや心理学の勉強をすることになる。     「自分が人生の主人公になってマインドと行動を変えることで、人生をいくらでも変えることができます。そして楽しい毎日を過ごすことができます。できない社員だった私ですが、自分の経験を元に、女性にもっと自由に主体的に人生を楽しんでほしいと思い独立して活動をスタートしました。」     周囲の同じ年くらいの女性の中には仕事に不満を持ちつつも仕方なく働いている様な方も多いと話す河原さん。     過去に自らがそうであったが、自ら行動し、成功体験を積み重ね、ビジネス団体という新たな環境に飛び込んだことで、人生を自分で選んで人をリードする方々に出会う様になった。その中には自身もそうなりたいと思える程、魅力に満ちた人々がいた。自分が相応しくないと思う環境にいたとしても、そこから何かを得て、次のステップに進む。そんなポジティブなキャリアの連鎖を河原さんは実現してきたのだ。     高校生の時に確立した人生観、金融機関での知識教育、そしてビジネス団体でのスキルアップ、全てが点と点が線で繋がりフリーランサーとしての河原さんの今に繋がっている。     フリーランスになって良かったことは、同じ志を持った人たちに出会い、刺激し合い、一緒に仕事ができること。そして全てを自分で選択して本気で生きることだと話す河原さん。     社会的な信用が会社員の時よりなかったりするという”フリーランサーあるある”はあるものの、基本的には充実した毎日を送っているご様子。プライベートでも人や知識など新しいものと出会う場所に行き、自ら行動するというマインドは持ち続けている。将来の目標は株式会社の設立、そして新規事業のスタート。フリーランサー女子の挑戦はまだまだ続く。      

こだわりのツール

【Cool Workerなヒトビト】Vol.15「マインド」と「行動」のフリーランサー女子-2_r   ・iPhone ・手帳 ・Mac ・ICレコーダー     「自分の話したことを再確認する為にレコーダーは役立ちます。それに、あ、こんなこと言ってたんだ!とか気付きがあって面白いです(笑)」       最後に河原さんに聞いた。     お気に入りの仕事場は?     「もちろん、Basis Point です(笑)」     【Cool Workerなヒトビト】Vol.15「マインド」と「行動」のフリーランサー女子-3_r     河原さん、どうもありがとうございました!     語学力を生かした翻訳者の仕事は、はなやかなイメージであこがれる人の多い職業です。フリーランスの翻訳者になりたいと思ったときに、気になるのが収入です。フリーランスの翻訳者は、どのくらい稼ぐことができるのでしょうか。    

フリーランスの翻訳者とは

  翻訳者は、外国語で書かれた文章を日本語に訳す仕事をする人です。翻訳者は、会社や出版社などの社員としての募集が少なく、ほかの仕事に比べてフリーランスで活躍する人が多い仕事です。     翻訳者は、会社や出版社で社員として働く場合には、会社や出版社によっては翻訳の案件が常時あるとは限らず、翻訳の案件がない場合には、ほかの事務作業などを行うこともあるようです。社員で働く以外に、翻訳者は、派遣社員や契約社員としての働き方もありますが、安定した仕事という点から考えると、社員として働く形態が一番、安定しているといえるでしょう。   フリーランスの翻訳者は、会社や出版社などの組織に属さず、独立した翻訳者として仕事をしている人をいい、自営業の形態をもちます。中には、クライアントから直接、翻訳案件を請け負い、仕事をする翻訳者もいますが、多くの翻訳者は、翻訳会社をとおして仕事を請け負っています。最近では、インターネットでクラウドソーシングを利用して、直接クライアントから仕事を請け負うケースも増えてきました。

フリーランスの翻訳者の収入

フリーランスで翻訳者として働く場合には、子育てのあいまに翻訳の仕事をする人もいれば、1日8時間以上、翻訳の仕事をする人もいます。また、比較的簡単な文章の翻訳もあれば、専門的分野の翻訳もあります。一概にフリーランスの翻訳者の収入はいくら、ということはできませんが、専業でフリーランスの翻訳者として仕事をしている場合の平均年収は、約400万円前後といわれています。     翻訳の仕事にはさまざまな分野があります。小説、文学、ビジネス書、絵本などの翻訳は、文芸翻訳とよばれます。映画、ドラマなどの翻訳は、映像翻訳、メディア翻訳とよばれます。さらに、契約書、マニュアル、ウェブサイト、マーケティング文書などの翻訳は実務翻訳、産業翻訳とよばれます。実務翻訳は、翻訳の仕事の中でいちばん大きなシェアがあり、科学技術分野、医療分野、経済金融分野などの分野があります。     翻訳の仕事を安定した収入源にしたいのであれば、実務翻訳の分野で活躍することを目指すのがよいでしょう。専門的な分野で活躍しているプロの翻訳者の中には、年収2000万円を超えるという人もいます。     会社員として翻訳の仕事をする場合には、その会社にもよりますが、やはり400万前後のケースが多いようです。 フリーランスの翻訳者の会社員との違いは、同じ400万前後の収入がある場合、それが安定して得られるものであるかどうかが違います。       フリーランスの場合は、仕事をすればするほど収入がのびますが、仕事をしなければその分、収入は減ります。会社員の場合は、休職したときに一定の保障がつくところもありますし、翻訳の案件がない場合にも一定の収入を得ることができます。収入以外の面でも、会社員であれば会社の福利厚生を利用できますが、フリーランスにはありません。       さらに、会社員であれば退職した場合には退職金がありますが、フリーランスは自分でいざというときのために自分でお金を貯金などの方法で積みたてていくしかありません。

