敏腕フリーランスが教えます!効率的に仕事を確保するまでの流れ総括

2016/07/15

敏腕フリーランスが教えます!効率的に仕事を確保するまでの流れ総括

フリーランスとは自分で仕事を見つけて、仕事をする人のことで主にライターやイラストレーターなどの職種の人がいます。


自分の腕で仕事を取ったりするので、技術がある人ではないと仕事を見つけることができません。

 

初心者は、まず自分を売り込むところから!

フリーランスとして仕事を得るには、まずは、自分のことをアピールして、いかに相手にとって自分は魅力的であるかをプレゼンします。

 

今はインターネットを使い取り引きすることもできるので、自分の情報が載ってあるブログやプロフィールを書いたり作品を載せたりすることで自分の技術を他の人に見せることができます。

 

効率的に業務を確保するには、初心者のフリーランスの方はまだ名前が世に出ていないので自分で業務を見つけることから始めます。

 

インターネットの中にも業務がゴロゴロ転がっているので自分の条件に似合った業務をこなすことで評価がつき、業務を頼まれることも増えてきます。

 

だんだんと増えてきたら、ほっとおいても業務を頼まれることが多くなり、単価もあがってきます。

 

諦めずにコツコツと!

最初は少ない単価から業務を受け持つことが多いですが、名前が有名になると、給料もあがってきます。まずは諦めずにコツコツ作業して評価をもらうことが大事です。

 

自分から行動するということは、今の時代とても大切なことで、何かしらアクションを起こさない限り、フリーランスの人に業務が回ってきません。

 

自分から動くということは自分のためにもなり、今後の業務への期待も高まります。

 

大事なのは人間関係!

インターネットを使ってもなかなかいい業務が見つからない場合、同じ同業の友達や知り合いに紹介してもらう方法もあります。

 

横のつながりが重要視されているので、なるべく頼るようにすることで、相手がピンチの時は手助けできるように持ちつ持たれつの関係になっていることが大事です。

 

名刺を作り、交友関係を広げるようにすることでも、たくさんのメリットがあります。交友関係が良好だと、自然に業務が舞い込んでくるので、最初は愛想よくいろんな人に声をかけるようにするとうまくいきます。

 

自分で業務を見つけたり、知り合いから紹介されることで自分のためにも今後の生活のためにも非常に有利になってきます。

 

有名になると、次から次へと頼まれることが多くなるので、笑いが止まらない状況になるかもしれません。

 

そんなフリーランスになるために、初回は名前を売るところから始めるのが効率がいいです。

 

知り合いや友達に手伝ってもらうことで、円滑に業務をもらい給料も十分にもらうことができるとされています。