フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの年収の違い

フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの年収の違い
Pocket

エンジニアの方で、このまま会社員として働くのがよいのか、フリーランスとして独立するのがよいのか悩んでいらっしゃる方も多いのではないのでしょうか。そんなとき気になるのが、フリーランスと会社員の年収の違いです。

 

 
エンジニアの業界といっても様々な職種があり、職種ごとに収入は変わります。また、エンジニアもつスキルによっても報酬単価が変わってくるので、この職種のエンジニアであればこのくらい稼げると言い切ることはできません。一般的にいわれているエンジニアの収入についてまとめ、どのようなポイントに気をつければ高収入を得ていくことができるのかについて解説します。

 

 

 

会社員のエンジニアの収入

 

エンジニアは、技術を持った専門職です。会社員でもエンジニアとして就職した場合には、一般職として就職した場合よりも、収入は高めのようです。

 
新卒で就職すると一般職とほとんど差がなく、平均年収は270万円前後のようですが、経験を積むにしたがい年収はあがっていき、経験を積み能力の高いプロジェクトマネージャーになると年収800万円前後という人もいるようです。

 

 

 

 

フリーランスのエンジニアの職種別収入

フリーランスのエンジニア収入はさまざまですが平均すると550万くらいになるようです。ただし、収入が300万円以下の人から1000万円の人までいるので、必ずこれだけ稼げるという水準はないようです。

 

 
1.HTMLコーダー
ウェブサイトのコーディングを行うHTMLコーダーの年収は400万前後のようです。HTMLやCSSだけでなく、JavaScriptなどを使用して開発を手がけることができれば、さらなる収入アップをはかることができます。

 
ウェブサイトの開発案件の場合には、開発だけでなく、その業界の知識を持っていることが強みになります。エンジニアとしての知識だけでなく、たとえば医療業界に詳しいなど自分の売りとなる分野を持っていると収入を得やすいようです。

 

 

 
2.アプリケーションエンジニア
さまざまなプログラム言語で、アプリケーションやウェブサービスを開発するアプリケーションエンジニアの年収は、年収800万円前後になる人もいるようです。扱うことのできる言語は多いほうがよいですが、需要が多く自分の得意な言語の案件を受注していくこともできるようです。

 
単価が高い案件は大規模なものが多いため、アプリケーション開発能力だけでなく、その案件が取り扱うシステムの専門知識や、多くの人とかかわりながら仕事をしてくためのコミュニュケーション能力も必要になります。

 

 

 
3.インフラエンジニア
サーバやネットワークなどシステム全体を構築するインフラエンジニアの年収は、650万前後のようです。ウェーブサイトのサービスのほかに、ゲームアプリのインフラを整える案件もあります。

 

 
インフラエンジニアは、インフラの設計、構築、運用まで取り扱い、大規模でプロジェクトチームが必要な場合も多く、高度な知識のほかにコミュニュケーション能力も必要です。

 

 

 

 
4.ゲームエンジニア、スマートフォンエンジニア
ゲーム、ゲームアプリ、スマートフォンアプリの設計、開発、運用を行うエンジニアの年収は650万前後のようです。案件の数は多く、アプリだけでなくサーバの開発を行う場合もあります。

 

152-フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの年収の違い-1_r

フリーランスのエンジニアになるメリット

エンジニア業界は、業界全体として人手不足の傾向にあります。会社員のエンジニアとして就職すれば、収入は給料としてもらえるので安定しますが、残業が多いのに残業代がつかず、時給に換算するととても低い時給単価になってしまうケースも少なくありません。
フリーランスのエンジニアであれば、自分の知識や経験を生かして自由に仕事をすることができます。

 

フリーランスのエンジニアになったときのデメリット

フリーランスのエンジニアの最大のデメリットは収入が不安定なことです。知識と経験、人脈、コミュニュケーション能力があり、高単価の案件をこなすことができれば、フリーランスのエンジニアとしての収入は、会社員であるよりも高いものになります。しかし、知識と経験があっても人脈がないなどの理由で高単価の案件を受注することができず、クラウドソーシングを利用して案件をさがす場合には、なんとか安く開発をすませたいというクライアントが多く、報酬単価はぐっと安くなってしまいます。

 

 
さらに、エンジニアは専門的な技術を持つ技術職ですが、フリーランスとして仕事をしていこうと思う場合には、エンジニアとしての技術を使う仕事だけでなく、営業、会計、事務仕事なども自分でやらなければなりません。

 

 
フリーランスの場合は、専門知識や技術などを自分で得ていかなければなりませんが、会社から独立する場合には、情報を得にくいというデメリットもあります。

 

 

 

 

フリーランスのエンジニアとして収入アップをはかるポイント

エンジニアと一口にいっても、さまざまな分野があります。まずは自分の得意分野を極めて、「この開発案件には、この人が役に立つ」というように、自分の得意分野で引き受けることのできないものはないくらいにスキルを高めることが、案件を得ることのできるポイントです。

 

 
さらに、エンジニアの使用する技術や言語は、日進月歩がはげしいため、ひとつの技術や言語のみしか扱うことができないと、その技術や言語を取り扱っている市場が小さくなってしまうケースがよくあります。今後、どのような技術や言語が必要とされていくのかのニーズを予想し、その中でも自分の得意分野についてスキルを高めていく必要があります。

 

 
フリーランスの場合は、営業、スケジュール管理、資金管理、事務仕事も自分でしていかなければなりませんので、コミュニュケーション能力や事務処理能力をつけていくことも大切です。

 

 

 

どのような人がフリーランスのエンジニアにむいているか

フリーランスのエンジニアになるには、まずは自分の専門分野である技術や知識、さらに新しい技術や知識を学んで開発を手がけていくことが好きであることが第一条件になります。会社員でエンジニアとして働いていて、長時間労働でエンジニアの仕事が嫌になってしまった、というような方は、フリーランスになったとしても案件によっては長時間労働になることもありますし、案件をこなしていない時間に、自分の知識や技術を高めるための勉強もしなければいけませんので、フリーランスのエンジニアになるのは少し考えなおしたほうがよいかもしれません。

 

 
フリーランスとして仕事をこなしていく場合には、案件ごとの報酬単価はありますが、時給として計算されるわけではありませんので、仕事のスピードも収入に直結します。素早く仕事をこなすことができるかどうかも、フリーランスのエンジニアに必要な資質です。

 

 
さらにコミュニュケーション能力や事務処理能力があれば、フリーランスのエンジニアとしてしっかり稼いでいくことができるでしょう。

 

 

 

 

Pocket