フリーランスが増えていますが、フリーランスは通常個人事業主の状態になります。 個人事業主から華麗に転身をして起業するときにはどのようなメリットがあるでしょうか。      

メリット-1

まず、なんと言っても信用されやすい点です。     普通、フリーランスで個人事業を営んでいた人が起業して株式会社にする場合には事業の拡大を主な目的としているはずです。     事業を拡大すると、今まで顧客でなかった人が顧客になったり、新たな取引先を得たりしますが、個人事業よりも株式会社にした方が信頼されるため円滑に取引きをすることが可能になります。     実際に、個人事業とは取引をしたくない会社も多いですし、銀行から借入れする場合には、株式会社の方が借り入れがし易くなります。        

メリット-2

2つ目は、税金対策が出来る点です。     所得が500万円を超える場合には、株式会社にした方が税金面で有利になることが多いと言われております。 ただし、継続して500万円を超えることが条件になります。そのため、今後所得が増える見込みが立つならば、思い切って株式会社にした方がよいでしょう。        

メリット-3

3つ目は採用の幅が広くなる点です。       個人事業の時には自分一人で仕事をしていても、規模が大きくなるにつれて自分一人では出来ないことも増えて行きます。そこで、人を雇うことになりますが、人を雇う場合にも個人事業よりも株式会社の方が信用されます。個人事業の場合は安定していないイメージが強いからです。     逆に株式会社ならばすぐに倒産したり経営者がどこかに逃げたりする可能性は低いと判断する人が多くなります。        

メリット-4

4つ目は相続税がかからない点です。       経営者が死亡すると相続税がかかりますが、資産をすべて会社名義にしておくと相続税がかかりません。ちなみに相続税は税金の中で一番税率が高いです。        

メリット-5

5つ目は有限責任です。     個人事業主の場合は無限責任で、会社の税金の滞納や借入金などはすべて支払わなければなりませんが、株式会社にすると出資の範囲で有限責任になります。     出資をした範囲でしか返済義務を負わないことになります。ただし、経営者が保証人になっている場合はこの限りではありません。 いざと言うときの負担を減らすためには保証人にならないことが必要です。      

メリット-6

最後のメリットは意識が高くなることです。     個人事業主から株式会社にすると、意識がしっかりとします。 会社設立のために30万円ぐらいは支払っていますので、それを無駄にしないように必死に活動をするでしょう。       このように、フリーランスが起業をして株式会社にするとたくさんのメリットがあります。         外国在住、クラウドソーシングでこつこつ稼ぐ在宅ライター主婦です。限られた時間を使って、どなたかのお役に立てて自分も嬉しいと言うやりがいがあります。   5-1   私「やった!地道に実績を積んできたおかげで、とうとうまとまったプロジェクトの直接依頼をいただいたぞー!頑張ろう!」   しかしそういう時に限って、マーフィーの法則が発生…   幼稚園の先生「今日はストライキしますので、お子さん連れ帰って下さい」   自然災害に邪魔されたりもします。   5-2   娘を無事に連れて帰って来たはいいものの…   工事関係の方「さっきの強風で、光ファイバー切れちゃったみたいですね!復旧は明日以降かな!」   5-3   その上、トリプルでたたみかけられたりします。   子供「ママ― なんかおなかに赤いのプツプツ出て来たよー!」←登園ドクターストップがかかる系の伝染病。   5-4   しかしまあ、こういった状況でも何とかかんとかやっていけるのが、フリーランスの柔軟性の強みと言えないこともありません…!       今回は7年間勤めたIT企業を退職し、今月からフリーランスとして独立した河邊昌彦(かわべまさひこ)さんだ。 フレッシュなフリーランサー河邊さんから、今後の展望や今の心境などなど、たっぷりとお話を聞いた。      

モノをつくって誰かの役に立つ

最初に就職したベンチャー企業では自社サービスWebシステムの開発や運用に携わってきた。その背景にあるのはものづくりへの意欲からだったと話す。     「実際に現場でモノをつくって誰かの役に立ちたくて。」     フリーランスで尚かつスキルベースという仕事だからこそ、企業に所属していた時よりも外的要因に左右されることが少ないと語る河邊さん。終身雇用制度が崩壊して行く中で自分の仕事力に磨きをかけ続けること。それは今の時代を生き抜く術になると同時に、誰かの役に立つことに直結する、という新たな仕事観の体現者でもある。     現在はジョブマッチングサービスを利用して仕事を得ていると言う。 大学院の研究室からベンチャー企業への就職、そしてフリーランスへ。     肩書きや立ち位置は変われど、河邊さんのキャリアパスを根底から支えるのは、システム開発・運用のスキルと「誰かの役に立ちたい」という純粋な思いだ。筋の通った仕事への思いは、フリーランスという一隻の船が荒波に飲まれないための「心の指針」になることだろう。      

1対1のコミュニケーション

プライベートでは社交ダンスを習ったり、養護施設から退所する子どもたちの自立支援のボランティアに参加したりしているという河邊さん。     インタビュー中の穏やかな話し口調からも伺えるように、仕事やプライベートでの人間関係において大切にしていることがあるという。     「どんな人にもその人なりの生い立ちや立場があって、それが今に繋がっているのだと思います。」     相手と同じ立場に立ってどうしたらお互いにとってより良いかを考えるようにしたり、相手に興味を持って話を聞くことで思い掛けないアイデアが生まれることもある、と話す。     社交ダンスやボランティア活動で、「ひと対ひと」のやり取りを大切にしているからこそ、仕事での人間関係に対する洞察も深い。 仕事とプライベート、双方がいい影響を与え合うことは、フリーランスのみならず全人類的に到達すべき境地かもしれない。        

主体的に生きる

フリーランスになってよかった点は、自分のリソースを何に注ぐのかを自分の責任で決められるところ、と話す河邊さん。     「うまくいってもそうでなくても要因は必ず自分の中にありますから、裏を返せば改善のアクションも必ず自分で取れます。」     自分の責任は自分で取るということは、簡単なようでいてすごく難しい。時に人は弱く、自分がうまくいっていない時は特に誰かを責めたくなりがちだ。そんな時に、個々が主体的になることが打開策となる。     「将来的には仕事やボランティアを通して主体的に生きる人が一人でも多くなるために、自分ができることを積み重ねていきたいです。」     あくまで人のために。河邊さんの”ブレない主体性”は追求すべき大きなテーマだ。 IMG_3538_r   最後に河邊さんに聞いた。     お気に入りの仕事場は?     「もちろん、Basis Pointです!」   IMG_3563_r   河邊さん、どうもありがとうございました!