【無職じゃなくてフリーと呼んで】#22 “集中力維持”

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#22 “集中力維持”
Pocket

常勤させてもらえる事務所に通いながら、眠くて仕事にならんとは…。

 

 

こんにちわ、フリーライターのしもです。

 

 

人間の怠惰な精神とは、恐ろしいですね。

 

 

私が事務所通いするようになったストーリーをおさらいすると…

 

 

・フリーになって自宅が仕事場になったけど、なかなか集中できず生産性が上がらない。

 

【無職じゃなくてフリーと呼んで】12気付いたらYouTube見てる-2_r

 

 

・カフェで仕事したりするようになったものの、一目が気になったり、ずーっといられるわけではないし、お金もかかるし、うーん。。

 

無職じゃなくてフリーと呼んで#11_仕事をするカフェの選び方-4_r

・そんな中、とあるWebマガジンの編集者から事務所常勤のお話をいただき、通うことに。
(空いた時間で他の仕事もしていいよという契約)

 

 

ご縁があって最高の環境を提供いただいた!
と思いきや、そんな最高の環境で、眠いんです。。

 

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#22 集中力維持-1_r

 

これはもう場所ではなく根本的な解決が必要なレベル。

 

そして、自分のライフスタイルも含めて見直し、いくつか実践し始めました。

 

 

①粗食
粗食というか、食べ過ぎないでみようかなと。食べるとどうしても眠くなりますから。
原稿書ききるまで食で満たされてる場合ではありません。ランチは一杯のかけそばで充分。

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#22 集中力維持-2_r

 

②夜はちゃんと寝る
これはなかなか実践が難しいですが、昼間の眠気を回避すべく、夜はちゃんと寝たい。
もともと夜型なんだけど、日中事務所で働く以上はライフスタイルを改善せねば!

 

 

 

③デスクを掃除
たまに事務所のデスクをむちゃくちゃ掃除してみたり。小さな多肉植物なんて飾ってみたり。
掃除すると気持ちがスッキリして、仕事に打ち込もうという気持ちになります。

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#22 集中力維持-3_r

 

④簡単な仕事から手を付ける
今日こそは!この5000文字の原稿からやっつけよう!
しかしそれが書きあがらないまま、2日過ぎ、3日過ぎ、その間依頼を受けた1000文字程度の原稿が大渋滞を起こすという間抜けなことになりがちです。

 

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#22 集中力維持-4_r

 

まず仕事の始まりは、エンジンをかける意味で軽めの仕事から手を付ける。文字数の少ない原稿から書きはじめる以外にも、メールチェックや返信、スケジュール調整などでもいいと思います。

 

 

⑤たまには気分転換
事務所にいることにマンネリを感じてきたら、たまにカフェやコワーキングスペースで仕事をします。
これはなかなかいいです。お金は多少かかるけど、生産性がグンと上がる。

 
今は週に2回、午前か午後だけ新橋のコワーキングスペース「Basis Point」を使用しています。
うーん、観葉植物を導入した事務所のデスクよりもオシャレで、照明の雰囲気も素敵。
気分から上げてくれます。

 

とまあ、こんな感じでいろんな策を講じてみて、集中力維持大作戦。
ぜひいいアイデアがあれば教えてくださ~い♪

 

 

Pocket

ライター
しも
しも
1984年生まれ。フリーライター。 信州安曇野出身・東京多摩地区在住。 レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。 一児の父。年のわりにしっかりしてない。
イラストレーター
城島
城島
2016年から絵を描き始めました!可愛い女の子を描くのが夢です。バンド、作詞作曲、ラジオ何でもやりますぞ。『やる気のない女子』をツイッターでやってます!みてね。