【無職じゃなくてフリーと呼んで】#15″ そして私の選択”

2016/10/13

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#15″ そして私の選択”

とある企業から正社員を見据えた会社への常勤をお願いされ、揺れ動いた前回。

 

 

こんにちわ、フリーライターのしもです。

 

 

悩んだ結果、単刀直入に結果から言うと…

 

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#15 そして私の選択-1_r

しかし、「正社員を見据えた」という部分に関しては、ひとまず見送り。

 
やはりこれまでのフリーライター生活で感じた、企業に囚われない自由な生き方を貫きたいなと。

 

 

 

さらに、事務所に常勤をしてその企業のお仕事をしながら、空いている時間で他の仕事もやってOKという条件です。

 

 
これはかなり有り難いことです。

 
その企業にとっては、編集者が身近な場所に存在して、何かがあればすぐに仕事の話をできるという状態を望んでいたようです。

 

 

 

好条件だからこそ、甘んじるわけにはいきませんね。

 

 

 

企業も「こいつ、うちの仕事全然してないな。」

 
と思えば、即契約打ち切りになるのは目に見えています。

 

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#15 そして私の選択-2_r

この先、信頼を勝ち取るのは自分次第。

 
頑張りますよ!!!

 

 

 

そう、それからフリーランスを貫くことを決めた理由がもうひとつ…

 
フリーランスを辞めたら、

 

【無職じゃなくてフリーと呼んで】#15 そして私の選択-3_r

ライター
しも
しも
1984年生まれ。フリーライター。 信州安曇野出身・東京多摩地区在住。 レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。 一児の父。年のわりにしっかりしてない。
イラストレーター
城島
城島
今年から絵を描き始めました!可愛い女の子を描くのが夢です。バンド、作詞作曲、ラジオ何でもやりますぞ。『やる気のない女子』をツイッターでやってます!みてね。