【無職じゃなくてフリーと呼んで】#20 “ライタープラスα…”

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#20 “ライタープラスα…”
Pocket

唐突ですが…

 

 

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#20 ライタープラスα-1_r

ありがとう!

 

 

そして折しも、今回が2016年最後のコラムとなりました。

 

 

こんにちわ、フリーライターのしもです。

 

 

新米フリーランサーとして7月からコラムの連載を始めさせていただいて、約半年が経ちました。

 

 

いろいろあったけど、会社を辞めてもちゃんと生きてる、コラム続いてる…。

 

 

クライアントや家族など、いろんな意味で支えてくれる人たちへ、改めて感謝の想いを胸に刻む師走です。

 

 

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#20 ライタープラスα-2_r

 

そういえば最近のコラムでは「第二子が生まれたよ!」とか、「フリーランスでも忘年会やりたい!」とか、
しばらく仕事について一切触れていませんでしたね◎って自信たっぷりに言うことじゃないか。汗

 

 

10月から某WEBマガジンの編集者として会社の事務所で常勤するようになり、今はその仕事を柱にしながら、
他5つの媒体でも取材記者やライターとしてお仕事をしています。

 

 

とりあえず半年間フリーで働いてみて今一番感じているのは、「ライターだけで食っていくのは難しい。」ということ。

 

 

純粋に文章を書くこと以外に、企画ができることや取材ができること、写真が撮れること、デザインができること、HTMLのコーディングができることなどなど、
「プラスα」がとても重宝されます。

 

 

私は取材と写真撮影ができて、WEBマガジンでは編集も担当しているので、その辺はかなり助かっていますが、それでも仕事の限界が見えてきてる感じもする。
時間には限りがあって、仕事の効率化にも限度があるから、今の自分が達成できる収入の限度が見えてきます。

 

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#20 ライタープラスα-3_r

 

来年の目標は、文章力に磨きつつ、新たなスキルをさらに身に付けて仕事の幅を広げることかな。

 

 

ちなみに、私はKaRaLi(カラリ)という女性ボーカルのレゲエユニットをやっていて、
一応ミュージシャンとして作詞・作曲・アレンジなども行っているわけですが、来年は音楽にも力を入れたい!

 

 

「寝言言ってんじゃねえよ。」なんて思わないでください。
趣味と仕事の境界線を取っ払うことができるのも、フリーランサーの醍醐味です◎

 

 

本気の遊びが実を結びますように。と、願いを込めながら。

 

 

みなさま、私のつたないコラムにお付き合いいただき、いつもありがとうございます。

 

 

今年はお世話になりました。

 

 

来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

それではよいお年を♪

 

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#20 ライタープラスα-4_r

 

 

Pocket

ライター
しも
しも
1984年生まれ。フリーライター。 信州安曇野出身・東京多摩地区在住。 レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。 一児の父。年のわりにしっかりしてない。
イラストレーター
城島
城島
2016年から絵を描き始めました!可愛い女の子を描くのが夢です。バンド、作詞作曲、ラジオ何でもやりますぞ。『やる気のない女子』をツイッターでやってます!みてね。