フリーランス美容師のメリット・デメリットを解説!

2016/11/25

フリーランス美容師のメリット・デメリットを解説!

美容師といえば、美容院に勤務しているイメージが大きいと思います。

 

 

しかし、最近ではフリーランスの美容師も増えてきています。フリーランスの美容師が増えてきているのはなぜか、フリーランスの美容師はどのようなものなのか、メリットやデメリットをご紹介します。

 

 

 

フリーランスの美容師とは

美容師は、お客さまの希望を聞いて、髪型をデザインし、カット、スタイリング、カラーリングを行う仕事です。そのほかに、メイクアップ、ネイルケア、着付けを行うこともあります。お客さまに喜んでもらえるやりがいのある仕事で、美容師にあこがれて美容師になる方もたくさんいます。

 

 
しかし、はなやかなイメージとは別に、美容師の仕事は重労働で体力の必要な激務といわれる仕事です。勤務時間中はずっと立っていなければなりませんし、パーマ液などを取扱うために手が荒れて困っている人もいます。美容師の月収も、アシスタントはもちろん、スタイリストになってからも安いことが少なくありません。

 

 

 

休日も、講習などでつぶれてしまうこともあります。フリーランスの美容師であっても、美容師という職業が重労働であることにはかわりはありません。

 

 
フリーランスで働く美容師とは、特定の美容院の従業員として雇用されて働いたり、自分で美容室を開業して働くのではなく、個人の美容師として、美容室と業務委託契約をむすんで、美容室のスペースを借りるなどの方法で働く美容師のことをいいます。

 

 

 

美容室によっては、フリーランスのスタイリストを募集しているところもあり、集客サポートなどを行ってくれるところもあります。指名なしの場合と指名された場合では歩合が違ってくるようですが、歩合制のところが多いようです。

 

 
美容室にとっては、お客さまがいないときの固定給を支払わなくてもよいですし、人気のあるスタイリストがいれば集客アップもはかることができます。美容師でもフリーランスとして働くことのできる環境が増えてきたといえるでしょう。

 

 
美容師と美容院の関係は、この場合には、業務委託契約になります。ただし、実質的に従業員と変わらない条件で働いている場合には、実質的には雇用契約と判断されて問題となっている場合もあります。フリーランスの美容師として働く場合には、美容室と業務委託契約をむすぶときに、契約条件をしっかりと確認するようにしましょう。

 

 

フリーランスの美容師として働くメリット

フリーランスの美容師として働くメリットは、忙しければ忙しいほど、その忙しさが収入となっていくことです。美容師としての能力が高く人気がある美容師であれば、たくさんの収入を稼ぐことができるので、とてもやりがいがあるといえるでしょう。

 

 
フリーランスの美容師として働く場合は、収入のほかに経費の管理も自分ですることになります。交通費や交際費を経費とすることができますので、場合によっては税金が安くなり、実質的な所得があがる可能性もあります。

 

 
また、働く時間や休日も自分で自由に決めることができます。美容室に勤務している場合には、朝礼などに参加したり、お客さまがいないときにも待機しなければなりません。フリーランスの美容師として働く場合には、お客さまとの対応をしているときのみ働けばよく、そのほかには掃除やカルテ作成などをする程度でよいですので、むだな時間が少なくなります。

 

 
美容師には女性の方が多いので、出産や子育てをしたい場合には、フリーランスの美容師としての働き方は魅力的なライフスタイルなのではないでしょうか。
さらに、美容室に勤務している場合には、自分のことだけ考えていればよいのではなく、先輩とのつきあいがあったり、後輩を育てるための指導をしなければなりません。フリーランスでの場合は、職場の人間関係のストレスが少なくなると思います。

144-フリーランス美容師のメリット・デメリットを解説-1_r

フリーランスの美容師として働くデメリット

フリーランスの美容師は、メリットばかりではありません。美容師という仕事は、もともと重労働で大変な仕事ですので、フリーランスの場合は、自分で時間の調整はできますが、重労働であることに変わりはありません。

 

 
フリーランスの美容師として一番のデメリットは、収入が不安定になることです。能力の高い人気のある美容師であれば、たくさんの収入を得ることができますが、指名をとることができなかったり固定客が離れていってしまった場合には、固定収入がありませんので、収入がどんどん減ってしまいます。

 

 
フリーランスのメリットとして、自分で自由に働くことができるというものがありますが、そのかわり、自分できちんとスケジュール管理をしていく必要があります。スケジュール管理の苦手な人はフリーランスにむいていないといえるでしょう。

 

 
また、フリーランスになると給料という形で収入を得るのではなく、個人事業主としての事業収入になります。このために、自分で確定申告をして税金を払っていかなければならず、収入や経費の管理を自分でする必要があります。税務署などでの手続きも必要になります。お金の計算が苦手な方は、会計や税務申告を税理士などの専門家に依頼するという方法もあります。

 

 

 

フリーランスの美容師になるには

フリーランスの美容師として働こうと思っていても、まずは美容師といての基本的な業務について知らなければ、フリーランスの美容師として働くことができません。

 

 
美容師になるには、まずは、美容学校を卒業して美容師国家試験に合格し、美容師免許を取得しなければなりません。美容学校に入るためには、高校を卒業している必要がありますが、美容学校によっては中学卒業者を対象にして、高等専修課程のあるところもあります。
さらに、美容学校を卒業してからもいきなりフリーランスの美容師として働くのは難しく、フリーランスの美容師の募集は、スタイリストの募集として行われています。まずは美容室に所属してアシスタントとして所属し、そこで仕事や接客の仕方を学び、一人前のスタイリストになってから指名が増えてきたら、フリーランスの美容師になることを検討するとよいと思います。

 

 
美容師として独立開業するのは、店舗、開業資金、スタッフが必要になり大変ですが、フリーランスの美容師であれば、そのような資金はいりませんので、独立開業するよりは気楽に仕事をしていくことができます。独立開業する前の準備段階として、フリーランスの美容師になり、自分の店舗を持ってもやっていけそうだと判断できたら開業するという方法もあります。

 

 

最後に

美容師は、美容師としての能力やセンスが生かされるやりがいのある仕事です。重労働でも美容師にあこがれる方が多いのは、自分の技術でお客さまに喜んでもらえたときのやりがいがあるからではないでしょうか。

 
フリーランスの美容師にはデメリットもありますが、自由に自分のセンスを生かして働き活躍していくことができれば、さらに頑張る気持ちにもなれると思います。労働時間や人間関係に悩んでいる美容師の方は、美容師としてのスキルやセンス、お客さまとのコミュニュケーション能力を磨きながら、フリーランスの美容師を目指してみるのもよいと思います。