【これだけわかれば安心】フリーランスは忘れずに確定申告をしよう!

【これだけわかれば安心】フリーランスは忘れずに確定申告をしよう!
Pocket

確定申告の時期が近づいてくると、フリーランスとして仕事をいている方にとっては、確定申告の準備をしなければなりません。

 
フリーランスをはじめたばかりの方や、これからフリーランスになろうと思っている方の中には、確定申告はどうしたらよいのだろう、と頭を悩ませている方もいらっしゃると思います。何回も確定申告をしているフリーランスの方の中にも、確定申告の時期が近づくと、準備などに頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

 
今回は、そのような方にとって、これだけ押さえておけば安心して確定申告をむかえることができる、というポイントをご紹介します。

 

 

 

 

確定申告をしなければならない理由

フリーランスにとっては、確定申告は本業とは別の業務になってしまいますので、本業の時間をさいて確定申告を行わなければならないのは、とても煩わしいかもしれません。サラリーマンであれば、確定申告ではなく、会社が行う年末調整という形で所得税の確定を行いますが、個人事業主であるフリーランスは年末調整ではなく、確定申告という形で所得税の確定を行います。

 
日本国民の義務として、「納税の義務」というものがあり、日本では「申告納税制度」をとっているので、自分で確定申告を行って所得税の税額を確定させ、税金を納めるという仕組になっているのです。サラリーマンで年末調整を行う場合には、会社がかわりにこれを行ってくれます。

 
確定申告は面倒ですが、確定申告を行うことで、自分の税金がどのように計算されるのかわかりますし、税金の使い道にも興味が出てくると思います。確定申告はよいチャンスだと思い、税金の基本についておさえておきましょう。

 

確定申告のポイント

1.いつからいつまでの税金を、いつ納めるのか
確定申告は、1月1日から12月31日までの税金を、曜日の関係でずれることはありますが、原則として、翌年の2月16日から3月15日までの間に申告をして納付するものです。

 
1月1日から12月31日までの間に所得がある人が、自分で所得税を計算して、税金を納めます。もし、ほかにアルバイトなどをしていて所得税が源泉徴収されていて、所得税を納めすぎている場合には、確定申告をすることで所得税が還付されます。
しっかり期日を守って確定申告をするようにしましょう。

 

 
2.確定申告の方法
確定申告は、自分の利用しやすい方法で、次の3つから、利用方法を選ぶことができます。
①税務署に、確定申告書等の必要書類を持参する。

 

 

②郵送で税務署に、確定申告書等の必要書類を提出する。

 

 

③e-TAXを利用してインターネット上で電子申告を行う。

 

 

 

確定申告書は、税務署で入手できます。どの税務署でも同じ書類が用意されていますので、確定申告書を入手するときには、どの税務署でもらっても大丈夫です。ただし、提出先は、自分の管轄税務署に提出しなければなりません。管轄税務署は、フリーランスで自宅を住所地としている場合は、自宅のある住所の管轄税務署となりますが、事業所を別にしてその事業所を住所地にしている場合には、事業所の住所の管轄税務署となります。

 

 

 

確定申告書は、税務署で入手するほか、国税庁のホームページでもダウンロードできます。
国税庁 確定申告書のダウンロードページ

 

 

 

e-TAXを利用すれば、電子データを作成し、インターネット上で確定申告を行うことができます。ただし、事前の準備が必要ですので、確定申告を電子申告で行おうと思っている場合には、早めに準備をはじめてください。
国税庁 e-TAXのホームページ

 

 

175-【これだけわかれば安心】フリーランスは忘れずに確定申告をしよう-1_r

 

3.確定申告の手順
確定申告は、計画的に準備して行えば、毎年手順は一緒ですので、頭を悩ませることなくスムーズに行うことができます。ここでは、フリーランスをはじめたばかりで小規模で事業を行っていたり、アルバイトをかけもちされている方を前提として、説明をしていきたいと思います。

 
①必要な書類を用意する
現金の収支を書いた現金出納帳、領収書、請求書、通帳のコピーかインターネット上で入手できる通帳の明細、カード引き落とし明細、支払調書を用意します。アルバイトなどで給与をもらっている方は、源泉徴収票を勤め先から発行してもらい準備します。保険料を支払っている場合には、保険会社から発行される控除証明、国民年金などの社会保険の控除証明、ふるさと納税などの寄付金の証明書、国民健康保険の支払額がわかるものも忘れずに用意してください。

 
必要書類がそろってない状態で、書類を作成しはじめると、書類がなくて途中でストップしてしまい、時間がかかってしまいます。事前に書類をきちんとそろえておくことが、効率的に確定申告を行うポイントとなります。控除証明などは、送られてくる都度、確定申告用のファイルに保管しておくようにするとよいでしょう。

 

 
②確定申告書を入手する
税務署か国税庁のホームページで、確定申告書を入手します。e-TAXで確定申告を行う場合には必要ありません。

 

 
③確定申告書を作成する
所得の種類によって使用する確定申告書が異なります。アルバイトのかけもちだけで事業収入がない場合には、確定申告書Aを使用し、事業所得がある人については確定申告書Bを使用します。

 
住所、氏名などを確定申告書に記入します。フリーランスで個人事業主の方は、事業の内容を具体的に記入するようにします。たとえば、ホームページの制作を行っている場合には、ホームページ受託制作、といったように記入します。

 

 
④収入金額等を計算する
収入金額、所得から差し引かれる金額を記入します。事業による収入は「事業」の欄に、アルバイトなどの給与収入は「給与」の欄に記入します。給与の場合は、源泉徴収票のとおりに記入します。

 
所得から差し引かれる金額には、医療費控除、社会保険料控除、生命保険料控除、扶養控除などがあります。
確定申告書を作成し、税金の計算をしたら、確定申告書の提出の準備は整います。

 

 
⑤税金を納付する
自分で計算した所得税の金額を納付します。納付の方法は、直接支払う方法と自動引き落としの2つの方法があります。
直接納付する場合には、前年に確定申告をしている場合には、納付書は税務署から郵送されてきますが、はじめて確定申告をする場合には、税務署にとりにいきます。納付書に、自分で計算した金額を記載し、金融機関等で支払います。

 
自動引き落としの場合には、振替納税申込書に口座番号等を記入し、銀行届出印を押して提出します。自動引き落としの場合は、毎年4月の中頃に引き落としが行われます。

 

 

最後に

今回は、フリーランスをはじめたばかりの小規模な事業の方や、アルバイトをかけもちしているフリーランスの方にむけた確定申告のポイントを説明しました。事業を行っている場合には、きちんと会計帳簿を整備して、青色申告を行うほうがメリットがたくさんあります。青色申告を行うには、決算書を作成しなければならず、確定申告時期でなく、月々の会計管理が必要になります。

 
本業が忙しく自分で経理などの事務ができない場合には、経理や確定申告については、専門家である税理士などに外注する方法もおすすめです。

 

 

Pocket