145-フリーランスの翻訳者は稼げるの-1_r

フリーランスの翻訳者のメリット

翻訳者になろうと思った場合に、やはりプロとして翻訳の案件をこなして活躍していくには、フリーランスの翻訳者になりたいと思うのではないでしょうか。     フリーランスの翻訳者は、自分の専門分野の翻訳の仕事を収入源とすることができ、会社に勤務していたらしなければならないような雑務をしなくてもよい、というメリットがあります。とはいっても、フリーランスの翻訳者は自営業ですので、自分の収入や経費の管理、税金の申告、翻訳に必要な雑務は自分でしていかなければなりません。     また、仕事をすればするほど、高い専門知識が必要な高度な翻訳であればあるほど、稼ぐことができます。自分の努力しだいで収入が増えていくという点は、魅力的なメリットです。     さらに、フリーランスの翻訳者は、自分の好きな時間に仕事をしていけばよいので、時間の融通がききます。子育てや出産のある女性の方や、男性でも家族の介護をしなければならないといったケースでも、仕事をしていくことができます。        

フリーランスの翻訳者になったときに気をつけること

フリーランスの翻訳者は、メリットばかりではなくデメリットもあります。 まず第1に、フリーランスの最大のデメリットである収入が安定しないことについて、行きあたりばったりで仕事を請け負うのではなく、期間を決めて、その期間内にどれくらいの収入を得ていくかの目標を決めましょう。会社に勤めていれば、翻訳案件のあるときは翻訳の仕事をし、翻訳案件がないときにはほかの事務仕事などをするといった働き方ができます。       フリーランスの場合も事務仕事は必要ですが、それは翻訳の仕事をしてくために必要な事務仕事であって、事務仕事が直接の収入となるわけではありません。収入を安定させるためには、継続的な案件を請け負う、スケジュール管理をしっかりする、仕事の多い実務翻訳の仕事を請け負うといった工夫が必要です。     フリーランスの翻訳者として失敗するケースで多いのは、時間のコントロールを失敗するというケースです。時間の融通がきくフリーランスの翻訳者は、時間の融通がきくことで時間管理が甘くなり、納期までに仕事を完成できないというケースが多いのです。安定した収入を得るためにもスケジュール管理は大切ですが、まずは請け負った仕事を納期までに仕上げなければ、クライアントの信頼も失っていきますので、しっかりスケジュール管理をしましょう。      

フリーランスの翻訳者として稼ぐためのスキル

すでに会社で社員として翻訳の仕事をしている場合も、いつかは独立してフリーランスとして働きたいと思っている方もいらっしゃるでしょうし、語学の勉強をしていて将来はフリーランスの翻訳者になりたいと思われている方もいらっしゃると思います。フリーランスの翻訳者として稼ぐには、どのようなスキルが必要になっていくのでしょうか。     まずは、語学力が必要です。一番需要のある言語が英語ですが、このほかにも、中国語、韓国語、ロシア語、アラビア語なども需要が多いようです。実務翻訳の中には、どのような分野でも発生する文書から、特定の分野だけで発生する文書までありますが、やはり特定の分野でのみ発生する文書の翻訳ができれば有利になっていきます。語学力だけではなく、自分の専門としたい分野の知識も必要となります。     語学力と専門知識のほかに、スケジュール管理や体調管理のできる自己管理能力、ある程度のパソコンスキル、クライアントや翻訳会社との交渉ができるコミュニュケーション能力、情報交換のための人脈をつくる能力、自営業として仕事をしていくための事務処理能力などが必要になっていきます。     これらの能力をそなえて、プロの翻訳者として活躍していくことができれば、会社員として働くよりも多く稼いでいくことができるでしょう。