フリーランスの営業のコツと仕事の探し方をご紹介

フリーランスの営業のコツと仕事の探し方をご紹介
Pocket

今は会社に勤めているけど将来はフリーランスになりたいという方や、フリーランスとしてすでに活動している方で、フリーランスとしてやっていけるのかどうかの悩みのたねとして、自分で営業活動をしていけるかどうかということがあるのではないでしょうか。

 
最近では、フリーランスでも仕事を見つけやすい環境が整ってきました。フリーランスの営業のコツと仕事の探し方をご紹介いたします。

 

フリーランスの営業に対する意識

会社に勤めていれば、会社の営業部が営業をして仕事を探してきてくれますし、営業が必要な部門であっても、以前からの継続した取引先があったり、その企業に営業のノウハウが蓄積されていますので、どうやって営業をしていけばいいのかに悩むことはないと思います。

 

 

しかし、フリーランスの場合は、自営業ですので、自分の力のみが頼りです。営業についても自分でしていかなければなりません。フリーランスにとっては、自分で営業をして仕事を探すのは必須といえるでしょう。

 
自分は、営業にむいていないから、フリーランスになるのは無理だと思われている方も多いかもしれません。しかし、営業が不得意だと思っている人も、コツさえつかめば、フリーランスとして仕事を探していくことができます。

 

 

まずは、営業が苦手だという意識をなくすことが大切です。会社に勤めていれば、営業がうまくいかなくて怒られることもあるかもしれませんが、フリーランスであれば、営業に失敗したとしても、自分の失敗を自分で責任をとって次の方法を考えればよいだけですので、会社に勤めていて営業活動をするより気持ちは楽かもしれません。

 

 

 

 

フリーランスが営業がうまくいかない理由

 

フリーランスとして活動していて、営業への苦手意識も特になく、自分の仕事はしっかりこなす自信があるのに、仕事を探すことができないという場合、どのような理由が考えられるのでしょうか。

 

 
まず考えられるのが、どこで営業をしたらいいかわからないケースです。フリーランスの場合は会社と違って、以前からのクライアントや取引先もいませんので、どこで営業するかが悩みとなるケースが多いようです。

 

 
つぎに、どこで営業をしたらよいのかはわかっていて営業をしているけど、その営業が発注につながらなかったり、どのように営業アプローチをかけていっていいのかがわからないケースです。会社に勤めていて営業が必要なときには、先輩から教えてもらったりマニュアルがあったりして、イチから自分で考える必要はありませんが、フリーランスの場合は、そもそもどのように営業アプローチをしたらよいのかがわからない場合も多いようです。

 

 
最後に、フリーランスとして請け負った仕事をこなすのに忙しくて、新しい取引先を開拓する余裕がないという場合です。今は忙しくても、今の案件が終わったら仕事がないという場合には、案件をこなすと同時に次の仕事を探さなければならないのですが、その余裕がないというケースです。

 

 

 

 

フリーランスはどこで営業を行ったらよいのか

フリーランスとして独立した場合に人脈をもっていれば、その人脈で営業をしていけばよいのですが、人脈をもっている人ばかりではありません。フリーランスは、どこで営業をして仕事を探しているのでしょうか。

 
フリーランスの場合も、やはり以前からのクライアントやその紹介で仕事を探すケースが多く、ついで友人・知人からの紹介、同業者や異業者からの紹介で仕事を探すようです。そして最近では、フリーランスでも仕事の探すことのできるイベントやクラウドソーシングも増えてきました。

 

146-フリーランスの営業のコツと仕事の探し方をご紹介-1_r
1.セミナー、イベント、コミュニティへの参加

自分の仕事に関係のあるセミナー、イベント、コミュニティに参加することで、同業者だけでなく異業者にも会うことができます。同業者はライバルでもありますが、心強い味方でにあります。さまざまな情報交換ができると思います。また、異業者と知り合うチャンスはなかなかありませんので、異業種交流会といったイベントに参加するのもよいと思います。

 

 
2.クラウドソーシングの利用
セミナー、イベント、コミュニティへの参加は、名刺を配ったり自分がどのようなことができるのかをアピールすることで営業活動にはなりますが、参加することで直接的に仕事が見つかるわけではありません。すぐに仕事を探したい場合には、クラウドソーシングを利用することを検討してみてはどうでしょうか。

 
クラウドソーシングは、簡単にできる案件から難易度の高い案件まで、さまざまな案件が取り扱われています。最初は安い報酬単価の案件しか請け負うことができないかもしれませんが、案件をこなしていくうちに、コツがわかってきて報酬単価の高い案件の依頼もくるようになるでしょう。

 

 
3.エージェントサービスの利用
クラウドソーシングでは、継続の仕事もたくさん取り扱われていますが、やはり中心は単発の案件、短期の案件になります。報酬単価も安いことが多いです。そんなときは、自分の仕事に適したエージェントサービスがないか探してみましょう。

 
業種によってよいエージェントサービスがある業種と、そうでない業種がありますが、エージェントサービスがある場合には利用することで、中長期的な仕事を探すことができ、案件によっては高単価の仕事もあります。また、エージェントサービスを利用することで、サポートなどを受けることができる場合もあります。

 

 

 

 

フリーランスが営業を行うときのポイント

営業をしていても受注につながっていかない場合、まず、なぜ受注をとることができなかったのかを考える必要があります。最初はコツをつかむことができなくて受注をとることができなくても、なぜうまくいかなかったかを見直し改善していくことで、だんだんと受注をとることができるようになっていきます。

 
営業をしているのに受注をとることができない場合、クライアントの希望とフリーランスの提供するものにズレがある、フリーランスの提供するものがうまくクライアントに伝わっていないということが考えられます。まず、相手がどのようなものを求めているのかをしっかりと見極め、自分がどのようなものを提供できるかをしっかり伝えることができるようにしましょう。そのさいに、自分の過去の成果物などを提示できれば効果的です。

 
フリーランスが営業を行う場合、必ずしも話し上手であったり、話題が豊富であったりする必要はありません。ビジネスマナーを守った基本的なコミュニュケーション能力があり、誠意をもって一定レベル以上の仕事をすることができることを伝えることができれば、自然に仕事が受注できるようになっていきます。

 

 

 

クライアントを選ぶ

フリーランスが仕事を引きうけるときに注意したいことが、ひとつのクライアントだけではなく、クライアントを複数同時にもつことです。ひとつの案件が終わってから新たな案件を探すのではなく、いくつかの案件を同時にもつことで仕事が途絶えるのを防ぐことができます。

 

 

ひとつのクライアントしかもっていない場合には、そのクライアントとの契約が打ち切られたときに収入がなくなってしまいますので、精神的にも余裕のある仕事をすることができません。複数のクライアントをもつことで、精神的な余裕にもつながるのです。

 
この場合に、短期的な仕事、中期的な仕事、長期的な仕事を組み合わせたり、案件の内容についても同じような内容のものは避けたりすることで、スケジュールを組みやすくなります。

 

 

 

Pocket