フリーランスがクラウドソーシングで仕事を得る際に意識すべきポイントのまとめ

2016/07/15

フリーランスがクラウドソーシングで仕事を得る際に意識すべきポイントのまとめ

「クラウドソーシング」とは、ネット上で企業・個人が仕事を発注し、不特定多数の希望者の中から厳選して仕事を依頼すると言った仕組みです。

 

今やクラウドソーシングは非常に一般的になって来ていることもあってか、主婦やサラリーマンが片手間に利用することも少なくありません。また、世の中のフリーランスの多くもこれを利用していて、「安く仕事を依頼したい」という企業・個人にとっては非常に便利なものとなっています。

 

単純に安いだけ?

安くとは言っても、それはあくまでも「企業に依頼するよりもコストパフォーマンスに優れている」と言う意味です。

 

個人だから本来よりも安い対価で仕事を依頼するという訳では無く、余計なコストをカットしてより高い成果を得ようという事です。

 

実際には非常に安い対価で発注される仕事も少なくありませんが、しっかりとしたものであれば1プロジェクトに対して数百万円を超える報酬が設定されているものもたくさんあります。

 

ただし、そういった仕事を請け負うためには、並み居る猛者たちを抑えて自分がそのプロジェクトを契約する必要があります。

 

りたいと立候補したからと言って誰もが受注できる訳では無いので、しっかりと自分をプロモーションして仕事を勝ち取っていくことが必要です。

 

高単価の仕事を受注するには?

このような仕事を請け負うには、「過去にこのような仕事をしたことがある」、「こんな結果を持っている」といった実績が非常に強い武器になります。

 

例えば、過去に同じようなプログラムを構築して未だに一線で使用されているということは強い要素となります。逆に全く実績が無い状態で高額な報酬を得られるプロジェクトに立候補するのは蹴られるリスクが高くなり、そういったものばかりを選択しているといつになっても収入を得られないという可能性もあります。

 

すでに高度なスキル・知識を持っている人ならば、いきなり高額なプロジェクトを受けられる可能性はあります。しかし、そういったスキルも無く、フリーランスとしての実績も無いような状況であれば「身の丈に合ったプロジェクトから徐々に発展させる」と言うスタンスで仕事を受注していくことが1つのポイントになります。

 

高額な仕事を発注している企業・個人を見つけ、同じクライアントが発注している別の仕事をしてきっかけを作るというのも良いでしょう。フリーランスとして働くということは、「結果が全て」です。如何に高いスキル・知識を持っていたとしても、クライアントが満足出来なければ継続的な仕事にはつながらない為、如何にして信頼されるかを重視して仕事を受けていくと後に繋がる可能性も高まります。